男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

東京上空いらっしゃいませ

  • とうきょうじょうくういらっしゃいませ
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    68.3点(119人)

  • 観たひと

    212

  • 観たいひと

    27

  • レビューの数

    20

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 1990
公開年月日 1990/6/9
上映時間 109分
製作会社 ディレクターズ・カンパニー=松竹第一興行=バンダイ
配給 松竹
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督相米慎二 
脚本榎祐平 
企画宮坂進 
プロデューサー海野義幸 
安田匡裕 
撮影稲垣涌三 
美術小川富美夫 
音楽村田陽一 
小笠原みゆき 
音楽プロデューサー安室克也 
主題歌井上陽水:(「帰れない二人」)
録音野中英敏 
照明熊谷秀夫 
編集北沢良雄 
助監督細野辰興 
スチール安保隆 
堂地勝巳 

キャスト

出演中井貴一 雨宮文夫
牧瀬里穂 神谷ユウ
笑福亭鶴瓶 コオロギ
笑福亭鶴瓶 白雪恭一
毬谷友子 田中郁子
出門英 早瀬俊夫
竹田高利 和田毅
藤村俊二 橋本勝
工藤正貴 中野豊
谷啓 川村
三浦友和 雨宮武夫

解説

一度は天国へ行ったものの、気のいい死神をだまして地上へ舞いもどった少女の姿をファンタスティックに描く。脚本は新人の榎祐平が執筆。監督は「光る女」の相米慎二。撮影は稲垣湧三がそれぞれ担当。

あらすじ

キャンペーンの最中にキャンペーンガールのユウは、スポンサーの好色な専務白雪恭一の魔手から逃れようと、自動車からとび出した瞬間、後続の車にはねられ、死んでしまう。街にあふれる看板やポスターや写真や音楽をそのまま残してユウの魂は東京上空へと舞い上っていってしまった。広告代理店の担当雨宮文夫や白雪たちは、事故をひたすら隠してキャンペーンを続けることにし、後始末に奔走する。一方、天国に昇ったユウは、白雪とウリ二つの死神コオロギをしっかりだまして地上に舞い戻った。しかも、事故の知らせを聞いて右往左往している文夫のマンションに現われたのだった。唖然としてうろたえる文夫。ユウはユウで戻ったものの、自分はもう死んでいることになっているのだ。家にも帰れず、学校にも行けない。文夫は、そんなどこにも帰れないユウと同居しながら、ユウの事故死の後始末をするはめになってしまうのだった。ちょうどそのころ、だまされたと知ったコオロギは、ユウに付きまといながら、あの世へ連れ戻そうと説得したり、おどしたりと奮闘するのだった。それでもユウはけなげに、新しい自分として一から生きてゆこうと頑張るのである。文夫はそんなユウがいじらしくなってきた。このままユウを抹殺してしまうのが耐えられなくなってくるのだった。文夫は、死んだはずのユウを白雪の所へ連れて、茫然とする白雪に、事故現場の写真と引き換えにユウのキャンペーンを続行させる取り引きをもちかけるのだった。その夜、やっと自分を取り戻したことを感じたユウは天国に行くことを決心し、コオロギと共に東京上空を舞い上っていくのだった。

関連するキネマ旬報の記事

1990年7月下旬号

日本映画批評:東京上空いらっしゃいませ

1990年7月上旬号

日本映画紹介:東京上空いらっしゃいませ

1990年6月上旬号

グラビア:東京上空いらっしゃいませ

特集 日本映画の可能性 インディペンデント製作の話題の3本:東京上空いらっしゃいませ 監督ティーチイン

特集 日本映画の可能性 インディペンデント製作の話題の3本:東京上空いらっしゃいませ 作品論

1990年4月下旬号

試写室:東京上空いらっしゃいませ