男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

柳葉敏郎

  • Toshiro Yanagiba
  • 出演
本名
出身地 秋田県仙北郡西仙北町(現・大仙市)
生年月日 1961/01/03
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

秋田県仙北郡西仙北町(現・大仙市)の生まれ。県立角館高校を卒業後、上京して劇団ひまわりに入団。テレビ番組の再現フィルムや、映画・テレビドラマのエキストラ出演などを経て、1981年のNHK連続テレビ小説『まんさくの花』で俳優としてデビューする。以後も、TBS『茜さんのお弁当』81、日本テレビ『オレ達全員奈津子の子』82などのドラマに出演する一方、82年からパフォーマンス集団“劇男一世風靡”に参加。東京・原宿の歩行者天国でストリート・パフォーマンスを行なって話題となり、84年には選抜メンバーによるグループ“一世風靡セピア”に、哀川翔、小木茂光らとともに選ばれ、シングル『前略、道の上より』で歌手としてもデビューする。その間の83年、フジテレビのバラエティ『欽ドン!・良い子悪い子普通の子おまけの子』に“良い先生”の良川先生役でレギュラー出演。萩本欽一の薫陶を受けてコントに全力投球し、お茶の間の人気を得る。86年のNHK連続テレビ小説『都の風』では、加納みゆき演じるヒロインの初恋の相手役を演じ、俳優としても一躍注目を集めた。映画は、同じ86年の和泉聖治監督「南へ走れ、海の道を!」で、主人公・岩城滉一の弟役を演じて初出演。続いて、大森一樹監督「恋する女たち」86ではヒロイン・斉藤由貴が秘かに思いを寄せる野球部員・沓掛勝を好演し、この2作で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞する。以後も、神山征二郎監督「ハチ公物語」87、森﨑東監督「塀の中の懲りない面々」87、小中和哉監督「四月怪談」88、山田洋次監督「ダウンタウンヒーローズ」88などを経て、やくざの不器用な純愛を描いた梶間俊一監督「螢」89では映画初主演。また、TBS『男女7人秋物語』87、フジテレビ『君の瞳をタイホする!』『抱きしめたい!』『ニューヨーク恋物語』88、『ハートに火をつけて!』89などのドラマにも多数出演し、トレンディドラマ・ブームの中心で活躍を続ける。同局『愛しあってるかい!』89ではコミカルな持ち味も開花し、『すてきな片想い』90、『親愛なる者へ』92、『29歳のクリスマス』94などのシリアスなラブストーリーから、TBS『キツイ奴ら』89、『ホットドッグ』90、『テキ屋の信ちゃん』91~95などの男臭い人情ドラマまで幅広い役どころをこなして、硬軟使い分ける人気俳優の座につく。映画はその後、和泉聖治監督「さらば愛しのやくざ」90で陣内孝則演じるカリスマ性を持ったやくざと友情を結ぶ普通の大学生・中馬達也役を巧みに演じ、ブルーリボン賞の助演男優賞に輝く。高畑勲監督のアニメーション「おもひでぽろぽろ」91のトシオ役で声優にも挑戦。続いて、和泉監督「Morocco/横浜愚連隊物語」96、小中監督「THE DEFENDER」97、村川透監督「まむしの兄弟」97などに主演するが、活動の中心はやはりテレビドラマで、フジテレビ『沙粧妙子最後の事件』95、日本テレビ『ナチュラル・愛のゆくえ』96などを経て、97年のフジテレビ『踊る大捜査線』では、謹厳実直な警視庁のエリート管理官・室井慎次を演じて好評を博す。翌98年には映画化もされ大ヒットシリーズとなった同作に、以降も続けて出演。2005年には室井が主人公のスピンオフ「容疑者・室井慎次」も作られる最大の当たり役となる。ドラマでの活躍と並行しつつ、堤幸彦監督「チャイニーズ・ディナー」01、行定勲監督「北の零年」05、樋口真嗣監督「ローレライ」05、佐々部清監督「三本木農業高校、馬術部」08、君塚良一監督「誰も守ってくれない」09、山崎貴監督「SPACE BATTLESHIP ヤマト」10などで好演を続け、シリアスな中にはコミカルな味つけを、コメディには物語を引き締めるアクセントとしても機能する芝居巧者ぶりを発揮。幅広い年代のファンから支持される存在として、安定した地位を確立する。テレビドラマはほかに、フジテレビ『きらきらひかる』98、『リング・最終章』『恋愛結婚の法則(ルール)』99、『バスストップ』00、『恋するトップレディ』02、『Ns'(ナース)あおい』06、『コード・ブルー/ドクターヘリ緊急救命』08、『不毛地帯』09、NHK『北条時宗』01、日本テレビ『明日があるさ』01、TBS『それは、突然、嵐のように…』04、『財務調査官・雨宮瑠璃子』04~09、『華麗なる一族』07、テレビ朝日『黒革の手帳』04、『警視庁取調官・落としの金七事件簿』『ナサケの女・国税局査察官』10、WOWOW『パンドラ』08など多数。一本気だが明るい性格でも知られ、テレビのバラエティ番組などでもその快活なキャラクターが好評を得ている。

キネマ旬報の記事

2010年7月上旬号

巻頭特集「踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!」:インタビュー 織田裕二、柳葉敏郎、深津絵里、ユースケ・サンタマリア、小栗旬、内田有紀

2005年9月上旬号

FACE2005:柳葉敏郎

2003年8月上旬特別号

巻頭特集 「踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」:キャスト・インタビュー 柳葉敏郎

1996年5月下旬特別号

INTERVIEW:柳葉敏郎

1989年1月下旬号

THE FACE '89:柳葉敏郎

1988年7月下旬号

日本映画ニュース・スコープ/スポット・ライト:柳葉敏郎