男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

藤田敏八

  • Toshiya Fujita
  • 監督/出演/脚本
本名 藤田繁夫
出身地 朝鮮、平壌
生年月日 1932/01/16
没年月日 1997/08/29

関連作を買う

関連作を買う

略歴

【同時代の空気を青春映画に刻み込む】朝鮮・平壌で生まれ育ち、終戦とともに三重県に引き揚げる。東京大学仏文科在学中は演劇活動に熱中し、俳優座養成所にも通った。本名は繁夫で、1968年までは“藤田繁矢”名義で脚本・演出を手がけた。仲間内での愛称は“パキさん”。77年から95年まで女優の赤座美代子と結婚生活を送る。鈴木清順監督の「ツィゴイネルワイゼン」(80)に出演し評価されてからは、俳優としての活動に重心が移った。97年、肺癌のすえに肝不全で65歳にて死去。55年、日活に入社し蔵原惟繕ほかの助監督を務め、脚本も書き始める。67年に「非行少年・陽の出の叫び」で監督に昇進し、日本映画監督協会新人賞を受賞。同作の姉妹編ののちは「野良猫ロック」シリーズ2作や「新宿アウトロー・ぶっ飛ばせ」(70)などの日活ニューアクションを手がけ、青春映画の「八月の濡れた砂」(71)が高く評価された。その翌年に日活がロマン・ポルノ路線へ転換すると、「八月はエロスの匂い」(72)等のエロス三部作や「もっとしなやかにもっとしたたかに」(79)といった成人映画を手がける一方で、一般映画枠の「赤ちょうちん」(74)、「帰らざる日々」(78)などを監督。さらに他社作品の「天使を誘惑」(79)、「スローなブギにしてくれ」(81)などの一般映画で活躍した。遺作である「リボルバー」(88)は、にっかつ(当時社名)が一般映画路線に戻した“ロッポニカ”作品の一本であった。【のらりくらりと浮遊】初期から後期まで通して青春映画の騎手と見なされた監督である。初期のうちは、学園闘争、紛争後の空白といった時代の空気を滲ませつつ同時代の若者の姿を追い求め、無為で倦怠感あふれる青春像は「八月の濡れた砂」に結実した。ロマン・ポルノ路線への転換時も日活に残ったが、量産体制にしては成人映画作品の数は少なく、市場確保のため一般映画枠で製作した秋吉久美子主演の(フォークソング映画化)三部作などに腕を振るった。これらは特に若い観客層から支持され、「赤ちょうちん」と「妹」(74)は同じ年のキネ旬ベスト・テンに揃ってランクイン、いわゆるシラケ世代の個人像を鋭敏に捉える作家と見なされる。「スローなブギにしてくれ」以降は中年世代の“終わらない青春”像も併せて描き、「ダブルベッド」(83)はそのロマン・ポルノ版であった。おおよその物語や主題は直線的に描かれず、全体にもの憂さを漂わせる。主人公たちの態度と映画のタッチともに“のらりくらり”“浮遊感覚”と称されることもあった。

キネマ旬報の記事

2004年11月下旬号

特別寄稿 藤田敏八私論「秘めつづけたもの」:

1998年2月上旬号

ビデオ・LDガーデン:藤田敏八作品ビデオセル

1997年12月上旬号

追悼 藤田敏八・帰らざる日々:遊戯による世界の挑発

追悼 藤田敏八・帰らざる日々:追悼・藤田敏八

追悼 藤田敏八・帰らざる日々:藤田敏八、中途半端であることの倫理

追悼 藤田敏八・帰らざる日々:座談会 荒井晴彦×岡田裕×蔵原惟繕×原田芳雄×大和屋叡子

1995年4月下旬号

特別企画 さようなら神代辰巳さん:追悼座談会 蔵原惟繕×藤田敏八×白鳥あかね×鴨田好史

1984年5月上旬号

特集 海燕ジョーの奇跡 藤田敏八作品:座談会 佐木隆三×藤田敏八×内田栄一×品田雄吉

1980年12月上旬号

「古都」特集 百恵フィナーレ2:女優・山口百恵

1980年1月上旬新年特別号

特集座談会 「天使を誘惑」:百恵・友和の新しい出発 山口百恵×三浦友和×藤田敏八×小林竜雄×大林宣彦

1979年3月上旬号

フロント・ページ:

1979年2月下旬決算特別号

特別グラビア:読者選出日本映画監督賞 藤田敏八

1978年8月下旬号

フロント・ページ:

1977年5月下旬号

藤田敏八フィルモグラフィー:「新宿酔いどれ番地人斬り鉄」

1977年4月上旬春の特別号

私の次回作:

1977年2月下旬決算特別号

〈決算特集号1〉中堅・若手監督対談:77が俺たちの年であるため 長谷川和彦×藤田敏八

1975年9月上旬号

プロフェッショナル:藤田敏八

1974年12月上旬号

グラビア:藤田敏八 「バージンブルース」

1974年8月下旬号

グラビア:藤田敏八監督 「妹」

1974年4月上旬号

グラビア:藤田敏八監督 「赤ちょうちん」

1973年2月下旬号

顔と言葉:

1973年1月下旬正月特別号

グラビア:赤い鳥逃げた?/藤田敏八

1972年10月下旬号

特別グラビア:エロスの誘惑/藤田敏八

1972年8月下旬号

特別グラビア:藤田敏八/八月はエロスの匂い

1971年12月上旬号

NEW WAVE:藤田敏八「八月の濡れた砂」私論

1971年8月下旬号

特別グラビア:八月の濡れた砂/藤田敏八

顔と言葉:

シナリオ:八月の濡れた砂

1970年12月下旬号

次回作:

1970年6月下旬号

随想:

1970年5月上旬号

特別ディスカッション ネオ・レジスタと「ガラスの部屋」と最近の若い映画をめぐっての討論:品田雄吉×白坂依志夫×藤田敏八×吉崎道代×白井佳夫