男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

地雷を踏んだらサヨウナラ

  • じらいをふんだらさようなら
  • One Step on A Mile, It's All Over
  • One Step on A Mile, It's All Over

amazon


  • 平均評点

    72.5点(74人)

  • 観たひと

    179

  • 観たいひと

    16

  • レビューの数

    11

基本情報

ジャンル 戦争
製作国 日本
製作年 1999
公開年月日 1999/12/4
上映時間 111分
製作会社 チームオクヤマ(制作協力 グループ現代=武雄テレビ)
配給 シネカノン
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 DTS
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督五十嵐匠 
脚本丸内敏治 
五十嵐匠 
原作一ノ瀬泰造 
エクゼクティブ・プロデューサー中村雅哉 
プロデューサー奥山和由 
撮影岡雅一 
美術柴田博英 
音楽安川午朗 
録音武進 
音響効果渡部健一 
照明山川英明 
編集川島章正 
衣裳福田明 
目代博昭 
アソシエイト・プロデューサー大山幸英 
桜井勉 
助監督田中徹 
スクリプター牧野千恵子 
スチール佐藤芳夫 

キャスト

出演浅野忠信 一ノ瀬泰造
ソン・ダラカチャン チェット・セン・クロイ(ロックルー)
ロバート・スレイター ティム・ヒル
ペン・ファン マダム
川津祐介 一ノ瀬清二
市毛良枝 一ノ瀬信子
羽田美智子 一ノ瀬淑乃
ボ・ソンフン レ・ファン
三輝みきこ 一ノ瀬紀子
山田咲耶 一ノ瀬久美子
矢島健一 松山
ピンヨウ・ジェーンソンブーン チャンナ
オーパ・ジェーンソンブーン ソッタ

解説

70年代初頭のインドシナ半島の動乱期を背景に、実在の日本人フォト・ジャーナリスト、一ノ瀬泰造の生き様を描いた青春ドラマ。監督は「サワダ 青森からベトナムへピュリッツァー賞カメラマン沢田教一の生と死」の五十嵐匠。脚色は「明日なき街角」の丸内敏治と五十嵐監督の共同。撮影を岡雅一が担当している。主演は「白痴」の浅野忠信。

あらすじ

72年、民族解放軍クメール・ルージュと政府軍との闘争が激化するカンボジアの首都プノンペン。25歳のフリーカメラマン・一ノ瀬泰造は、解放軍の聖地である遺跡アンコールワットの撮影に燃えていた。そんな彼の心の支えになっていたのは、親友の高校教師・ロックルーや彼の親類でレストランを営むマダム、そしてソッタとチャンナの幼い兄弟を初めとする子供たちだ。その子供たちがロケット弾の犠牲になったことで、益々アンコールワットへの想いを強めていった泰造は、しかし政府軍によって国外退去を命じられてしまう。カンボジア以上に戦火の激しいベトナムへ移った後、姉の結婚式に出席する為に一時帰国する泰造。だが、アンコールワットへの想いを断ち切れない彼は、再び戦地へ旅立つ。毎日新聞の松山記者の計らいで、カンボジアに密入国を果たした泰造は、ロックルーの結婚式に出席した後、「地雷を踏んだらサヨウナラ」という言葉を残してジャングルの中に入っていく。ところが、彼はクメール・ルージュに捕まってしまう。必死の思いで逃走を試み、遂にアンコールワットを目にすることが叶う泰造。だがその時、彼の背後には追いついた兵士が銃を構えていた----。

関連するキネマ旬報の記事

2000年3月上旬号

日本映画紹介:地雷を踏んだらサヨウナラ

2000年1月上旬新年特別号

劇場公開映画批評:地雷を踏んだらサヨウナラ

1999年12月上旬号

COMING SOON:地雷を踏んだらサヨウナラ