男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

贅沢な骨

  • ぜいたくなほね
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    65.7点(89人)

  • 観たひと

    200

  • 観たいひと

    25

  • レビューの数

    4

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2001
公開年月日 2001/8/25
上映時間 105分
製作会社 mouchette(企画協力 ビンゴ=ホリエージェンシー=ロケットパンチ=鈍牛倶楽部=スタッフ・ライン=イイジマルーム=DEAD GIRLS=ザズウ=プロダクション パオ=シーアンドティー/特別協力 ケイエスエス)
配給 スローラーナー
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督行定勲 
脚本行定勲 
益子昌一 
プロデューサー行定勲 
益子昌一 
撮影福本淳 
美術佐々木尚 
音楽朝本浩文 
MOKU 
音楽プロデューサー北原京子 
荘司亮子 
主題歌ザ・ハンプバックス:(「Torch Song」)
録音伊藤裕規 
音響効果柴崎憲治 
北田雅也 
照明市川徳充 
編集今井剛 
スタイリスト米村弘光 
制作担当大日方教史 
助監督片岡英子 
スクリプター工藤みずほ 
スチール北島元朗 
永瀬正敏 

キャスト

出演麻生久美子 ミヤコ
つぐみ サキコ
永瀬正敏 新谷アキヲ
渡辺真起子 素子
光石研 医師
田中哲司 眼鏡の客
津田寛治 花火のカップル
小林美貴 花火のカップル
森下能幸 危険な情事番頭
高木まり子 踊る少女
山本麻里 看護婦
朝本浩文 DJ
川村かお クラブの女

解説

複雑に揺れる3人の男女の、愛の行方を描いたドラマ。監督は「閉じる日」の行定勲。脚本は、行定監督と「閉じる日」の益子昌一の共同。撮影を「閉じる日」の福本淳が担当している。主演は、「RED SHADOW 赤影」の麻生久美子、「月光の囁き」のつぐみ、「けものがれ、俺らの猿と Getting wild with our monkey」の永瀬正敏。2001年度キネマ旬報ベスト・テン監督賞受賞作品。16ミリからのブローアップ。

あらすじ

ホテトル嬢のミヤコと、幼い頃に心に傷を受けたサキコは、互いを気遣いながら一緒に暮らしている。ある日、一見の客・新谷とのセックスで初めてオルガズムを感じたミヤコは、以来、新谷とプライヴェートで会うようになり、サキコが骨折で入院している間に彼を部屋に引きずり込んでしまう。そんなミヤコに疎外感を感じるサキコ。だが、サキコの想いとは裏腹に、ミヤコは新谷との関係に半ば強引にサキコを巻き込もうとする。ところが、いざサキコと新谷が肉体関係を持つようになると、彼女は嫉妬で酒に溺れるようになるのだった。やがて、新谷がふたりの元から去って行った。しかし、そうして初めてミヤコはサキコに彼女への愛を告白することが叶う。漸く、素直に愛し合うことが出来るようになったふたり。だがそんな矢先、ミヤコが客に殺されてしまう。ひとり、ミヤコの火葬に立ち会ったサキコは、遺骨の中から彼女の喉仏を拾い上げる。

関連するキネマ旬報の記事

2002年4月下旬号

日本映画紹介/外国映画紹介:贅沢な骨

2001年8月下旬号

HOT SHOTS:つぐみ(「贅沢な骨」)