男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

悪夢探偵

  • あくむたんてい
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    57.0点(107人)

  • 観たひと

    213

  • 観たいひと

    22

  • レビューの数

    20

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2006
公開年月日 2007/1/13
上映時間 106分
製作会社 ムービーアイ・エンタテインメント/海獣シアター/I&S BBDO
配給 ムービーアイ
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督塚本晋也 
脚本塚本晋也 
エグゼクティブプロデューサー牛山拓二 
プロデューサー塚本晋也 
川原伸一 
武部由実子 
撮影塚本晋也 
志田貴之 
美術塚本晋也 
音楽石川忠 
エンディングテーマフジファブリック 
音響効果北田雅也 
照明吉田恵輔 
編集塚本晋也 
助監督川原伸一 
黒木久勝 
VFXGONZO REVOLUTION 
特殊造型織田尚 

キャスト

出演松田龍平 影沼京一
hitomi 霧島慶子
安藤政信 若宮刑事
大杉漣 関谷刑事
塚本晋也 ヤツ
猪俣ユキ パンク少女
村木仁 肥枝田
ふせえり 肥枝田の妻
金守珍 課長(刑事)
津田恵一 小宮
コビヤマ洋一 刑事1
飯田茂年 刑事2
塚本耕司 刑事3
市野世龍 刑事4
鈴木卓爾 地味な男
利重剛 慶子の若い父親
塚本敦子 慶子の若い母親
川原伸一 学校の教師
黒沼弘巳 大石の長男
康すおん 大石の次男
宇野祥平 大石の三男
中沢旻江 大石の妻
原田芳雄 大石恵三

解説

密室状態で絶命した少女。妻の隣りで眠りながら首筋をぶすりと刺し逝ったサラリーマン。一見何の関係も無いような2つの事件が、“携帯電話”と“夢”で繋がった。被害者はいずれも“0”で表示される人物と最後に話をしており、かつ悪夢にうなされていたのだ。事件を担当するエリート刑事・霧島慶子は、“0”という謎の人物が携帯電話で何かの暗示をかけ、彼らを死に追いやったのではないかと推測。慶子は署の資料室から、他人の夢に自分の意識を入れることのできる男、悪夢探偵こと影沼京一の存在を知り、捜査の協力を求める。引き返せない道へ入った2人の、長い、長い、長い、眠れない夜が始まる……。「鉄男」「六月の蛇」の塚本晋也監督の長編10作目。主演の”悪夢探偵”を演じるのは、「青い春」「恋の門」の松田龍平。

あらすじ

謎めいた死体が立て続けに発見される。被害者は必ずベッドの上で眠った状態のまま、切り刻まれた血まみれの惨殺死体の姿をしていた。1人目。ゴスロリ・パンク少女(猪俣ユキ)の死体が、自室のベッドで発見される。部屋には鍵がかけられ、荒らされた様子はなく、不審者が侵入した形跡もなかった。2人目。肥満体のサラリーマン・肥枝田(村木仁)の死体も自宅の寝室で発見される。隣で眠っていた妻は(ふせえり)、夫がカッターで自分の首筋を切り裂くのを目撃していた。「夢の中で誰かに襲われているようでした…」。肥枝田の死は明らかに自殺と思われたが、パンク少女との意外な共通点が2人の遺留品から浮かび上がる。それは死の直前、それぞれが携帯電話から 『0(ゼロ)』と表示される人間に電話をしていたのだ。事件を担当するのは現場勤めとなったばかりのキャリア組刑事・霧島慶子(hitomi)。慶子は『0』が携帯電話を通じて被害者に暗示をかけ、自殺を促したのではないかと推理する。とはいえ安易にリダイアルして、警察の動きを知られたら手がかりがなくなってしまう。同僚の関谷(大杉漣)や若宮(安藤政信)らと慎重に捜査を開始する。さらに慶子は、肥枝田の妻の証言から事件の鍵は夢にあると読む。やがて他人の夢の中に入る特殊能力を持ち、“悪夢探偵”と呼ばれる男がいることを突き止める。彼の名は影沼京一(松田龍平)。慶子と若宮はさっそく京一の元を訪れるが、あっさりと協力を拒まれてしまう。その特殊能力から、嫌でも他人の心の薄汚い本質を目の当たりにしてしまうことによって、人間に深く絶望した京一は強い自殺願望を抱えていたのだ。しかも他人の夢に入ることは非常にリスキーな行為で、依頼者が狂人となったり、京一が夢の中で命を落とす可能性もあった。「ああ、いやだ、ああああ、いやだ。ああ、いやだ」。しかし慶子はそのまま引き下がるわけにはいかなかった。若宮が『0』へ電話し、<ヤツ>とのコンタクトに成功したからだ。若宮は<ヤツ>から暗示にかけられたのではないか。若宮の命が危ない! 切迫した様子の慶子から助けを求められた京一は、ようやくマントを羽織り、若宮の元へと急ぐ。「いやだいやだいやだ」と言いながら。そして実は、慶子自身も、犯人を追ううちに悪夢に悩まされるようになっていた。それは赤い服を着て、はっきりした自殺願望を持った自分が慶子を死へといざなう夢。慶子もまた、自分では気付かなかった心の空洞を抱えていたのだ。そこで慶子は自ら『0』に電話し、<ヤツ>とコンタクトを取ることを決意するのだが……。

関連するキネマ旬報の記事

2007年1月下旬号

作品特集 「悪夢探偵」:塚本晋也監督 インタビュー

作品特集 「悪夢探偵」:作品評

2006年6月上旬号

HOT SHOTS:「悪夢探偵」