男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

田中邦衛

  • Kunie Tanaka
  • 出演
本名
出身地 岐阜県土岐市土岐津町
生年月日 1932年11月23日
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

岐阜県土岐郡土岐津町(現・土岐市)の生まれ。少年時代は成績も素行も芳しくなく、父の命で全寮制の千葉県麗沢高校へ進む。麗沢短期大学在学中に芝居に夢中になり、俳優座養成所の試験を受けるが2年連続で不合格。1954年の卒業後は実家に戻り、新制中学の代用教員になる。翌55年、再々度俳優座養成所の試験に挑み、第7期生として合格。今井正監督「純愛物語」57の脇役に同期の井川比佐志らと選ばれ、映画に初出演する。養成所ではアルバイトばかりで新劇より映画志望だったが、引き留められ58年に劇団員に。安部公房・作『幽霊はここにいる』に新人で主役の大抜擢を受ける。映画でも黒澤明監督「悪い奴ほどよく眠る」60の殺し屋などの端役で、個性の強い風貌を印象づけ、加山雄三主演の「大学の若大将」61にキザなドラ息子の“青大将”役で出演。映画はシリーズ化され、金の力でモテようとするがいつも若大将に適わない青大将の失敗ぶりが人気を呼ぶが、当時の本人は三畳間の赤貧生活だったという。62年には加山とともに黒澤監督「椿三十郎」に出演。アクの強いサービス満点の演技は、高倉健主演「網走番外地」シリーズのレギュラーでも発揮される一方、安部公房脚本、勅使河原宏監督の「おとし穴」62、「他人の顔」66などでも変幻自在の活躍を見せる。66年、森川時久演出のフジテレビ『若者たち』66が大評判となり、67年には映画化。5人兄妹の長男役で無教養だが心優しい男という、のちにつながる型を作る。72年に俳優座を退団。劇団安部公房スタジオに参加したのち、77年よりフリーとなる。映画界が斜陽にあっても起用は減らず、東映やくざ映画ほか多数に出演。特に評判だったのは深作欣二監督「仁義なき戦い」73~74の、卑小な打算で抗争を生き抜くやくざ・槇原政吉役で、森﨑東監督の自己表白的な異色作「黒木太郎の愛と冒険」77では主役もつとめた。この時期の主なテレビドラマは、高倉健のドラマ初主演作であるTBS『あにき』77、端役時代から出演の多かった岡本喜八演出のテレビ朝日『幽霊列車』78など。高倉健の現場に取り組む姿勢を心から尊敬し、神代辰巳監督「アフリカの光」75で共演した萩原健一の演技への感動を語る謙虚さと、納得できぬ指示には応じない一徹さを併せ持ちながら、替えの効かない存在感を確かにする。大きな転機を迎えたのは、倉本聰脚本のフジテレビ『北の国から』81で、東京から北海道・富良野へ子供たちを連れ帰り自然の中で生きる術を教える主人公・黒板五郎役を演じたこと。これまでの芝居を一切捨てるよう倉本から求められ当初は反発するが、演出の杉田成道らスタッフの熱意に打たれて出演を決める。1年以上の北海道ロケで芝居臭を削り、演じずにいる姿そのもので表現する境地を新たに獲得。『北の国から』は黒板家の成長記として2002年まで8本の続編が作られ、不器用な愛と男らしさにあふれる“五郎さん”は俳優人生最高の役となった。この間も映画出演は順調に続き、珍しくインテリ男性を静かなユーモアで演じた根岸吉太郎監督「ウホッホ探険隊」86で、ブルーリボン賞主演男優賞を受賞。舞台劇のようなセットで漂流した漁師を演じた熊井啓監督「ひかりごけ」92では底の深い実力を見せ、山田洋次監督「学校」93で夜間中学で字を習う男の哀歓を演じ、日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を獲得する。多忙を極める俳優人生だったが、このところはペースを変えて活動を抑え気味に。それでも温かい人柄を慕うスタッフや後進からの出演依頼は途切れず、大工の棟梁を演じた三谷幸喜監督「みんなのいえ」01、幽霊となって宮藤官九郎扮する青年に憑依する瀧川治水監督「福耳」03などのコメディで大らかな味わいを見せる。杉田成道監督「最後の忠臣蔵」10では赤穂藩旧家臣役で作品を支えた。06年、旭日小綬章受章。

キネマ旬報の記事

2017年9月上旬号

ナハ! せんだみつおが見上げた昭和の巨星(スター)列伝:第8回 田中邦衛

2003年9月上旬特別号

INTERVIEW キネ旬インタビュー:2 田中邦衛

2001年6月下旬号

巻頭特集 「みんなのいえ」:グラビア 田中邦衛、唐沢寿明、田中直樹、八木亜希子

巻頭特集 「みんなのいえ」:田中邦衛 インタビュー

1990年7月上旬号

特集 タスマニア物語:田中邦衛 インタビュー

1990年2月上旬号

スポット・ライト:田中邦衛

1983年10月上旬号

ザ・インタビュー:田中邦衛