男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

デビルマン

  • でびるまん
  • ----
  • ----

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    29.0点(123人)

  • 観たひと

    200

  • 観たいひと

    12

  • レビューの数

    17

基本情報

ジャンル アクション
製作国 日本
製作年 2004
公開年月日 2004/10/9
上映時間 116分
製作会社 「デビルマン」製作委員会(東映=東映アニメーション=東映ビデオ=テレビ朝日=バンダイ=ラッドガー)
配給 東映
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督那須博之 
脚色那須真知子 
原作永井豪 
企画遠藤茂行 
森下孝三 
石井徹 
木村純一 
竹内淳 
製作泊懋 
プロデューサー冨永理生子 
松井俊之 
北崎 
キャラクター・デザイン衣谷遊 
撮影さのてつろう 
美術沖山真保 
行信三 
音楽安川午朗 
音楽プロデューサー津島玄一 
録音湯脇房雄 
音響効果柴崎憲治 
照明杉田薫 
安藤和也 
編集只野信也 
衣装デザイン森口誠治 
助監督田村浩太朗 
スクリプター松隈理恵 
スチール加藤義一 
奈良英雄 
特殊メイク中田彰輝 
その他坂上順 
高橋浩 
黒澤満 
早河洋 
東聡 
馬場富雄 
馬場節子 
近藤誠二 
吉田順 
日達長夫 
杉山登 
渡辺伸吾 
佐藤大樹 
生田篤 
大田愛子 
中村淳 
和田洋 
肥沼和男 
深尾きよ美 
平野君 
高橋匡子 
芳賀真人 
高瀬尚一 
佛田洋 
東映アニメーション 
根岸誠 
宮原直樹 
野口光一 
氷見武士 
高橋政千 
寺田克也 
山末英嗣 
中田彰輝 
三木康次 
小池達朗 
野口彰宏 
羽鳥博幸 
宇田川幸夫 
高見沢利光 
hiro 
チー・チャン・チェン 
小塚憲夫 
イヴァン・シー 
嶋義信 
松本光司 
道木伸隆 
松岡勇二 
中根伸治 
三池敏夫 
松浦芳 
瀬下寛之 
金子将久 
井上正治 
中村創 
行信三 
西川和宏 
森田信廣 
鈴木昶 
中山亨 

キャスト

出演伊崎央登 不動明/デビルマン
伊崎右典 飛鳥了/サタン
酒井彩名 牧村美樹
渋谷飛鳥 川本巳依子(ミーコ)
染谷将太 ススム
宇崎竜童 牧村啓介
阿木燿子 牧村恵美
冨永愛 シレーヌ
仁科克基 牛久雅夫
ボブ・サップ ニュースキャスターのモリソン
金山一彦 青山
大沢樹生 重森隆夫
小倉一郎 ススムの父
洞口依子 ススムの母
きたろう 上田
本田博太郎 飛鳥教授
鳥肌実 
モロ師岡 佃の同僚
有福正志 佃の同僚
布川敏和 中学校の先生
今井雅之 沼田
俊藤光利 長田
船木誠勝 ジンメン
KONISHIKI アジトのデーモン
永井豪 神父
小林幸子 隣家の中年女
的場浩司 
嶋田久作 
田中鈴之助 六平
川久保拓司 洋二
中山貴将 ミノル
仲程仁美 沙織
石川佳奈 由香
森本ゆうこ 美穂
城春樹 自警団
町田政則 自警団
殺陣剛太 自警団
清水宏 自警団
三和社長 自警団
越康広 特捜隊員
清水一哉 デーモン特別捜査隊
佐野元哉 デーモン特別捜査隊
中原裕也 デーモン特別捜査隊
松本博之 デーモン特別捜査隊
入沢勝 デーモン特別捜査隊
正岡邦夫 デーモン特別捜査隊
中川大輔 デーモン特別捜査隊
三和太 浮浪者襲撃人
柴田将士 浮浪者襲撃人
中村竜也 浮浪者襲撃人
ポイズン澤田JULIE ゴス系の若男(ゲームセンターのデーモン)
サンダー ゴス系の若男(ゲームセンターのデーモン)
大山リエ P.C.教室先生
石橋敦 若いカップル
飯田まさと 浮浪者
石川眞吾 亀と遊ぶ子供
並樹史朗 

解説

永井豪原作の人気漫画の実写映画化、デビルマンとデーモン族の戦いを、CG技術を駆使して描いたモンスター・バトル・アクション。監督は「ピンチランナー」の那須博之。脚色は「実録外伝 武闘派黒社会」の那須真知子。撮影を「マナに抱かれて」のさのてつろうが担当している。主演は、映画初出演となる人気ユニット“FLAME”の伊崎登。

あらすじ

4年前に両親を事故で亡くし、クラスメイトの美樹の家に引き取られた高校生の不動明。ある日、無二の親友である了の父・飛鳥博士が研究中に誤って覚醒させてしまった邪悪な生命体“デーモン”に体を乗っ取られながらも、完全に支配された了とは違い、人間の心を残した“デビルマン”となった彼は、それを運命として受け入れ、人類殲滅を画策するデーモン族と戦うことを決意する。だが、人間社会に入り込み増殖を続けるデーモンを恐れた人間たちは、デーモン狩りを決行。疑わしい者を次々に処刑し、やがてそれは国家間の戦争にまで発展することとなり、図らずも滅びの道を自ら歩み出すのであった。そんな中、明と同じくデーモンに体を侵されながらも人間の心を失わない美樹の友人・ミーコと、彼女がデーモン化した両親から救い出した少年・ススムを、美樹の一家が匿ったことから、彼らもまたデーモンではないかと疑われ殺されてしまう。最愛の人たちを失い、怒りと悲しみに苛まれる明=デビルマンは、デーモン族を潰滅すべく、実はデーモン族の中心的存在であった了=サタンと壮絶な戦いの末――、共に倒れるのであった。戦いの一夜が明けた。崩壊した世界の一角、生き延びたミーコとススムは新たな世界の創造を心に誓う。

関連するキネマ旬報の記事

2004年12月上旬号

劇場公開映画批評:デビルマン

日本映画紹介/外国映画紹介:デビルマン