男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ローレライ

  • ろーれらい
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    62.4点(218人)

  • 観たひと

    467

  • 観たいひと

    24

  • レビューの数

    25

基本情報

ジャンル アクション / 戦争
製作国 日本
製作年 2005
公開年月日 2005/3/5
上映時間 128分
製作会社 フジテレビジョン=東宝=関西テレビ放送=キングレコード
配給 東宝
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

出演役所広司 絹見真一
妻夫木聡 折笠征人
香椎由宇 パウラ・A・エブナー
柳葉敏郎 木崎茂房
堤真一 浅倉良橘
石黒賢 高須成美
佐藤隆太 清水喜久雄
國村隼 時岡纏
ピエール瀧 田口徳太郎
小野武彦 岩村七五郎
鶴見辰吾 大湊三吉
伊武雅刀 楢崎英太郎
橋爪功 西宮貞元
阿川佐和子 西宮桂子
上川隆也 作家
粟根まこと 船田光家
塚本耕司 鍋坂定夫
井上肇 西島昭司
近藤公園 唐木義高
KREVA 小松春平
忍成修吾 土谷佑
野口雅弘 稲垣定国
大河内浩 江藤浩輔
佐藤佐吉 高部佐吉
江畑浩規 中村政之助
平賀雅臣 森本広大
ゴードン・ウェルズ LT. ERIC MINOTT'RETIRED
コルター・アリソン LT. ERIC MINOTT
タイロン・パワー・ジュニア CAPTAIN FRED JACOBS
フレッド・スパイカー WARRANT OFFICER NICK NELSON
デイヴィッド・オースティン LT. FRANK DODET
クリス・ドイル CAPTAIN’S TALKER
ジェリー・ゴーブル HELMSMAN
ベン・トンプソン RADIO OPERATOR
ジェフ・ワイドマン RADIO MESSENGER
セス・シャピロ SONAR OPERATORS
ハーラン・グレン SONAR OPERATORS
Zachary Rynew OFFICER OF THE DECK
富野由悠季 大和田・反乱兵
橋本じゅん 大和田・反乱兵
インディ高橋 大和田・反乱兵
大森樹 幼少期の征人
ジェームズ・カー フリッツ・S・エブナー
近藤エマ 幼少期のパウラ
こぐれ修 大和田・衛兵
川原正嗣 大和田・衛兵
前田悟 大和田・衛兵
河野まさと 大和田・衛兵
蒲生純一 大和田・通信兵
逆木圭一郎 大和田・通信兵

解説

第二次世界大戦末期、アメリカによる3発目の原爆投下を巡って繰り広げられる、日本の潜水艦乗組員たちの戦いを描いた海洋アクション。監督は、「ミニモニ。じゃムービー お菓子な大冒険」の樋口真嗣。第24回吉川英治文学新人賞及び第21回日本冒険小説協会日本軍大賞受賞の福井晴敏による『終戦のローレライ』を基に、「金融腐蝕列島[呪縛]」の鈴木智が脚色。撮影を「海猿 UMIZARU」の佐光朗が担当している。主演は、「レイクサイドマーダーケース」の役所広司と「約三十の嘘」の妻夫木聡。文化庁支援作品。

あらすじ

第二次世界大戦末期の1945年8月6日、広島に原子爆弾が落とされた。続く本土への投下を阻止する為、海軍軍司令部作戦課長の浅倉大佐によって、ドイツから秘密裡に接収した驚異的な戦闘能力を備える伊号第五〇七潜水艦、通称“ローレライ”の艦長に抜擢された絹見少佐は、先任将校の木崎ほか、軍属技師の高須や特殊潜航艇“N式潜”の正操舵手として配属された折笠一曹ら、わずか70名の乗組員と共に、アメリカ軍基地のある南太平洋上・テニアン島へ向けて出撃する。ところがその途中、N式潜に搭載された戦闘海域の海底地形や船隊配置図を立体的に視覚化出来る超高感度水中探索装置“ローレライ・システム”が、ナチスに人種改良された日系ドイツ人少女・パウラの能力によるものだったことが判明し、艦内に不穏な空気が流れ始める。そんな矢先、2発目の原爆が長崎に投下されてしまった。そして、それを機に高須を始めとする一部の者たちが、アメリカと取り引きした東京の浅倉の指示の下、ローレライを占拠。日本新生プランを掲げ、アメリカ軍にローレライを供与しろと言い出した。命に背けば、3発目の原爆が東京に落とされてしまう!しかし、絹見は日本人として、祖国に残して来た愛する者たちを守る為、最後まで戦うことを決意。高須らを鎮圧すると、日本を存亡の危機から救うべく、独自の判断でテニアン島へ向けて進撃を開始するのであった。待ち受けるアメリカ海軍太平洋艦隊。パウラのローレライ・システムを発動させ、爆雷を避けて邁進するローレライ。果たして、原爆を搭載したB―29が離陸した瞬間、一気に浮上したローレライは、見事、爆撃に成功するのであった。だがその後、切り離されたN式潜に乗っていた折笠とパウラの生存以外、再び潜航したローレライとその乗組員たちがどうなったかは誰も知らない。

関連するキネマ旬報の記事

2005年9月上旬号

DVDコレクション:第209回 「ローレライ」

2005年6月上旬特別号

日本映画紹介/外国映画紹介:ローレライ

2005年4月上旬春の特別号

劇場公開映画批評:ローレライ

2005年3月下旬号

巻頭特集 「ローレライ」:グラビア

巻頭特集 「ローレライ」:役所広司 インタビュー

巻頭特集 「ローレライ」:妻夫木聡 インタビュー

巻頭特集 「ローレライ」:福井晴敏(原作) インタビュー

巻頭特集 「ローレライ」:樋口真嗣監督 インタビュー

巻頭特集 「ローレライ」:「ローレライ」にみる樋口真嗣のまなざし

巻頭特集 「ローレライ」:作品評

2004年8月上旬特別号 創刊85周年記念特別号1

HOT SHOTS:「ローレライ」撮影ルポ