男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

二谷英明

  • Hideaki Nitani
  • 出演/製作
本名
出身地 京都府舞鶴市
生年月日 1930年1月28日
没年月日 2012年1月7日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

長崎放送のアナウンサーを経て、第3期ニューフェイスに合格し、1956年日活に入社。同年の古川卓巳監督作「沖繩の民」で俳優デビュー。1957年の鈴木清順監督「浮草の宿」で主役に抜擢、以後日活の石原裕次郎、小林旭の主演映画での敵役などで活躍した。赤木圭一郎亡き後は、“ニュー・ダイヤモンド・ライン”の一翼として、“ダンプ・ガイ”の愛称のもと、「ろくでなし野郎」「散弾銃(シヨツトガン)の男」「追跡」「「野獣の門」(1961)、「兄貴」「黒いダイス」「拳銃は淋しい男の歌さ」(1962)、「午前零時の出獄」「アリバイ」(1963)、「噂の風来坊」「間諜(スパイ)中野学校・国籍のない男たち」「死にざまを見ろ」「殺られてたまるか」「夜霧の脱出」(1964)、「ギャングの肖像」(1965)に主演する。1971年に日活を退社しフリーとなる。テレビでは1977年に始まる『特捜最前線』での演技で人気を博す。「片翼だけの天使」(1986)「ドン松五郎の大冒険」(1987)ではプロデューサーも担当した。2012年1月7日肺炎のために死去。

キネマ旬報の記事

2012年12月上旬号

追悼 7人の名優に贈る最期の言葉:二谷英明

1986年5月下旬号

特集 片翼だけの天使:対談 舛田利雄×二谷英明

1986年2月上旬号

フロント・ページ:

1982年10月上旬号

にっかつ創立70周年記念巻頭特集:スター・インタビュー 二谷英明

1974年3月上旬号

日活アクションの華麗な世界:第46回 二谷英明・その華麗なる助演歴

1961年7月下旬号

リレー・スピーチ:

1961年1月下旬号

旬報無題欄:雪の郷愁