男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

やくざの詩

  • やくざのうた
  • The Poem of the Blue Star
  • The Poem of the Blue Star

amazon


  • 平均評点

    67.0点(10人)

  • 観たひと

    20

  • 観たいひと

    1

  • レビューの数

    1

基本情報

ジャンル アクション
製作国 日本
製作年 1960
公開年月日 1960/1/31
上映時間 87分
製作会社 日活映画
配給 日活
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督舛田利雄 
脚本山田信夫 
企画坂上静翁 
撮影藤岡粂信 
美術佐谷晃能 
音楽黛敏郎 
録音中村敏夫 
照明藤林甲 
編集辻井正則 

キャスト

出演小林旭 滝口哲也
芦川いづみ 水町道子
金子信雄 水町義雄
南田洋子 北野由美
和田浩治 藤本透
二谷英明 相川一郎
垂水悟郎 相川次郎
内藤武敏 佐伯重三郎
山田禅二 マネージャー
木島一郎 安田
深江章喜 五郎
柳瀬志郎 サブ
林茂朗 幹部A
瀬山孝司 幹部B
松本染升 黒沢組社長
宮崎準 宮本
黒田剛 乾分A

解説

「男が命を賭ける時」の共同脚色者・山田信夫のオリジナル・シナリオを、「「黒い落葉」より 青春を吹き鳴らせ」の舛田利雄が監督した、小林旭のアクション・ドラマ。撮影も「「黒い落葉」より 青春を吹き鳴らせ」の藤岡粂信。

あらすじ

佐伯組のやくざ安田が何者かに射たれた夜、滝口哲也と名乗る男がピアノ弾きと称して佐伯組にもぐり込んだ。哲也は安田をすばやく治療した。かつて若く、将来を嘱望された医師哲也は、或日何の遺恨もないやくざに恋人を殺された。その日から哲也は狂ったようにそのやくざを追った。佐伯組に入ったのもその為だった。安田が倒れたのは黒沢組との不和が原因だった。佐伯組に出入りするアル中の老医水町にはインターンに通う清純な娘道子がいた。佐伯組と黒沢組との不和に乗じた相川一郎という拳銃ブローカーが出入りを始めた。昔、哲也に命を助けられた相川は、今もなお哲也が恋人を撃ったスペイン製のゲルニカの弾丸を求めていることを知り愕然とした。日本に三つしかないというゲルニカを弟の次郎は持っている。しかし次郎は兄の忠告を嘲い、翌日哲也を狙った。哲也は腕をかすったゲルニカの弾丸にこおどりした。次の夜、ゲルニカの弾丸は哲也をそれて水町医師を倒した。その夜次郎を客人とした黒沢組が佐伯組を襲った。哲也は宿敵ゲルニカと対決した。一瞬、次郎の拳銃が飛び、一郎が次郎の助命を乞うた。次の夜の決闘を哲也に約した次郎は、情婦由美を訪ねた。高飛びの同行を拒まれ、カッとした次郎が襲いかかろうとした瞬間、次郎の腕は不気味な音をたてて折れた。しかもそれは醜い義手だった。次郎は由美を倒すと、哲也を求めて決闘場に足を運んだ。暗闇の中、勝ち誇った次郎は死体を見てがく然とした。それは哲也へ昔の借りを返した兄の姿だった。次郎と哲也は対峙した。次郎の一発が哲也の首にかかったゲルニカの弾丸をはねた。復讐の呪いは解けた。銃を捨てた哲也に次郎が迫った。しかし、由美を慕うチンピラの透に次郎は撃たれた。次郎を救おうと哲也は必死に手術した。医者としても必死の再起だった。道子が歓びの声をあげた。夜明けの太陽が赤く輝き、次郎がうっすらと眼を開いた。

関連するキネマ旬報の記事

1960年2月下旬号

日本映画紹介:やくざの詩