男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

薔薇の葬列

  • ばらのそうれつ
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    68.4点(53人)

  • 観たひと

    91

  • 観たいひと

    26

  • レビューの数

    6

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 1969
公開年月日 1969/9/13
上映時間 104分
製作会社 松本プロ=ATG
配給 ATG
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ スタンダード
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督松本俊夫 
脚本松本俊夫 
製作工藤充 
撮影鈴木達夫 
美術朝倉摂 
音楽湯浅譲二 
録音片山幹男 
照明久米成男 
編集岩佐壽彌 

キャスト

出演ピーター エディ
土屋嘉男 権田
小笠原修 レダ
城よしみ ジミー
仲村紘一 ジュジュ
太田サー子 マリー
フラメンコ梅路 グレゴ
卍太郎 ノラ
内山豊三郎 ゲバラ
芝山幹郎 哲学者
彦凪わたる サブ
さとう陽 ラドン
竹永敬一 せむし
小林千枝子 おけい
五味淵澄 ピロ
ドン・マドリッド トニー
東恵美子 テディの母
小松方正 情夫
秋山庄太郎 秋山庄太郎
篠田正浩 篠田正浩
粟津潔 粟津潔
岩崎とよ子 岩崎とよ子
江田和雄 江田和雄
池田竜雄 池田竜雄
藤田繁矢 藤田繁矢
八木治郎 八木治郎
淀川長治 淀川長治

解説

実験映画、記録映画、テレビ、ラジオ等の作品を発表してきた松本俊夫が自から脚本を書き、監督した異色作。撮影は、「キューバの恋人」の鈴木達夫が担当した。

あらすじ

エディは、ゲイ・バー“ジュネ”のNO1だったが、経営者の権田と情事を持った。権田と同棲している“ジュネ”のママのレダは、それを知って、心中穏やかではなかった。二人の間は、冷戦から熱戦へエスカレートする。エディは、レダを消してしまえば……と想像する。その考えは、恐ろしい母親殺しの記憶を呼び起こした。母の手一つで育てられたエディは、ある日偶然、母の情事を見てしまい、発作的に母を刺してしまったのだった。厭な思い出から逃れようと、エディは、ベトナム帰休兵の黒人トニーと寝る。一方、エディとレダの反目は、派手なとっくみ合いの喧嘩で頂点に達した。焦ったレダは、ズべ公に頼んでエディの美貌を傷つけようとするが、失敗。しかもその陰謀かバレ、権田に捨てられて、自殺する。エディは、権田も店も手に入れた。二人は晴れて抱き合った。が、権田は、一枚の古い写真から、エディが実の息子だったことを知り、頚動脈を切って自殺する。すべてを知ったエディは、ナイフで自分の両眼をえぐりとった。

関連するキネマ旬報の記事

2017年7月上旬号

不滅のアヴァンギャルド 追悼・松本俊夫:インタビュー ピーター(池畑慎之介) 「薔薇の葬列」と松本監督のこと

1969年9月下旬号

日本映画紹介:薔薇の葬列

1969年7月下旬号

特別グラビア:「薔薇の葬列」と「少年」

1969年7月上旬夏の特別号

旬報試写室:薔薇の葬列

1969年3月下旬号

次回作:薔薇の葬列