男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

玉山鉄二

  • Tetsuji Tamayama
  • 出演
本名
出身地 京都府城陽市
生年月日 1980/04/07
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

京都府城陽市の生まれ。府立西城陽高校在学中に雑誌のモデル募集に応募し、オーディションなどを経て芸能界入り。1998年、高校卒業と同時に上京し、翌99年のフジテレビ『ナオミ』で、藤原紀香演じる主人公の教師の元教え子役で俳優デビューする。数本のドラマに端役出演したのち、テレビ朝日『百獣戦隊ガオレンジャー』01のガオシルバー・大神月麿役に抜擢され、一躍知名度を上げた。そのあとは映画出演が続き、金子修介監督のミュージカル・コメディ「恋に唄えば♪」02では優香演じるヒロインの元カレ役、篠原哲雄監督「天国の本屋・恋火」04では天国の本屋でバイトをすることになったピアニスト役、大谷健太郎監督「NANA」05では宮﨑あおい演じる奈々が憧れるバンドマン・巧役をそれぞれ演じ、羽住英一郎監督「逆境ナイン」05で映画初主演。あり得ないほど次々と襲いかかる逆境の中、甲子園を目指すピッチャーの不屈闘志役で、それまでのどこかクールな二枚目のイメージをかなぐり捨て、暑苦しいほどの熱血漢の主人公を力演した。転機となったのは、2006年の生野慈朗監督「手紙」。弟の学費のために殺人を犯してしまった兄という難役を演じるにあたり、人生初の坊主頭にするなど役者魂を感じさせ高い評価を得る。これらと並行してテレビドラマでも活躍。フジテレビ『薔薇の十字架』02、『離婚弁護士』04・05、『牛に願いを/Love&Farm』07、『BOSS』09・11、『素直になれなくて』10、日本テレビ『メッセージ・言葉が、裏切っていく』03、NHK『農家のヨメになりたい!』04、『帽子』08、『天地人』09、TBS『ブラザー☆ビート』05、WOWOW『プリズナー』08などで多彩な役柄を演じ、映画も、中村義洋監督「チーム・バチスタの栄光」08、人気ドラマの映画版「ハゲタカ」09などの社会派作品や、沖縄で暮らす朴訥とした青年を好演した中井庸友監督「カフーを待ちわびて」09などで芸域を広げつつある。

キネマ旬報の記事

臨時増刊6月10日号 KINEJUN next vol.03

interview:玉山鉄二「星守る犬」

2006年11月上旬号

HOT SHOTS:玉山鉄二

2005年7月上旬号

FACE2005:玉山鉄二

2002年11月下旬号

HOT SHOTS:玉山鉄二