男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

男はつらいよ 寅次郎夢枕

  • おとこはつらいよとらじろうゆめまくら
  • Tora-san's Dream-Come-True
  • Tora-san's Dream-Come-True

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    74.5点(160人)

  • 観たひと

    239

  • 観たいひと

    9

  • レビューの数

    32

基本情報

ジャンル ドラマ / コメディ
製作国 日本
製作年 1972
公開年月日 1972/12/29
上映時間 95分
製作会社 松竹映画
配給 松竹
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督山田洋次 
脚本山田洋次 
朝間義隆 
原作山田洋次 
企画高島幸夫 
小林俊一 
製作島津清 
撮影高羽哲夫 
美術佐藤公信 
音楽山本直純 
録音中村寛 
照明青木好文 
編集石井巌 
助監督五十嵐敬司 
スチル堺謙一 

キャスト

出演渥美清 車寅次郎
倍賞千恵子 さくら
松村達雄 竜造
三崎千恵子 つね
前田吟 諏訪博
八千草薫 志村千代
米倉斉加年 岡倉金之助
太宰久雄 梅太郎
津坂匡章 
佐藤蛾次郎 源公
笠智衆 御前様
田中絹代 旧家の奥様
吉田義夫 親分
河村憲一郎 高垣刑事
清水将夫 湯中教授

解説

“男はつらいよ”シリーズ第10作。この作品で始めて寅さんに本格的な恋敵が登場し、奇妙な三角関係を繰り広げ、あげくに寅さんが惚れられてしまう。脚本は「男はつらいよ 柴又慕情」の朝間義隆、監督は脚本も執筆している「故郷」の山田洋次、撮影も同作の高羽哲夫がそれぞれ担当。

あらすじ

晩秋の甲州路を今日も旅する香具師の寅。ある旧家でその家の奥さんと雑談の最中に昔、寅と同じ香具師仲間が、この地で行き倒れ同然の死に方をした事を聞き、その墓を詣でる。寅は急に故郷、柴又に帰りたくなり、矢も楯もなく柴又に戻ってしまった。“とらや”に帰ってみると、二階の部屋は、御前様の甥でT大の助教授岡倉が貸りており、気分を害した寅は家を出ようとする。その時、幼な馴染の千代がすっかり美しくなって訪ねて来たので、とたんに気嫌が良くなってしまう。千代は二年程前に離婚して、つい一ヵ月前から近くに美容院を開店したばかりなのである。それを聞いた寅は、急に張り切り始め、毎日のように美容院を訪ね千代の面倒をみるようになる。ところが、やっかいな事が起った。岡倉が千代に惚れてしまったのである。そうと気付いた寅は、岡倉の惚れた弱味を突っつき、さかんにからかう。アメリカ留学を棒に振ってもこの恋を実らせたいという真剣な想いはいよいよ重症になり、とうとう寝こんでしまった。やがて、病いの床に寅を呼んだ岡倉は、全てを「告白」し、千代との仲をとりもってくれと懇願する。断わりきれなくなった寅は、千代をデートに誘い話をきり出した。岡倉の恋する気持ちを伝えようと「あらかた察しはついているんだろうけど……」と言うと、千代は寅のプロポーズと感違いしてしまい、「寅さんとなら一緒に暮したい」と返事する。さてあわてたのは寅の方で必死で岡倉の話を推めるが、別れたあとで何か割切れない寂しさが残った。「ああ……しまったなァ」まさか千代が自分に好意を寄せていたなんて、と思っても全て後の祭り、寅は岡倉に報告してから一人部屋に閉籠もり後悔するのだった。それを静かに見守るさくら。数日後、岡倉は正式に千代からの断りの返事を受けて、傷心のうちにアメリカ留学へと旅立っていった。寅はまた再会した登と一緒に北風の中へと旅をつづけていた。“とらや”では寅からの年賀状を読みながら、今日もまた噂話に話が咲いていた。

関連するキネマ旬報の記事

1973年2月下旬号

映画批評:男はつらいよ 寅次郎夢枕

1973年1月下旬正月特別号

日本映画紹介:男はつらいよ 寅次郎夢枕

1973年1月上旬新年特別号

グラビア:男はつらいよ/寅次郎夢枕

シナリオ:男はつらいよ 寅次郎夢枕