男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

上海の伯爵夫人

  • しゃんはいのはくしゃくふじん
  • The White Countess
  • The White Countess

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    64.5点(49人)

  • 観たひと

    84

  • 観たいひと

    9

  • レビューの数

    14

基本情報

ジャンル 戦争
製作国 イギリス アメリカ ドイツ 中国
製作年 2005
公開年月日 2006/10/28
上映時間 136分
製作会社 マーチャント・アイヴォリー・プロダクションズ=ソニー・ピクチャーズ・クラシックス=シャンハイ・フィルム・グループ=グローバル・シネマ・グループ・ライジング・スター
配給 東宝東和=ワイズポリシー
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

第二次世界大戦前夜、混乱を極める上海の外国人租界で出会った未亡人と、謎めいた元外交官、野心家の日本人青年の波乱に満ちた運命を描く大河ロマン。監督は「日の名残り」「ル・ディヴォース~パリに恋して」のジェームズ・アイヴォリー。出演は「ナイロビの蜂」のレイフ・ファインズ、「ネル」のナターシャ・リチャードソン、「ラスト サムライ」の真田広之。

あらすじ

1936年、様々な社会的・政治的理由によって国を追われた外国人が数多く移民してきた上海の外国人租界。ロシアから亡命してきた未亡人ソフィア・ベリンスカヤ伯爵夫人(ナターシャ・リチャードソン)は、クラブのホステスとして働いていた。ある事件により視力を失った元外交官のアメリカ人ジャクソン(レイフ・ファインズ)は、世捨て人のように生きていた。ある夜、ジャクソンは日本人のマツダ(真田広之) とめぐり逢う。彼は言葉巧みにジャクソンに接近。マツダに、いつか“夢のバー”を作りたいと語るジャクソン。やがてふたりはソフィアが働くクラブに行き着いた。その帰りしな、ソフィアがまるで自分の顧客のようにジャクソンに寄り添い、彼が暴漢に狙われていることをさりげなく伝える。ジャクソンは、この彼女こそが自分が探し求める女性だと直感で悟る。数日後、競馬で一攫千金を手にしたジャクソンは、“夢のバー”を実現すべくソフィアの元を訪れ、彼の“店の華”になるよう申し込む。1年後、ジャクソンのクラブ“白い伯爵夫人(ホワイト・カウンテス)”は、活気に満ちた国際的な社交の場となっていた。上海に戻ってきたマツダは、この店に共産党、国民党、そして日本軍の正面衝突による政治的陰謀を持ち込むべきだと言い、ジャクソンは全面的に賛同する。一方、ソフィアとジャクソンは微妙な距離を保ち続け、盲目になったいきさつを尋ねられても真実を告げようとしない。そんなジャクソンに、重いドアで世界を遮断するつもりかとソフィアは言う。いつしかソフィアは、ジャクソンの固く閉ざされた悲嘆の殻を破り始め、彼は盲目となった事件を語るようになる。やがて、時代の潮流が二人の運命を翻弄する。

関連するキネマ旬報の記事

2006年11月下旬号

劇場公開映画批評:上海の伯爵夫人

2006年10月下旬号

作品特集 「上海の伯爵夫人」:作品評

作品特集 「上海の伯爵夫人」:ジェイムズ・アイヴォリー[監督] インタビュー

作品特集 「上海の伯爵夫人」:アイヴォリー論

作品特集 「上海の伯爵夫人」:真田広之 インタビュー