男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

小泉今日子

  • Koizumi Kyoko
  • 出演/音楽/脚本
本名
出身地 神奈川県厚木市
生年月日 1966/02/04
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

神奈川県厚木市の生まれ。1981年、日本テレビ『スター誕生』の第35回決戦大会で優勝し、翌82年にシングル『私の16才』でアイドル歌手としてデビュー。83年の『真っ赤な女の子』がヒットし、“キョンキョン”の愛称とともに一躍トップアイドルの座についた。その後も『艶姿ナミダ娘』『なんてったってアイドル』『あなたに会えてよかった』などのヒット曲を連発。2010年末現在でオリコン・シングルチャートのベスト10入りした曲数では、女性ソロ歌手の中で歴代4位にランクインしている。最大で10社以上のCMに起用され、元祖“CMの女王”と呼ばれたほか、自らを“コイズミ”と名字で称したり、突然髪形を刈り上げカットにしたりと、従来のアイドルの常識を覆す行動も話題を呼んで、男女双方から支持を得た。トップアイドルとして活躍を続ける一方、83年の崔洋一監督「十階のモスキート」で、内田裕也演じる警察官の父親に小遣いをせびる“竹の子族”の娘役を演じて映画初出演。翌84年の西河克己監督による初主演映画「生徒諸君!」を経て、中原俊監督「ボクの女に手を出すな」86では大富豪の子供の家庭教師を依頼され、やがて誘拐事件に巻き込まれる天涯孤独の不良娘役で主演した。続く和田誠監督「快盗ルビイ」88では、真田広行演じる気弱なサラリーマンを翻弄する美女泥棒をチャーミングに演じ、毎日映画コンクール、ヨコハマ映画祭の主演女優賞を受賞。92年の滝田洋二郎監督「病は気から・病院へ行こう2」では、残された命を悔いなく明るく生きようとする、やや破天荒な末期ガン患者の女性を演じる。TBS『少女に何が起こったか』85、『花嫁人形は眠らない』86、『パパとなっちゃん』91、『僕が彼女に、借金をした理由。』94、日本テレビ『明日はアタシの風が吹く』89、フジテレビ『愛しあってるかい!』89、『あなただけ見えない』92、『まだ恋は始まらない』95などのテレビドラマにも多数出演し、女優としても着実に実績を重ねた。95年2月、かねてから交際中だった俳優の永瀬正敏と結婚。結婚後も人気に衰えは見られなかったが、三十路を迎えて歌手としてではなく、次第に女優業に主力がシフトしていった。山田洋次監督「虹をつかむ男・南国奮斗篇」97などを経て、猟奇殺人マニアの女性を怪演した本広克行監督「踊る大捜査線 THE MOVIE」98、本格アクション映画の闘うヒロインに扮したきうちかずひろ監督「共犯者」99、一人娘を故郷の北海道に残し、東京で風俗嬢として働く30過ぎの女性を演じた相米慎二監督の遺作「風花」01と、従来のイメージを大きく覆す役どころに次々と挑戦。粘りの相米演出に応え、女性の孤独と空虚を繊細に表現した「風花」では、報知映画賞の主演女優賞に輝いた。以後も、滝田洋二郎監督「陰陽師」01、豊田利晃監督「青い春」02、陣内孝則監督「ROCKERS」03などに出演を重ね、豊田監督と再び組んだ「空中庭園」05では、東京郊外の新興住宅地に暮らし、“家族のルール”に固執する主婦・絵里子役で、ブルーリボン賞、日刊スポーツ映画大賞など4つの主演女優賞を獲得。2006年公開の根岸吉太郎監督「雪に願うこと」では、北海道・帯広のばんえい競馬の厩舎で働く賄い婦役を演じる。この間もテレビドラマは、TBS『メロディ』97、『恋を何年休んでますか』01、『マンハッタンラブストーリー』03、『セーラー服と機関銃』06、『ハタチの恋人』07、フジテレビ『恋愛結婚の法則(ルール)』99、『黒い十人の女』02、NHK『武蔵/MUSASHI』03、日本テレビ『私立探偵濱マイク』02、『すいか』03、WOWOW『センセイの鞄』03などコンスタントに出演。また97年に地球ゴージャス『紙のドレスを燃やす夜』で初舞台を踏んで以降、蜷川幸雄演出『シブヤから遠く離れて』04、ケラリーノ・サンドロヴィッチ演出『労働者M』06、岩松了演出『恋する妊婦』08、蒼井優らと共演した『楽屋・流れ去るものはやがてなつかしき』09など舞台でも精力的に活動する。映画出演もさらに加速し、土井裕泰監督「涙そうそう」06、川野浩司監督「LOVE MY LIFE」06、平山秀幸監督「やじきた道中・てれすこ」07、蜷川実花監督「さくらん」07、松岡錠司監督「東京タワー/オカンとボクと、時々、オトン」07、三木聡監督「転々」07などに助演。08年の大島弓子原作、犬童一心監督の「グーグーだって猫である」では、愛猫を失くした女流漫画家役で主演し、さらに黒沢清監督「トウキョウソナタ」では夫と息子ふたりの家庭をしっかり支えつつも、どこか現状に不満を抱えた主婦をリアリティたっぷりに演じた。この2作でキネマ旬報賞、報知映画賞の主演女優賞を受賞。以降も、再び猟奇殺人犯役を演じた「踊る大捜査線 THE MOVIE 3/ヤツらを解放せよ!」10、京都を舞台に大人の男女の群像劇を描いた「マザーウォーター」10と映画出演が続いた。私生活では永瀬と04年に離婚したが、11年公開の小林聖太郎監督「毎日かあさん」でその永瀬と夫婦役で共演したのも話題となった。

