男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

バカヤロー!4 YOU! お前のことだよ

  • ばかやろーふぉーゆーおまえのことだよ
  • ----
  • ----

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    44.3点(26人)

  • 観たひと

    57

  • 観たいひと

    4

  • レビューの数

    2

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 1991
公開年月日 1991/9/14
上映時間 97分
製作会社 光和インターナショナル
配給 松竹
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督太田光:(「泊まったら最後」)
加藤良一:(「カラダだけの男」)
明石知幸:(「サギるなジャパン」)
脚本森田芳光 
製作総指揮森田芳光 
企画鈴木光 
製作鈴木光 
プロデューサー青木勝彦 
三沢和子 
杉崎隆行 
撮影前田米造 
美術大嶋修一 
音楽東京おとぼけCATS:(「泊まったら最後」)
近田春夫:(「カラダだけの男」)
久米大作:(「サギるなジャパン」)
録音橋本文雄 
柴山申広 
照明矢部一男 
編集奥原好幸 
助監督北川敬一 
篠原哲雄 
スチール安保隆 

キャスト

出演春風亭小朝「泊まったら最後」小西源吉
真行寺君枝「泊まったら最後」小西おとめ
松永光代「泊まったら最後」津山直子
田中裕二「泊まったら最後」高橋洋
比嘉ひとみ「泊まったら最後」倉西洋子
後藤直樹「泊まったら最後」緑川理史
春風亭あさ市「泊まったら最後」黒部守
萩原正人「泊まったら最後」長尾圭三
川添法臣「泊まったら最後」桃井健
沢田研二「カラダだけの男」白石はじめ
松田美由紀「カラダだけの男」白石輪子
尾藤イサオ「カラダだけの男」中古屋のオヤジ
伊佐山ひろ子「カラダだけの男」白石の同僚の妻
大久保鷹「カラダだけの男」下田陽介
石丸謙二郎「カラダだけの男」松川
蛭子能収「カラダだけの男」石原
岩松了「カラダだけの男」和倉三郎
ひさうちみちお「カラダだけの男」人間ドッグの先生
ユン・ピョウ「サギるなジャパン」ホイ
原久美子「サギるなジャパン」美根
イッセー尾形「サギるなジャパン」アンケートの男
寺田農「サギるなジャパン」ママ
田中博樹「サギるなジャパン」山崎
李思行「サギるなジャパン」チョイ
A・K・M・ハッサン・ジャビル「サギるなジャパン」プー
ダリオ・ポニッシ「サギるなジャパン」ホセ
アハメッド・アブド・ザイード「サギるなジャパン」ある客

解説

現代人のストレスをテーマに、主人公が「バカヤロー!」と叫ぶまでのシチュエーションを描くオムニバス第4弾。総指揮・脚本は「おいしい結婚」の森田芳光。監督はコントグループ“爆笑問題”の太田光(第1話)、CM出身の加藤良一(第2話)、森田組出身の明石知幸(第3話)でいずれも本作が映画デビュー。撮影監督は「おいしい結婚」の前田米造がそれぞれ担当。

あらすじ

〔第1話「泊ったら最後」〕最近、流行のオシャレなペンション。現代を代表するような男女のグループがそれぞれの期待を胸に秘め、高原の駅に降り立つ。しかし、そこにはサディスティックなオーナー・小西とその妻が浮かれ気分の客を待ち受けていた。到着するなり、勝手に部屋割りをしたり、無理矢理ペンションの歌を唄わせたりと、やることすべてが一方的。さらに夕食はひどく、ゲームをやれば小西の一人勝ちで客から現金を巻き上げてしまう始末。そして客たちの怒りは限度を越え、「バカヤロー!」と叫ぶ。 〔第2話「カラダだけの男」〕ゴミゴミした東京を嫌い、故郷である越後湯沢から通勤するほど異常な潔癖症のサラリーマン・白石。会社での彼の評価はすこぶる高く、商品企画や何やらと彼の存在価値は益々高まるばかり。そんな功を成してか、会社の命令によりやむなく上京するはめになった白石とその妻・輪子。しかし「満員電車には乗れない」「人工的な食べ物は口に出来ない」「空気は吸えない」と、白石のイライラは募るばかり。そんな白石の潔癖症によって、それまでは正常だった輪子は次第に精神破綻をきたしていくのだった。 〔第3話「サギるなジャパン」〕日本語を勉強する為に香港からやって来た留学生のホイは、アルバイトをクビなったり、宗教勧誘のアンケートに引っ掛かったりと、踏んだりけったりの毎日。そんな彼の前に突然現れたセクシー美女・美根。ホイは彼女にメロメロになってしまうが、美根はなかなか最後の一線を越えさせてくれない。それどころか美根はホイに、印鑑や車やスポーツクラブの会員券を巧妙に買わせていく。やがて美根がサギ師である事に気づくホイだったが、その時にはすでに美根の姿はなく、怒りが込み上げたホイは「バカヤロー!」と叫ぶのだった。

関連するキネマ旬報の記事

1991年11月上旬号

日本映画紹介:バカヤロー!4