男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一発

  • ぎららのぎゃくしゅうとうやこさみっとききいっぱつ
  • ----
  • ----

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    54.5点(37人)

  • 観たひと

    69

  • 観たいひと

    5

  • レビューの数

    5

基本情報

ジャンル SF
製作国 日本
製作年 2008
公開年月日 2008/7/26
上映時間 98分
製作会社 ギララ2008製作委員会(松竹=衛星放送=ウェッジ・ホールディングス=リバートップ=トルネード・フィルム=デフスターレコーズ=ファミマ・ドット・コム)
配給 トルネード・フィルム
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSR
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督河崎実 
脚本河崎実 
右田昌万 
プロデューサー鈴木忍 
河崎実 
叶井俊太郎 
鈴木政信 
塩田康一 
撮影須賀隆 
美術内田哲也 
音楽福田裕彦 
主題曲/主題歌デブパレード 
録音星一郎 
照明岩崎豊 
編集矢船陽介 
助監督落合崇 
特殊造型品田冬樹 
坪井浩一 
振り付け香瑠鼓 
ギララスーツアクター破李拳竜 

キャスト

出演加藤夏希 隅田川すみれ(東京スポーツ記者)
加藤和樹 戸山三平(カメラマン)
福本ヒデ 伊部三蔵首相
松下アキラ 大泉純三郎元首相
渡部又兵衛 ナゾの村人・脇谷
黒部進 木村参謀(地球防衛軍)
古谷敏 高峰参謀(地球防衛軍)
夏木陽介 鳴海長官(地球防衛軍)
ビートたけし タケ魔人
なべやかん 防衛隊員
井上純一 東京スポーツ編集長・河西
森下悠里 フランス大統領通訳
和崎俊哉 佐野博士
堀内正美 深見博士
きくち英一 牧走村長
中田博久 森川宮司

解説

北海道に突如出現した宇宙怪獣ギララと各国の攻防を描くSFパニック。製作・監督・共同脚本は「日本以外全部沈没」の河崎実。出演は「花より男子ファイナル」の加藤夏希、「仮面ライダーTHE NEXT」の加藤和樹、「監督・ばんざい!」のビートたけし、コント集団『ザ・ニュースペーパー』の福本ヒデ、松下アキラ、渡部又兵衛ほか。

あらすじ

北海道・洞爺湖。その湖畔にある国際会議場では日本の伊部三蔵首相(福本ヒデ)をホストにG8の首脳たちが勢ぞろいしてサミットが開催されていた。だが会議開始直後、伊部の元に、札幌に怪獣が出現したと報告が入る。中国の火星探査ロケットが札幌の市街地に墜落、ロケットに付着していた宇宙胞子が高熱エネルギーを吸収して宇宙怪獣ギララが誕生したのだ。日本政府はサミットを中止して首脳たちの緊急帰国を準備するが、各国の首脳はそれを拒否、急遽「G8宇宙怪獣対策作戦本部」に変更して会議が続けられた。地球防衛軍日本支部長官・鳴海(夏木陽介)は、新型ミサイル“ハゲワシ”で攻撃を試みるが、ギララには全く歯が立たない。伊部が神経性の下痢で退席する中、各国首脳も次々と策を講じるが、ことごとく失敗。もはや万策尽き、ギララは昭和新山の高熱エネルギーを蓄え、さらに凶暴化していくのであった。一方、サミットの取材に来ていた東京スポーツの記者・隅田川すみれ(加藤夏希)とカメラマンの戸山三平(加藤和樹)は、湖畔の森の中にある神社に向かう。そこでは、古くから伝わる古文書に書かれた“タケ魔人”の出現を信じて村人たちが熱心に祈りを奉げていた。その頃、変装して伊部の代理を務めていた大泉純三郎元首相(松下アキラ)が某独裁者としての正体を現し、核を搭載したミサイル・ポテドン55号を、ギララに発射しようとしていた。独裁者は自らギララを退治して世界の王になろうと目論んでいたのである。しかし、間一髪フランス大統領の機転によって独裁者は捕らえられる。ところが、独裁者は隠していた予備スイッチを押し、ポテドン55号はギララに向けて発射された。ギララに核ミサイルが命中すれば、ギララの細胞が世界中に飛散し、人類滅亡は避けられない。絶体絶命の危機の中、ついにタケ魔人(ビートたけし)が姿を現した……。

関連するキネマ旬報の記事