男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

浮雲(1955)

  • うきぐも
  • The Floating Cloud
  • The Floating Cloud

amazon


  • 平均評点

    81.8点(374人)

  • 観たひと

    531

  • 観たいひと

    61

  • レビューの数

    84

基本情報

ジャンル 文芸 / ドラマ
製作国 日本
製作年 1955
公開年月日 1955/1/15
上映時間 123分
製作会社 東宝
配給 東宝
レイティング 一般映画
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ モノクロ/スタンダード
メディアタイプ フィルム
音声 モノラル
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督成瀬巳喜男 
脚色水木洋子 
原作林芙美子 
製作藤本真澄 
撮影玉井正夫 
美術中古智 
音楽斎藤一郎 
録音下永尚 
照明石井長四郎 
監督助手岡本喜八 

キャスト

出演高峰秀子 幸田ゆき子
森雅之 富岡兼吾
中北千枝子 妻邦子
木村貞子 
山形勲 伊庭杉夫
岡田茉莉子 おせい
加東大介 向井清吉
瀬良明 太田金作

解説

林芙美子の代表作を「山の音」の水木洋子が脚色し、「晩菊」の成瀬巳喜男が監督する。撮影は「ゴジラ(1954)」の玉井正夫、音楽は「不滅の熱球」の斎藤一郎が担当した。出演者は「この広い空のどこかに」の高峰秀子、「悪の愉しさ」の森雅之、「結婚期」の岡田茉莉子、「真実の愛情を求めて 何処へ」の中北千枝子のほか、山形勲、加東大介、木村貞子などである。

あらすじ

戦時中の昭和十八年、農林省のタイピストとして仏印へ渡った幸田ゆき子は、そこで農林省技師の富岡と出会った。富岡には妻がいることを承知の上で二人は愛し合う。やがて終戦となり、妻と別れて君を待っている、と約束して富岡は先に帰国した。おくれて引揚げたゆき子が富岡を訪ねると、彼は妻と別れていないばかりか、その態度は煮え切らなかった。途方にくれたゆき子は或る外国人の囲い者となったが、そこへ富岡が訪ねて来ると、ゆき子の心はまた富岡へ戻って行った。終戦後の混乱の中で、富岡の始めた仕事は巧くゆかなかった。そんな中、外国人と手を切ったゆき子を連れて出かけた伊香保温泉で、「ボルネオ」という飲み屋の主人清吉と懇意になる。ところが富岡はそこで清吉の女房おせいの若い野性的な魅力に惹かれてしまう。ゆき子は直感でそれを悟り、帰京後二人の間は気まずいものになってしまった。その後、妊娠が発覚したゆき子は富岡の引越先を訪ねたが、彼はおせいと同棲していた。失望したゆき子は以前、無理やり肉体関係を迫られた伊庭杉夫に頼らざるをえず、金を借りて中絶手術を行った。入院先でゆき子は、嫉妬に狂った清吉が富岡の家を探しあて、おせいを絞殺したことを知る。退院後彼女は再び伊庭の囲い者となったが、或日落ちぶれた姿の富岡が現れ、妻邦子が病死したと告げるのを聞くとまたこの男から離れられない自分を感じるのだった。数週後、屋久島の新任地へ行く富岡に、体調が思わしくないまま同行したゆき子だったが、病状は悪化の一途を辿り、孤島の堀立小屋の官舎に着いた時には、起き上がることさえできなくなっていた。富岡の帰りを待たず、ゆき子が血を吐いて死んだのは、沛然と雨の降る日であった。富岡はゆき子に死化粧を施すと、初めて声を上げて泣くのであった。

関連するキネマ旬報の記事

1955年3月上旬号

日本映画批評:浮雲

1955年1月下旬号

新作グラフィック:浮雲

日本映画紹介:浮雲

1954年12月上旬号

シナリオ :浮雲