男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

サウスバウンド(2007)

  • さうすばうんど
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    61.5点(94人)

  • 観たひと

    171

  • 観たいひと

    18

  • レビューの数

    14

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2007
公開年月日 2007/10/6
上映時間 114分
製作会社 角川映画/日本映画ファンド/NTT DoCoMo/ソニーミュージックエンタテインメント
配給 角川映画
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督森田芳光 
脚本森田芳光 
原作奥田英朗 
製作総指揮角川歴彦 
エグゼクティブプロデューサー井上文雄 
企画中川滋弘 
製作井上泰一 
製作統括小畑良治 
夏野剛 
伊藤泰造 
製作担当橋本靖 
プロデューサー杉崎隆行 
三沢和子 
撮影沖村志宏 
美術山崎秀満 
音楽大島ミチル 
主題歌中島美嘉 
録音高野泰雄 
音響効果伊藤進一 
照明渡辺三雄 
編集田中愼二 
衣裳宮本まさ江 
キャスティング杉野剛 
助監督増田伸弥 
スクリプター山内薫 
装飾湯沢幸夫 
監督補杉本泰一 

キャスト

出演豊川悦司 上原一郎
天海祐希 上原さくら
田辺修斗 上原二郎
松本梨菜 上原桃子
北川景子 上原洋子
村井美樹 南先生
松山ケンイチ 新垣巡査
平田満 校長先生(東京)
吉田日出子 区役所のおばさん
加藤治子 堀内たえ

解説

元過激派の破天荒な父と母の型破りな生き方と、そんな両親に困惑する子供たちを描くコミカルなファミリードラマ。『空中ブランコ』で直木賞を受賞した奥田英朗の長編小説を、「阿修羅のごとく」の森田芳光監督が脚本・監督。父親役に「愛の流刑地」の豊川悦司、母親役には「狗神」の天海祐希。。その他のキャストに、加藤治子、吉田日出子、松山ケンイチ、北川景子など。

あらすじ

「ナンセンス!」が口癖の上原一郎(豊川悦司)は、全共闘運動に明け暮れた学生時代を過ごし、さくら(天海祐希)と駆け落ちして、三人の子供に恵まれた。現在は、さくらが喫茶店を経営している。小学六年生になった長男の二郎(田辺修斗)は、難しい年ごろだ。長女の洋子(北川景子)はいちいち世間の矛盾に向かいあう一郎に呆れて実家を飛び出し、ボーイフレンドの部屋に転がり込んだ。妹の桃子(松本梨菜)は、幼くてまだ何も理解できない。担任教師に論争を吹っかけ、年金の督促にも応じない一郎の態度に、二郎は頭が痛い。遂には、修学旅行の積立金に疑惑があると学校にまで押しかけてきた。そんな中、不良少年のカツから、母のさくらが人を刺して刑務所に入った過去があると聞かされた二郎は、逆上して暴力を振るってしまう。その件は大問題となるが、一郎は平気でうけながして、故郷である西表島へ家族揃っての移住を決行する。大自然の中の家屋を自分たちの手でリフォームして、自給自足の生活をスタートさせる上原一家だが、西表島でも事件が待っていた。引っ越した建物は、東京の建設会社の持ち物だったのだ。観光開発会社に対して、あくまで闘う姿勢を見せる一郎に、地元の巡査の新垣(松山ケンイチ)も目を白黒させる。共闘を求める東京の人権団体の申し入れも断って、あくまで単身で闘い続ける一郎。そんな父の姿に、二郎は初めて尊敬の念を抱いた。さくらが人を刺した過去も、学生運動の流れの中での出来事だったものだと理解する。観光開発会社のブルドーザーを破壊した一郎は、警察からも追われる身となった。一郎とさくらは、子供たちを残してボートに乗り込み日本から脱出する。そんな彼らの唯一の願いは、二郎と桃子の自立だった。

関連するキネマ旬報の記事

臨時増刊2012年5月11日「映画作家 森田芳光の世界」

森田芳光監督全映画 森田が語る27本 森田芳光監督 自作を語る/スタッフ&キャスト データ/作品解説:「サウスバウンド」

2007年11月上旬特別号

劇場公開映画批評:サウスバウンド

2007年10月下旬号

巻頭特集 「サウスバウンド」:グラビア

巻頭特集 「サウスバウンド」:声の劇場

巻頭特集 「サウスバウンド」:森田芳光[監督] ロングインタビュー

巻頭特集 「サウスバウンド」:豊川悦司 インタビュー

巻頭特集 「サウスバウンド」:北川景子 インタビュー

巻頭特集 「サウスバウンド」:作品評

2007年10月上旬号

森田芳光組 「サウスバウンド」篇:最終回

2007年9月下旬号

森田芳光組 「サウスバウンド」篇:第3回

2007年9月上旬号

森田芳光組 「サウスバウンド」篇:第2回

2007年8月下旬号

森田芳光組 「サウスバウンド」篇:第1回