男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

水の旅人 侍KIDS

  • みずのたびびとさむらいきっず
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    60.1点(76人)

  • 観たひと

    159

  • 観たいひと

    8

  • レビューの数

    8

基本情報

ジャンル SF / ファンタジー
製作国 日本
製作年 1993
公開年月日 1993/7/17
上映時間 106分
製作会社 フジテレビ=オフィス・トゥー・ワン=東宝作品(製作協力*ライトヴィジョン)
配給 東宝
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビー
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督大林宣彦 
脚本末谷真澄 
原作末谷真澄 
企画堀口壽一 
高井英幸 
製作村上光一 
海老名俊則 
堀内實三 
プロデュース河井真也 
豊田俊穂 
島谷能成 
プロデューサー茂庭喜徳 
撮影阪本善尚 
美術竹中和雄 
イメージデザイン薩谷和夫 
音楽久石譲 
中山美穂:(「あなたになら…」)
音響効果林昌平 
照明高野和男 
編集大林宣彦 
監督補小倉洋二 
助監督國重和人 
スチール笹田和俊 

キャスト

出演山崎努 墨江少名彦
吉田亮 楠林悟
伊藤歩 楠林千鶴子
原田知世 村田由紀
風吹ジュン 楠林優子
岸部一徳 楠林文博

解説

時空を越えてやって来た一寸法師のような小さな侍と少年との交流を、自然保護などのテーマを織り込みながら描くSFファンダジー。監督は「はるか、ノスタルジィ」の大林宣彦。末谷真澄の原作『雨の旅人』(マガジンハウス・刊)をもとに、末谷が脚本。撮影は「はるか、ノスタルジィ」の阪本善尚が担当。全篇の九〇%が合成シーンで、一寸法師のような少名彦役に「僕らはみんな生きている」の山崎努が挑戦している。主人公の少年とその姉役はそれぞれオーディションにより新人が選ばれ、また原田知世が「時をかける少女(1983)」以来久々に大林映画に出演したのも話題となった。

あらすじ

小学二年生の楠林悟(吉田亮)は、姉・千鶴子(伊藤歩)に野球の球拾いに駆り出された川原で、雷に打たれて動かなくなった身長十七センチの小さな老武士(山崎努)を助けた。悟のおかげで息を吹き返した武士は墨江少名彦(すみのえのすくなひこ)と名乗り、自分は水源からやって来た水の精で、海を目指していると語る。悟は父・文博(岸部一徳)や学校の由紀先生(原田知世)から一寸法師の話を聞く。一方、少名彦は楠林家を探検し、ゴキブリやカラスと戦ったり、猫のホースケと戯れたり、悟に勇気や自然への優しさを教えたりするが、体は日増しに弱まっていった。そんな少名彦を助けようと、悟は春の学校キャンプ先できれいな水を求めて山の奥に入るが、その時に地震が起こり、悟は姉の野球ライバル・みゆきと共に豪雨の中取り残されてしまう。激流に飲みこまれる悟を助けたのは、駆けつけて来た少名彦だったが、そのため少名彦は瀕死の状態に。悟は由紀先生が奪ったパトカーに千鶴子と共に同乗し、少名彦を助けるため水源に向かう。洞窟の奥深く入り、水源の水を浴びた少名彦は、無事新たに生まれ変わり、海を目指して旅立つ。こうして気弱な少年だった悟は、この夏の少名彦との交流を通して、たくましく成長したのだった。

関連するキネマ旬報の記事

1993年9月下旬号

日本映画批評:水の旅人・侍KIDS

日本映画紹介:水の旅人・侍KIDS

1993年7月下旬号

グラビア《New Release》(新作映画紹介):水の旅人・侍KIDS

特集 水の旅人 侍KIDS:撮影現場ルポ

特集 水の旅人 侍KIDS:「水の旅人」とハイビジョンSFX

1993年5月下旬号

撮影現場訪問:水の旅人 KIDS