男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

笛吹川

  • ふえふきがわ
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    69.8点(58人)

  • 観たひと

    93

  • 観たいひと

    9

  • レビューの数

    12

基本情報

ジャンル 時代劇
製作国 日本
製作年 1960
公開年月日 1960/10/19
上映時間 117分
製作会社 松竹大船
配給 松竹
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督木下恵介 
脚色木下恵介 
原作深沢七郎 
製作細谷辰雄 
制作補脇田茂 
撮影楠田浩之 
美術伊藤熹朔 
江崎孝坪 
音楽木下忠司 
録音大野久男 
照明豊島良三 
編集杉原よし 

キャスト

出演加藤嘉 おじい
織田政雄 半平
大源寺竜介 半蔵
山岡久乃 ミツ
青木三知子 タケ(十四歳)
矢吹寿子 タケ(成人)
内野しげみ ヒサ(十二歳)
小林トシ子 ヒサ(成人)
斎木新太郎 定平(九歳)
田村登志麿 定平(十六歳)
田村高廣 定平(成人)
高峰秀子 おけい
大谷正行 惣蔵(四・五歳)
高宝財 惣蔵(八歳)
市川染五郎 惣蔵(十六歳-)
亀谷雅敬 安蔵(七歳)
中村万之助 安蔵(十五歳-)
岡本和久 平吉(五歳)
永幡洋 平吉(十三歳)
田中晋二 平吉(十七歳-)
岩井京子 ウメ(十四・五歳)
岩下志麻 ウメ(二十歳-)
渡辺文雄 虚吉
荒木道子 タツ
伊藤弘子 ノブ
川津祐介 次郎
伊藤茂信 久蔵(五歳)
松本幸四郎 上杉謙信
中村勘三郎 武田信玄
武内亨 武田勝頼
浜田寅彦 武田勝頼聖道
井川邦子 御寮人様
山根七郎治 快川
小笠原章二郎 方丈
安部徹 勝やん
原泉 老女
小瀬朗 茂平
市原悦子 黒駒の嫁
小林十九二 権さん
坂東市太郎 老人A
中村福録 老人B
中村駒七 老人C
山崎満 村人一

解説

深沢七郎の同名小説の映画化で、戦国時代を背景に笛吹川のほとりに住む貧農の五代にわたる約六十余年の物語。「春の夢」の木下恵介が脚色・監督した。撮影も「春の夢」の楠田浩之。

あらすじ

戦国時代。甲斐国の笛吹橋の袂に一軒の貧しい家があった。敷居は土手と同じ高さだが、縁の下は四本の丸太棒で土手の下から支えられていて遠くからは吊られた虫籠のように見えるので、村ではギッチョン籠と呼ばれていた。この百姓家には、おじいと婿の半平、孫のタケ、ヒサ、半蔵が住んでいた。もう一人の孫は竹野原に嫁いでいた。おじいは、半蔵がお屋形様(武田信虎)の戦についていき、飯田河原の合戦で手柄をたてたのに大喜びである。お屋形様に生れた男の坊子(ボコ)の後産を埋める大役を半平が申しつかった。おじいがその役をひったくったが、御胞衣を地面に埋める時血で汚し、家来に斬られた。その同じ日、近くの家で赤ん坊が生まれ、その子はおじいの生れ代りと信じられた。やがて、半蔵もおじいと同じ左足に傷を受けてチンバになり、遂には討死してしまった。しかし、戦についていくと褒美が貰えたり、出世したりするので、村の若い者はみんな戦に行きたがっていた。年は移り、ミツの子・定平がおけいを嫁にした。おけいはビッコだったが、よく働いた。そのうち、半平は病死した。歳月は流れた。定平とおけいの間には長い間ボコが生れなかったが、双子嫁の万丈さんが死んだ日、惣蔵が生れた。一年を経て、次男の安蔵が生れた。タケとヒサが死んで惣蔵が三つになった時、ミツが後妻に行った山口屋が大金特になりすぎたためにお屋形に嫉まれて焼打をくった。ミツは殺され、子供タツは娘のノブを連れて甲府を逃げ出し、定平の世話でかくまわれた。タツはお屋形様に恨みを抱き、武田家を呪った。ノブは男に捨てられ、男のボコを生み落したが寺の門前に捨て、死んだ。やがて、定平とおけいの間には三男平吉が生れ、三人の男の子と末娘ウメを抱え、夫婦はオヤテット(手伝いに行くこと)に出て働いた。子供たちは成人し、惣蔵と安蔵は戦に行った。ウメまでも奉公に出てしまった。やがて、信州の高遠城が落ち、惣蔵たちは笛吹橋に敗走してきた。おけいはお屋形様の行列を追って、笛吹川の土手を駈けながら子供たちの名を呼び続けた。しかし、子供たちはふり返ろうともしなかった。涙を拭いながらおけいは行列についていった。行列は天目山をめざした。安蔵と平吉は甲府のお聖道様の許に馬を馳せたが、敵の囲みを破って引き返すのが精一杯だった。二人が戻った時には、惣蔵の子久蔵を抱えたおけいも、ウメも死んでいた。安蔵と平吉は、お屋形様の人たちがたてこもった恵林寺に向ったが、十重二十重にとり囲まれ、火をかけられていた。安蔵と平吉は刺しちがえて倒れた。ノブの子次郎を求めて駈けつけたタツも炎にまかれてしまった。定平がたった一人とり残された。笛吹橋の下で野菜を洗おうとしゃがんた定平の目前に、武田家の旗差物が流れていく。

関連するキネマ旬報の記事

1960年11月下旬号

日本映画批評:笛吹川

1960年10月下旬号

新作グラビア:笛吹川

日本映画紹介:笛吹川

1960年10月上旬秋の特別号

特別口絵:「笛吹川」の木下組

キネマ旬報無題欄:「笛吹川」ロケ行

1960年7月上旬夏の特別号

シナリオ:笛吹川 松竹大船映画

1960年4月下旬号

旬報万年筆:「笛吹川」への期待