キネマ旬報の記事

2014年8月下旬号

【巻頭特集】巻頭特集 なんてったってアイドル×映画:80年代、永遠のアイドル映画 小泉今日子「生徒諸君!」

2010年11月上旬号

巻頭特集 映画俳優20周年記念 浅野忠信 これまでと、これから:共演者が語る浅野忠信 永瀬正敏、小泉今日子、オダギリ ジョー、永作博美

2009年2月下旬決算特別号

特別カラー・グラビア 個人賞受賞者インタビュー:主演女優賞 小泉今日子

2007年11月下旬号

FACE2007:小泉今日子

2006年10月下旬号

特別対談 小泉今日子×妻夫木聡:

2005年10月下旬号

巻頭特集 小泉今日子という女優:グラビア

巻頭特集 小泉今日子という女優:久世光彦からの手紙

巻頭特集 小泉今日子という女優:小泉今日子 ロングインタビュー

巻頭特集 小泉今日子という女優:対談:小泉今日子×大楠道代

巻頭特集 小泉今日子という女優:小泉今日子について思うこと

巻頭特集 小泉今日子という女優:監督かく語りき&フィルモグラフィー

巻頭特集 小泉今日子という女優:対談:岩松了×長塚圭史

巻頭特集 小泉今日子という女優:角田光代コメント

2001年11月上旬号

追悼特集 相米慎二:工藤夕貴、小泉今日子、斉藤由貴、速水典子、牧瀬里穂、薬師丸ひろ子、浅野忠信、安藤政信、柄本明、佐藤浩市、竹中直人、鶴見辰吾、寺田農、中井貴一、永瀬正敏、三浦友和、三國連太郎、武藤敬司、山崎努、榎戸耕史、小川久美子、熊谷秀夫

2001年2月下旬決算特別号

特別対談 相米慎二×小泉今日子(「風花」):

1988年11月上旬号

特集 快盗ルビイ:小泉今日子の魅力

1986年12月下旬号

特集 ボクの女に手を出すな:小泉今日子 インタビュー