男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

肉弾(1968)

  • にくだん
  • The Human Bullet
  • The Human Bullet

amazon


  • 平均評点

    76.1点(168人)

  • 観たひと

    267

  • 観たいひと

    15

  • レビューの数

    37

基本情報

ジャンル 戦争
製作国 日本
製作年 1968
公開年月日 1968/10/12
上映時間 116分
製作会社 「肉弾」をつくる会=ATG
配給 ATG
レイティング 一般映画
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ モノクロ/スタンダ-ド
メディアタイプ フィルム
音声 モノラル
上映フォーマット 16mm

スタッフ

監督岡本喜八 
脚本岡本喜八 
製作馬場和夫 
撮影村井博 
美術阿久根巖 
音楽佐藤勝 
録音渡会伸 
照明村井博 
編集阿良木佳弘 
製作担当者堤博康 
助監督中西源四郎 
記録土屋テル子 
スチル阿久根巖 

キャスト

出演寺田農 あいつ
大谷直子 少女
天本英世 
笠智衆 古本屋の爺さん
北林谷栄 古本屋の姿さん
春川ますみ 前掛のおばさん
伊藤雄之助 オワイ船の船長
小沢昭一 軍曹
田中邦衛 区隊長
中谷一郎 憲兵
高橋悦史 ひげの下士官
菅井きん 軍曹のオカミサン
富永美沙子 軍曹のオカミサン
三橋規子 
頭師佳孝 少年・兄
雷門ケン坊 少年・弟
今福正雄 学校長閣下
三戸部スエ モンペのオバサン
長谷川弘 中隊長
園田裕久 教師
阿知波信介 候補生
新谷秀平 候補生
宮本満里子 看護婦
津田亜矢子 看護婦
武藤洋子 看護婦
ナレーション仲代達矢 

解説

「日本のいちばん長い日」の岡本喜八が脚本・監督を担当したもう一つの“日本のいちばん長い日”。撮影は「北穂高絶唱」の村井博が担当した。

あらすじ

昭和二十年の盛夏。魚雷を脇に抱えたドラム岳が、太平洋に漂流していた。この乗組員、工兵特別甲種幹部候補生のあいつは、まだ終戦を知らなかった。あいつが、ここまで来るには可笑しくも悲しい青春があった。演習場のあいつ。候補生たちは、みな飢えていた。あいつは、めしと死以外を考える余裕はなかった。乾パンを盗んで裸にむかれたこともあった。それから、広島に原爆が落ち、ソ連が参戦した。そして予備士は解散され、あいつら候補生は特攻隊員にされた。一日だけの外出を許されたあいつは、無性に活字が恋しくなって古本屋へ行った。だが、活字で埋った本は、電話帳だけだった。そこには、B29に両腕をもがれた爺さんと観音さまのような婆さんがわびしく暮していた。あいつは、やりきれなくて焼跡の中の女郎屋に飛込んだ。けばけばしい女たちの中で、因数分解の勉強をしているおさげ髪の少女が、あいつに清々しく映った。だが、あいつの前に現われたのは、前掛けのおばさんだった。再び雨の中へ飛出したあいつは、参考書を待った少女に出会った。なぜか少女はついて来た。やがて二人は防空壕の中で結ばれた。翌日のあいつは、対戦車地雷を抱えて砂丘にいた。少女、古本屋の老夫婦、前掛けのおばさん、そして砂丘で知りあった小さな兄弟とモンペ姿の小母さん。あいつが死を賭けて守る祖国ができた。その夜の空襲で少女が死んだ。それから、作戦が変更されあいつは魚雷と共に太平洋に出た。あいつは、ドラム缶の中で少女を殺した敵をじっと待ったが、敵機の機銃掃射を受けて、彼のメガネは飛び散ってしまった。日本は敗けた。だがあいつはある朝、大型空母を発見した。あいつは執念をこめて九三式魚雷を発射したが、魚雷は泡をたてて沈んでしまった。それから間もなくあいつは、空母と錯覚したし尿処理船に助けられ、終戦を聞かされた。し尿処理船に曳航されながら港に向かったあいつだが、腐ったロープが切れてしまい取り残されてしまった。しかしあいつはそれに気づかずに怒号していた。それから二十年余、海水浴客で賑わう同じ海に、ドラム缶が浮いていた。その中で、白骨化したあいつは、いまだに怒号していた。

関連するキネマ旬報の記事

2017年7月上旬号

MOVIE at HOME:「肉弾」「近頃なぜかチャールストン」

1968年11月上旬号

総合特集 戦う独立プロの現状:「風林火山」「肉弾」「心中天網島」「神々の深き欲望[など目じろおしにならぶ独立プロ作品の盛況は混乱する日本映画界のなかでいかなる意味をもつかをルポ的に論評分析する