男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

逆境ナイン

  • ぎゃっきょうないん
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    58.1点(83人)

  • 観たひと

    166

  • 観たいひと

    10

  • レビューの数

    9

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2005
公開年月日 2005/7/2
上映時間 115分
製作会社 日本テレビ=ROBOT=小学館=読売テレビ=バップ=アスミック・エースエンタテインメント
配給 アスミック・エース
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督羽住英一郎 
脚本福田雄一 
原作島本和彦 
製作平井文宏 
阿部秀司 
撮影村埜茂樹 
美術北谷岳之 
音楽佐藤直紀 
編集松尾浩 
その他奥田誠治 
堀部徹 
貞原能文 

キャスト

出演玉山鉄二 不屈闘志
堀北真希 月田明子
田中直樹 榊原剛
藤岡弘、 校長
柴田将士 キャッチャー大石
出口哲也 ファースト後藤
寺内優作 セカンド小林
坂本真 サード南
青木崇高 ショート新屋敷
土倉有貴 レフト古屋

解説

「海猿」の羽住英一郎が、原作者・島本和彦自身が「映像化は無理」と語る超絶スポ根マンガを映画化。想像を絶する逆境に追い込まれた弱小高校野球部ナインが、不屈の闘志で奇跡を起こす。主演は「NANA」の玉山鉄二。

あらすじ

砂塵が舞い上がるグラウンドにそびえ立つ“全力学園”校舎。「廃部だーーーー!!」。校長室から響き渡る声。万年勝ち知らずの全力学園野球部キャプテンの不屈闘志(玉山鉄二)は、その名のとおり不屈の闘志を持つ男。何事にも全力を好む校長(藤岡弘)にとって、生半可な活動しかできない野球部は不要と判断される。しかし不屈は、無謀にも甲子園行きを約束する! この強気な発言に、ナインと月田マネージャー(堀北真希)は大騒ぎ。しかし、不屈の屁理屈に丸め込まれて猛練習を開始する。春の甲子園優勝校「日の出商」との試合間近、ナインが負傷やトラブルに巻き込まれるという緊急事態が! さらに、頼みの綱である不屈の右腕がひょんなことでケガを負ってしまう。しかし、天は不屈を見放さなかった。当日、日の出商キャプテン・神崎は、豪雨を理由に不戦勝を伝えにくる。この勝利に狂喜乱舞する全力ナインのあまりの図々しさに、神崎は大激怒。浮かれた不屈たちの前に、謎の男が登場する。社会科歴史の新任教師・榊原剛(田中直樹)。「野球は知らないが、人生は知っている」と、無責任ながらも説得力のある言葉を突きつける榊原。ド素人の監督という逆境をどう乗り越えるか、校長が与えたさらなる逆境だった。地区予選まで残すところ1週間となり、監督から地区予選と中間試験赤点者の補習日が同日と聞かされる。だが、それよりも不屈自身の成績がギリギリということが発覚する! まさに、自業自得! 補習を免れて迎えた地区予選第一回戦、中々学園との対決の日。月田マネージャーが注文した弁当を食べた中々学園ナインが、激しい腹痛に襲われる。後ろめたくて本気が出せなくなってしまった不屈に、監督が強烈な言葉を投げつける。「それはそれ! これはこれーーーー!!!」。その言葉に救われ、不屈は本気で戦うことができた。一方、自分のミスに落ち込むピュアな月田に、不屈は急に恋してしまう。第二回戦の手抜学園との試合当日、不屈はなんと月田を追いかけて試合放棄してしまう。恋に浮かれる不屈に、監督は“恋”か“野球”か、究極の選択を突きつける。

関連するキネマ旬報の記事

2005年9月上旬号

劇場公開映画批評:逆境ナイン

2005年7月上旬号

特集 「逆境ナイン」:羽住英一郎監督 インタビュー

特集 「逆境ナイン」:作品評

特集 「逆境ナイン」:島本和彦(原作)インタビュー

特集 「逆境ナイン」:島本和彦作品の魅力

2005年4月上旬春の特別号

HOT SHOTS:現場リポ「逆境ナイン」