男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

イン・ザ・プール

  • いんざぷーる
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    66.3点(197人)

  • 観たひと

    414

  • 観たいひと

    25

  • レビューの数

    11

基本情報

ジャンル コメディ
製作国 日本
製作年 2005
公開年月日 2005/5/21
上映時間 101分
製作会社 IMJエンタテインメント=日本ヘラルド映画=ポニーキャニオン=ウィルコ
配給 日本ヘラルド映画
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督三木聡 
脚本三木聡 
原作奥田英朗 
製作総指揮三木裕明 
坂上直行 
プロデューサー長松谷太郎 
佐々木亜希子 
撮影小林元 
美術花谷秀文 
録音高橋義照 
照明堀直之 
編集高橋信之 
その他大滝詠一 

キャスト

出演松尾スズキ 伊良部一郎
オダギリ ジョー 田口哲也
MAIKO マユミちゃん
森本レオ 佐俣教授
ふせえり 編集長
岩松了 前西室長
きたろう 吉沢部長
三谷昇 姫乃木医師
市川実和子 岩村涼美
田辺誠一 大森和雄

解説

ちょっと変わったビョーキの患者たちが、自分よりも普通じゃない医者と出会い、なぜか癒される医療(?)コメディ。『空中ブランコ』で直木賞を受賞した作家・奥田英朗の“伊良部シリーズ”第一弾である原作『イン・ザ・プール』を、シティボーイズライブの作・演出を手がける演出家・三木聡によって映像化。劇団大人計画を率いる松尾スズキが映画初主演。

あらすじ

現在、都市生活を営む人々の多くは、心に何らかの闇を持っている。そして、そこから来る症状とは? 伊良部総合病院の地下にある神経科に勤務する精神科医・伊良部一郎(松尾スズキ)は、病院の跡取り息子。ヒョウ柄のシャツとブーツに白衣という出で立ちも怪しいが、性格はいい加減、お気楽、マザコン、無茶、凶暴、患者への対応はテキトーで話を聞いてないし、ともかくメチャクチャである。いつも一緒にいるお色気ナースのマユミちゃん(MAIKO)は、ほとんど伊良部をシカトしているが、趣味が注射という所だけは共通。そんな伊良部が最近ハマっているのが、近所のプールで泳ぐこと。プールで泳ぐことに夢中になっている男がここにもひとり。大型アウトレットモールの開発担当・大森和雄(田辺誠一)。妻一人、愛人一人、そして仕事もできる男だ。現在抱えているプロジェクトはそれなりに忙しく、気も遣う。ストレスを感じる日々が続くようになり、偶然見た雑誌の特集記事の影響で、何となく水泳を始める。そのお陰で体調は少しずつ落ち着く。しかし、そのうちにまた忙しくなり水泳ができなくなると、てきめんに体調が悪くなる。自分ではストレスを解消するためにプールに通っているはずが、徐々に「プール依存症」に。だんだんとその症状はエスカレートし、徹夜仕事のちょっとした合間にも、プールに向かってしまう有様。一方、中堅メーカーに勤務する営業マン・田口哲也(オダギリジョー)は、ある日突然、24時間勃ちっ放しという「継続性勃起症」に悩まされるように。泌尿器科に駆け込み、たらい回された末に、伊良部の元にたどりつく。女性に対してはっきりモノがいえない、自己を発散する事ができない性格。そんな田口に対して伊良部はあっさり言う。「何か心に引っかかることがあるんじゃないですか?」。妻・佐代子は同僚と浮気をし、自分の元を去った。しかし、いまだ妻への想いは捨てがたいのか、夢を見たりしてしまう。そんな自分が情けない。しかしどうすることもできない。何をやっても治らない勃起。彼は心に引っかかりを持ったまま会社へ行き、さらには接待旅行で温泉まで行く羽目に…。取り巻く状況は悪化する一方で、病気が治る気配がない。そんな田口に対してまたしても伊良部は言う。「その別れた女の所へ行って、おもいっきり文句を言ってやろう」と…。さらに、伊良部の元を訪れている女性がひとり。ジャーナル系出版社に出入りするルポライター・岩村涼美(市川実和子)。生真面目で努力家、しかも探究心が強いので、気になると、いてもたってもいられなくなる。その性格が災いしてか、確認行為の習慣化、いわゆる「強迫神経症」に陥ってしまう。家のガス、電気はもとより、鍵を閉めたか? 果てはさっきまで自分が食べていた焼肉屋のガスの元栓を締めたかまで気になってしまうのだった。仕事も度々すっぽかし、自分でもショックを受ける涼美。そんな彼女に対して、伊良部は治療と称して様々なことをするように助言。「隣の悪徳病院に、石を投げてやれー」。そんな伊良部の強引さというか身勝手さに次第に引き込まれていく涼美だが、ある日、子供の頃の重大な過ちを思い出し、またも、いてもたってもいられなくなってしまう。

関連するキネマ旬報の記事

2005年7月上旬号

劇場公開映画批評:イン・ザ・プール

2005年6月上旬特別号

巻頭企画 毒×蜜×昇華 オダギリジョー:「イン・ザ・プール」三木聡監督 インタビュー&三木聡、オダギリを語る

巻頭企画 毒×蜜×昇華 オダギリジョー:「イン・ザ・プール」作品評