男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

東京ゾンビ

  • とうきょうぞんび
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    53.0点(69人)

  • 観たひと

    142

  • 観たいひと

    14

  • レビューの数

    10

基本情報

ジャンル コメディ
製作国 日本
製作年 2005
公開年月日 2005/12/10
上映時間 103分
製作会社 「東京ゾンビ」製作委員会
配給 東芝エンタテインメント
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督佐藤佐吉 
脚本佐藤佐吉 
原作花くまゆうさく 
プロデューサー豊嶋勇作 
梅川治男 
撮影石井勲 
美術稲垣尚夫 
音楽二見裕志 
RAAZK UINTED 
録音横野一氏工 
音響効果柴崎憲治 
照明丸山文雄 
編集島村泰司 
その他ホームシックス 
土井淳 
北村道子 

キャスト

出演浅野忠信 フジオ
哀川翔 ミツオ
奥田恵梨華 ヨウコ
古田新太 石原
松岡日菜 フミヨ
中村靖日 ヨッチャン
曽根晴美 マーさん
高樹マリア ヨッチャンの嫁
谷村美月 ユカリン
楳図かずお 秋山先生/王子
森下能幸 吸血ゾンビ
橋本さとし ドンガイラ
三浦誠己 マーさん軍団

解説

カルト漫画家、花くまゆうさくの代表作を映画化したホラー・コメディ。 監督は「殺し屋1」「極道恐怖大劇場 牛頭(ごず)」などの脚本で注目を集め、本作が長編監督デビューとなる佐藤佐吉。主人公のフジオとミツオを演じるのは、いまや日本映画界を代表し、出演作も多数にのぼる二人でいながら、今回が初顔合わせとなる浅野忠信と哀川翔。

あらすじ

ちょっと未来の東京。町の片隅にある消火器工場で、二人働くフジオとミツオは、毎日柔術の練習に明け暮れていた。柔術の師としてミツオを慕うフジオ、そんなフジオをかわいがるミツオ。二人は年齢を超えて兄弟のように親友のように、時にはそれ以上の絶対的な関係性で結ばれていた。そんな二人の前に現れたのは、産業廃棄物のゴミ山'黒富士'から現れてきたゾンビたち。そしてゾンビはどんどん増殖を始めていく。ロシアに行って最強の男になるという夢を叶える前に、なぜかゾンビと戦い、人類滅亡の危機に立ち向かうことになってしまったフジオとミツオ。果たして彼らに地球は救えるのだろうか!?

関連するキネマ旬報の記事

2005年11月下旬号

HOT SHOTS:「東京ゾンビ」