男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

マキノ雅弘

  • Masahiro Makino
  • 監督/脚本/原作/製作
本名 牧野 正唯
出身地 京都市上京区千本通一条上ル
生年月日 1908/02/29
没年月日 1993/10/29

関連作を買う

関連作を買う

略歴

【日本映画を代表する娯楽映画の名匠】本名・牧野正唯。京都の生まれ。“日本映画の父”牧野省三の長男。ペンネームは、正博、雅弘、雅裕、雅広と4度改名した。日本活動写真株式会社の京都撮影所長となった省三のもとで子役として働く。4歳のころから20歳まで169本の映画に出演。京都市立第一商業を25年に卒業、助監督兼俳優として父を補佐する。26年、18歳の時に「青い眼の人形」で監督デビュー。28年には「蹴合鶏」「崇禅寺馬場」「浪人街/第一話・美しき獲物」という3本の野心作を発表。江戸の裏町を舞台にアナーキーな浪人たちの人間模様をリアルに描いた「浪人街」が早くもキネ旬ベスト・テン1位。この時は20歳。脚本の山上伊太郎は23歳、撮影の三木稔は25歳。“マキノ青春トリオ”の時代劇は革命的と言われた。しかし、29年、父が多額の負債を残して死去。今までの自由な創作活動は中止し、各社を転々として娯楽作を撮るようになる。35年、マキノ・トーキーを設立。父の借金返済のため2年足らずで23本撮って37年に解散。日活に入社して「鞍馬天狗」「忠臣蔵」(38)、40年フリーとなって東宝で「昨日消えた男」「家光と彦三」(41)と大ヒット作を撮る。さらに「男の花道」(41)、長谷川一夫の「待って居た男」「婦系図・前後篇」(42)と東宝のドル箱監督となる。【"次郎長"から"高倉健"まで】戦後は「千日前附近」(45)、「待ちぼうけの女」(46)などを撮り、47年フリーとなる。同年、弟が東横映画を設立、誘われて「金色夜叉・前後篇」(48)を撮る。覚醒剤を打ちながら不眠不休で完成したものの、ヒロポン中毒となる。50年、東横に復帰し、黒澤明の脚本で「殺陣師段平」を撮る。52年から54年までは東宝で、次郎長映画の最高峰となる「次郎長三国志」シリーズ9本を撮った。以降も手を替え品を替えて何度もリメイクすることになる。57年に弟が亡くなると、69年「花と竜」まで東映の撮影所以外では映画を撮らなかった。「日本侠客伝」(64)は東映任侠映画の隆盛をもたらした最初のシリーズであり、全11本のうち9作目「同・花と龍」(69)までを演出。マキノ流のいなせな世界に生きる人々を描くとともに、主演の高倉健の人気を不動のものとした。ほかに「昭和残侠伝」シリーズは、「血染の唐獅子」(67)、「同・唐獅子仁義」(69)、「死んで貰います」(70)と3本、そして、藤純子引退記念オールスター「関東緋桜一家」(72)を最後にスクリーンから去り、活躍の舞台をテレビに移した。ちなみに90年、黒木和雄監督が映画化した「浪人街」では“総監修”としてバックアップした。

キネマ旬報の記事

2008年2月上旬1500号記念特別号

見逃してはいけない@スカパー!:「日本アカデミー賞授賞式 完全版」「マキノ雅弘監督特集」「チロルの挽歌」

1999年5月上旬号

COMING SOON SPECIAL GW映画に走れ!:成瀬巳喜男とマキノ雅弘

1997年臨時増刊 天晴れ!時代劇

時代劇本リスト:マキノ省三・雅弘の本

1994年臨時増刊 忠臣蔵 映像の世界

忠臣蔵映画史:マキノ雅広監督インタビュー

1993年12月下旬特大号

追悼特集 マキノ雅広:

