男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

人生とんぼ返り(1955)

  • じんせいとんぼがえり
  • Such is Life
  • ----

amazon


  • 平均評点

    72.1点(24人)

  • 観たひと

    37

  • 観たいひと

    2

  • レビューの数

    6

基本情報

ジャンル 伝記 / アクション
製作国 日本
製作年 1955
公開年月日 1955/11/1
上映時間 117分
製作会社 日活
配給 日活
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ モノクロ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

出演森繁久彌 段平
山田五十鈴 お春
左幸子 おきく
河津清三郎 沢田正二郎
森健二 兵庫市
水島道太郎 倉林仙太郎
山田禅二 徳次郎
美川洋一郎 高島
本郷秀雄 太田
小林重四郎 金井
芦田伸介 
澤村國太郎 医者
加藤智子 氷屋の婆さん
福田トヨ 梳髪の女
雨宮節子 小女
藤代鮎子 新蝶々の女
河上信夫 興行師
雪岡純 興行師
広岡三栄子 芸者

解説

新国劇の殺陣師市川段平の半生を描く。長谷川幸延の原作を「赤城の血祭」のマキノ雅弘が脚色監督し、「おしゅん捕物帖 謎の尼御殿」の高村倉太郎が撮影を担当した。主なる出演者は「夫婦善哉」の森繁久彌、「花ひらく(1955)」の山田五十鈴、「女中ッ子」の左幸子、「志津野一平 愛欲と銃弾」の河津清三郎、「自分の穴の中で」の広岡三栄子、「三つの顔」の水島道太郎など。

あらすじ

大正末期、沢田正二郎が新国劇で売出した頃、大阪の殺陣師市川段平は、梳髪屋を開く女房お春、雇い娘おきくと共に貧しいが男の意気一本に生きる生活を送っていた。沢正は舞台の剣戟に新らしい写実的な様式を導入しようとし、段平も新らしい型の創造に苦心したが、ある日沢正が土地の不良を投げ飛ばしたことからヒントを得て、真に迫った殺陣をつけることが出来た。つづいて東京「明治座」へ沢正が出ることになり、段平も勇んで上京したが、その出しものは「桃中軒雲右エ門」、剣戟場面がないので段平は失望するのだった。五年後、沢正は南座に「国定忠治」をひっさげて公演することになった。しかし段平は中風で重態となり、晴れの舞台に殺陣をつけることが出来ない。開幕が迫り沢正が失望していた矢先、雇い娘のおきくが駈け込んで来た。段平の型を教わり、それを伝えるために来たのである。彼女は、段平そのままの殺陣を演じ、沢正を驚ろかせた。舞台を終え、病床に駈けつけた沢正の手を握り、自分を父と思うおきくに見とられながら殺陣師段平は大往生をとげた。

関連するキネマ旬報の記事