男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

クワイエットルームにようこそ

  • くわいえっとるーむにようこそ
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    71.8点(377人)

  • 観たひと

    770

  • 観たいひと

    68

  • レビューの数

    40

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2007
公開年月日 2007/10/20
上映時間 118分
製作会社 『クワイエットルームにようこそ』フィルムパートナーズ
配給 アスミック・エース
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督松尾スズキ 
脚本松尾スズキ 
原作松尾スズキ 
エグゼクティブプロデューサー豊島雅郎 
山田晴規 
長坂まき子 
北川直樹 
森元晴一 
チーフプロデューサー小川真司 
プロデューサー今村景子 
菅原直太 
コンテ画高野華生瑠 
撮影岡林昭宏 
美術小泉博康 
音楽門司肇 
森敬 
音楽プロデューサー安井輝 
主題歌日暮愛葉 
録音坂門剛 
照明山崎公彦 
編集上野聡一 
スタイリスト米村弘光 
ヘアメイク大和田一美 
VE平金聡一郎 
キャスティングディレクター田辺千明 
アソシエイトプロデューサー高瀬巌 
制作担当矢野健一 
助監督大石誠 
記録植草奈穂子 
VFXスーパーバイザー西田裕 
装飾田口貴久 
特殊造形西村喜廣 

キャスト

出演内田有紀 明日香
宮藤官九郎 鉄雄
蒼井優 ミキ
りょう 江口
中村優子 栗田
高橋真唯 サエ
馬渕英俚可 チリチリ
筒井真理子 金原
宍戸美和公 水原
平岩紙 ナース山岸
徳井優 白井医師
峯村リエ 婦長
武沢宏 芸人
箕輪はるか(ハリセンボン) 患者
近藤春菜 明日香の友達
庵野秀明 松原医師
河井克夫 内科医
俵万智 旅館の女将
しりあがり寿 旅館の番頭
川勝正幸 旅館の板前
しまおまほ 旅館の仲居
塚本晋也 元旦那
平田満 俳優
妻夫木聡 コモノ
大竹しのぶ 西野
出演(声)伊勢志摩 白井医師(声)

解説

芥川賞候補にもなった松尾スズキの同名原作小説の映画化。女性だけの閉鎖病棟で、主人公が再び生きる勇気を取り戻していく14日間を描く。監督・脚本は原作者でもある「恋の門」の松尾スズキ。出演は「監督・ばんざい!」の内田有紀、「大帝の剣」の宮藤官九郎、「フラガール」の蒼井優、「憑神」の妻夫木聡、他。 

あらすじ

28歳のライター佐倉明日香(内田有紀)は見知らぬ白い部屋で、拘束された状態で目を覚ます。現れたナースの江口(りょう)から「アルコールと睡眠薬の過剰摂取で運ばれ、2日間昏睡していた」と聞かされる。仕事があることもあり退院したいと訴えるが、担当医と保護者の同意がなければ許されないと冷たく返されてしまう。同棲相手で放送作家の鉄雄(宮藤官九郎)が見舞いに来て「胃洗浄をしたら薬の量が多すぎたせいで、内科から精神科に運ばれた」と告げる。こうして明日香の女性だけの閉鎖病棟生活が幕を開ける。「食べたくても食べられない」入院患者のミキ(蒼井優)、元AV女優で過食症の西野(大竹しのぶ)など、個性的過ぎる患者たちに戸惑う明日香だったが、病院内のルールにも慣れ、患者それぞれの過去や性格を知るうちに、少しずつ馴染みはじめていく。患者たちは、簡単な買い物も電話も面倒な手続きが多いなど、何かと規則で縛ろうとする冷酷ナースの江口たちに不満を募らせていた。そんな折、鉄雄の子分のコモノ(妻夫木聡)が面会にやってくる。明日香が開けた原稿の穴はコモノが埋めたらしいが、その出来は最悪で、明日香は持病の蕁麻疹を発症させてしまう。江口たちは閉鎖病室<クワイエットルーム>の手配をはじめるが、毅然と江口たちのルール至上主義を論破し、勝利する。この一件で人気者となった明日香。しかし、信頼していたミキの悲しい秘密を知ってしまう。ショックを受けた明日香が病室に戻ると、西野がコモノからの差し入れをベッドにぶちまけていた。しかも、鉄雄から明日香に宛てられた真剣な手紙を、西野が勝手に朗読し始める。明日香は西野を罵倒するが逆に追い込まれ、その騒ぎを聞きつけた患者やナースたちが集まりだす。その手紙で全ての記憶が蘇り、明日香がここにきた本当の理由が明らかになる……。

関連するキネマ旬報の記事

2007年11月下旬号

劇場公開映画批評:クワイエットルームにようこそ

2007年10月下旬号

作品特集 「クワイエットルームにようこそ」:対談 松尾スズキ[監督]×内田有紀

作品特集 「クワイエットルームにようこそ」:作品評

2007年4月下旬特別号

HOT SHOTS:「クワイエットルームにようこそ」