男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ターン

  • たーん
  • ----
  • Turn

amazon


  • 平均評点

    70.3点(46人)

  • 観たひと

    72

  • 観たいひと

    4

  • レビューの数

    3

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2001
公開年月日 2001/10/13
上映時間 111分
製作会社 「ターン」プロジェクトチーム(バンブーピクチャーズ=衛生劇場=テレビ東京=アスミック・エース エンタテインメント)(制作協力 アルゴ・ピクチャーズ)
配給 アスミック・エース
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSR
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督平山秀幸 
脚色村上修 
原作北村薫 
製作近藤有希 
石川富康 
宮川鑛一 
椎名保 
プロデューサー牧山真智子 
岡田裕 
撮影藤澤順一 
美術中澤克己 
装飾大坂和美 
音楽ミッキー吉野 
録音宮本久幸 
整音橋本文雄 
音響効果伊藤進一 
照明上田なりゆき 
編集奥原茂 
スタイリスト宮本茉莉 
ラインプロデューサー吉原勲 
制作担当亀田裕子 
助監督蝶野博 
スクリプター小泉篤美 
スチール西本敦夫 
視覚効果橋本満明 
デジタルエフェクト光学太郎 
佐藤高典 
内田剛史 
川端孝 
西山明宏 
藤下忠男 
小柴浩 
矢ヶ崎綾子 
CGI富澤睦夫 
平興史 
加島裕幸 

キャスト

出演牧瀬里穂 森真希
中村勘太郎 泉洋平
倍賞美津子 森里子
北村一輝 柿崎清隆
柄本明 松原
川原亜矢子 正宗ゆかり
松金よね子 高峰の奥さん
小日向文世 画廊主人
小林麻子 美術館店女店員
桜井勝 
川倉正一 
三島裕 
大場一郎 
齊藤剛 
森田繁治 
梶浦昭生 

解説

事故のショックにより、パラレル・ワールドで同じ日を繰り返すことになってしまった女性の運命を描いたドラマ。監督は「学校の怪談4」の平山秀幸。北村薫による同名原作を、「案山子 KAKASHI」の村上修が脚色。撮影を「ココニイルコト」の藤澤順一が担当している。主演は「ちんちろまい」の牧瀬里穂。第13回東京国際映画祭ニッポン・シネマ・ナウ参加、第56回毎日映画コンクール女優主演賞(牧瀬里穂)&田中絹代賞(倍賞美津子)、第11回日本映画批評家大賞女優助演賞(倍賞美津子)&新人賞(中村勘太郎)、第3回文化庁優秀映画賞、第5回プチョン国際ファンタスティック映画祭最優秀監督賞受賞作品。

あらすじ

銅版画家の真希は、小学校教師の母親とふたり暮らし。ある日、交通事故に遭った彼女は、その衝撃で誰もいないパラレル・ワールドへジャンプする。しかもそこでは、事故の時間(午後2時15分)になると、前の日の同じ時刻にターンしてしまうのだ。こうして、同じ日をひとりぼっちで際限なく繰り返すことになった真希は、やがてその世界で前向きに生きていこうと決心するが、それから137日目、彼女に元の世界から1本の電話がかかってくる。電話の相手は、ギャラリーで真希の銅版画を購入したデザイン会社に勤務する青年・洋平。真希の作品が気に入った彼は、それを本の装丁に使いたいと連絡を取ってきたのだ。そんな洋平に、孤独に耐えきれなくなっていた真希は電話を切らないでと懇願。以後、ふたりはふたつの世界を繋ぐ電話で会話し、心を通わせるようになっていく。洋平によると、真希は事故以来、意識不明のまま入院中であるらしい。また、彼は電話口に真希の母親を連れて来てくれるが、何故か母親には真希の声は届かなかった。ある日、真希の前に柿崎という男が現れた。彼もまた自動車事故の衝撃で、この世界にジャンプしたと言う。ところが、彼は誘拐した少女を轢き逃げした凶悪犯だったのだ。そのことを新聞で調べた洋平は、真希に注意するよう告げようとするが、彼の部屋に酔って現れた上司が誤って電話を切ってしまい、ふたりは連絡が取れなくなる。一方その頃、柿崎は真希の前で次第にその本性を現していた。しかし突然、柿崎が真希の目の前から消えた。どうやら、元の世界の柿崎が死んだようだ。そして、その時から元の世界に戻りたいとより強く思うようになった真希は、見舞いに来ていた母親と洋平の前で、深い眠りから覚めるのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2002年6月下旬号

日本映画紹介/外国映画紹介:ターン

2001年10月下旬号

特集 「ターン」:平山秀幸監督 インタビュー

特集 「ターン」:作品評

2000年9月上旬号

HOT SHOTS:「ターン」