男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ギプス

  • ぎぷす
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    67.2点(16人)

  • 観たひと

    36

  • 観たいひと

    8

  • レビューの数

    0

基本情報

ジャンル エロス / ドラマ
製作国 日本
製作年 2001
公開年月日 2001/2/17
上映時間 82分
製作会社 日本レンタル・システム・サプライ=日本トラステック
配給 シネロケット
レイティング 一般映画
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード
メディアタイプ ビデオ 他
音声
上映フォーマット DV

スタッフ

監督塩田明彦 
脚本堀内玲奈 
塩田明彦 
製作斎藤晃 
遠藤久典 
プロデューサー中島進 
荒川礼子 
協力プロデューサー定井勇二 
松田広子 
撮影鈴木一博 
美術松本知恵 
音楽ゲイリー芦屋 
録音臼井勝 
効果島田宜之 
照明鈴木一博 
編集石谷岳寛 
塩田明彦 
スタイリスト小倉久乃 
制作担当安田憲邦 
助監督西村和明 
スチール平野晋子 

キャスト

出演佐伯日菜子 長谷川環
尾野真千子 大下和子
山中聡 伊藤
津田寛治 教師
黒沼弘己 菅沼
手塚とおる 沖島
神林理央子 里美
竹本直美 山村
居原田眞美 小島

解説

ギプスをはめた美しい女と、彼女に魅せられた女の危うい関係を描く官能ドラマ。監督は「月光の囁き」の塩田明彦。脚本は堀内玲奈と塩田監督の共同。撮影を「東京ゴミ女」の鈴木一博が担当している。主演は、「センチメンタルシティマラソン」の佐伯日菜子と「EUREKA」の尾野真千子。尚、本作は『ラブシネマ』の第5弾作品として、製作・公開された。DV作品。ビデオプロジェクターによる上映。

あらすじ

松葉杖にギプスといういでたちの女・環の手助けをしたことがきっかけで、彼女の不思議な魅力の虜となってしまった和子。環のギプスが男たちの気を惹くための偽物だと知ってからも、彼女は勝手気ままに振る舞う環を理解したくて、近づきたくて、彼女に奉仕することに喜びを感じるようになっていく。そんなある日、環が男を殺害した。環の後をつけていた和子は、環に気づかれないよう物的証拠を持ち去ると、ひとつのゲームを仕掛ける。それは、環を強請ること。だが、環は脅迫状に書かれた要求額500万の手配を和子に手伝わせたのだ。なす術も無く環の誘惑に落ち、ギプスをはめ男たちを誘う和子。そんな男たちをスタンガンで気絶させ、財布を盗む環。金は面白いように集まった。ところが、目標額を目前に環がゲームを放棄する。裏切られた気持ちの和子は、環を乗せた車を壁に激突させてしまうのだった。1ヶ月後、退院したふたりの立場は逆転したかのように見えた。和子の車椅子を押して歩く環に、行き先を命じる和子。彼女にとって、それはふたりの新しい関係の出発の筈だった。しかし、環は知っていたのだ。和子が殺人の証拠を握っていたことを。その証拠を取り戻していた環は、車椅子の和子を残し、歩き去って行く。

関連するキネマ旬報の記事

2001年3月下旬号

新作紹介:尾野真千子(「ギプス」) インタビュー

劇場公開映画批評:ギプス

2001年2月下旬決算特別号

新作紹介:ギプス