追悼特集 マキノ雅広:座談会 岡本喜八×澤井信一郎

追悼特集 マキノ雅広:アンディ・ラウ インタビュー

追悼特集 マキノ雅広:証言 マキノ雅広の演出術 TVドラマ「ああ、にっぽん活動大写真」より

1992年9月上旬号

巻頭企画 にっかつ創立80周年記念特集:スター・スタッフが語るわが青春の日活映画 吉永小百合・渡哲也・浅丘ルリ子・宍戸錠・フランキー堺・南田洋子・和泉雅子・三國連太郎・宮下順子・水の江滝子・マキノ雅弘・蔵原惟繕・舛田利雄・今村昌平・長谷部安春・神代辰巳・高村倉太郎・姫田真佐久

1991年12月下旬号

特別企画 忠臣蔵:マキノ雅広 インタビュー

1984年12月下旬号

「Wの悲劇」をみて:

1983年5月下旬号

追悼 片岡千恵蔵:マキノ雅裕監督、片岡千恵蔵との思い出を語る

1975年10月上旬秋の特別号

日本映画縦断:第50回 マキノ雅弘メモワール・その4

1975年8月下旬号

日本映画縦断:第49回 マキノ雅弘メモワール・その3

1975年8月上旬号

日本映画縦断:第48回 マキノ雅弘メモワール・その2

1975年7月下旬号

日本映画縦断:第47回 マキノ雅弘メモワール・その1

1972年12月上旬号

シネ・ブラボー:第40回 マキノ雅弘監督訪問10 パリ報告1

1972年11月下旬号

シネ・ブラボー:第39回 マキノ雅弘監督訪問9

1972年11月上旬号

シネ・ブラボー:第38回 マキノ雅弘監督訪問8ほか

1972年10月下旬号

シネ・ブラボー:第37回 マキノ雅弘監督訪問7

1972年10月上旬秋の特別号

シネ・ブラボー:第36回 マキノ雅弘監督訪問6

1972年9月下旬号

シネ・ブラボー:第35回 マキノ雅弘監督訪問5

1972年9月上旬号

シネ・ブラボー:第34回 マキノ雅弘監督訪問4

1972年8月下旬号

シネ・ブラボー:第33回 マキノ雅弘監督訪問3

1972年6月上旬号

シネ・ブラボー:第28回 マキノ雅弘監督訪問2

1972年5月下旬号

シネ・ブラボー:第27回 マキノ雅弘監督訪問1

1972年3月上旬号

グラビア:関東緋桜一家/藤純子/マキノ雅弘

1971年3月20日号増刊 任侠映画大全集

任侠映画を演出する男たちに聞く:マキノ雅弘 いなせの世界と粋の世界

1967年1月上旬新年特別号

特別グラビア '67年-27の顔と言葉:マキノ雅弘

1965年6月上旬号

第一線監督はいまこう考える:近況報告特集

1965年3月上旬号

なくて七癖:13 マキノ雅弘の巻

1961年4月上旬春の特別号

特集 演出における私の角度:内容とスタイル

1960年12月増刊号 日本映画監督特集

マキノ雅弘:マキノ雅弘の歩み

マキノ雅弘:監督四十年の思い出

マキノ雅弘:マキノ雅弘戦後作品総目録

1958年12月下旬号

キネマ旬報無題欄:思いつくままに

1958年12月上旬号

キネマ旬報無題欄:ある青年

1958年7月上旬創刊四十年記念特別号

特集 日本映画を創った人々:マキノ雅弘

1957年2月上旬特別号

入選の思い新たに-16監督のことば:「浪人街」のころ

1955年増刊 日本映画大鑑 映画人篇

監督寸描:マキノ雅弘

1953年10月下旬号

特集グラフィック 映画人クロースアップ:マキノ雅弘

1953年4月上旬春の特別号

映画人クロースアップ(グラフィック):マキノ雅弘

1952年7月上旬夏季特別号

忙しいマキノ雅弘:愚問賢答第5回