男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

社長道中記

  • しゃちょうどうちゅうき
  • Playboy President
  • Playboy President

amazon


  • 平均評点

    66.0点(47人)

  • 観たひと

    73

  • 観たいひと

    1

  • レビューの数

    16

基本情報

ジャンル コメディ
製作国 日本
製作年 1961
公開年月日 1961/4/25
上映時間 90分
製作会社 東宝
配給 東宝
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 疑似ステレオ
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督松林宗恵 
脚本笠原良三 
製作藤本真澄 
撮影鈴木斌 
美術浜上兵衛 
音楽古関裕而 
録音矢野口文雄 
下永尚 
照明猪原一郎 
編集岩下廣一 
製作担当者坂本泰明 
助監督田実泰良 
記録植村よし子 
スチル秦大三 

キャスト

出演森繁久彌 三沢英之助
久慈あさみ 三沢福子
浜美枝 三沢幸子
小林桂樹 桑原武
英百合子 母まさ
加東大介 倉持善助
団令子 松浦敬子
新珠三千代 芸者ひょうたん
淡路恵子 マダムえみ子
三木のり平 土井支社長
加藤春哉 島健太郎
十朱久雄 山中先生
左卜全 横山会長
峯丘ひろみ 女中サワ子
飯田蝶子 列車の老婆
飛鳥みさ子 列車の美人
塩沢とき 女あんま
八波むと志 男あんま
石田茂樹 秋山
山茶花究 小山田
森今日子 旅館の女中(大阪)
三橋達也 本田
記平佳枝 

解説

源氏鶏太の『随行さん』より、「特急にっぽん」の笠原良三が脚本を執筆、「がんばれ!盤嶽」の松林宗恵が監督したサラリーマンもの。「背広三四郎 男は度胸 花の一本背負い」の鈴木斌が撮影した。パースペクタ立体音響。

あらすじ

太陽食料社長三沢英之助が今、力こぶを入れているのは、新製品のまむし、蛙、かたつむりの罐詰の売出し。その三沢が大阪へ出張することになった。随行をおおせつかったのはコチコチ社員の桑原。社長の旅先の浮気を封ずるボディガードとして彼が選ばれたわけだ。桑原はその融通のなさでは定評があり、同期の中では一番出世がおくれている。医務室の彼の恋人松浦敬子はそれが大変くやしい。さて二人はいよいよ出発した。三沢社長は車中で早速美人を見つけてちょっかいを出しかけたり、バーのマダムを大阪に呼び出したりする。大阪に着いた三沢は、支社長の土井から最近の我社が競争相手に押されているという報告を聞いて大変驚いた。早速まき返し作戦がはじまる。だが浮気の虫はまた別である。汽車の中の美人芸者をつれ出した三沢は、土井に桑原をまかせてこきげんのナイトクラブめぐり。だがそこでバッタリと会ったのは桑原随行員。酔いつぶすはずの土井の方が、反対にぐでんぐでんの始末であった。舞台は白浜温泉へ飛んだ。三沢は海外にも販売網を持つ南海物産の本田の接待に大ふんとう。だが本田のごきげんは斜めだった。その夜バーのマダムが東京からやって来た。ほくそ笑んだ三沢は強壮剤をのみ下して待ちかまえる。ところがそれは桑原の持って来た睡眠薬で、二人がそれぞれまちがえたからひと騒動。昼すぎになっても起きない社長を心配して、東京から社長夫人と敬子が現れた。桑原は敬子に美人芸者との仲を疑われてしまう。翌朝ゴルフ場で本田に会った三沢は、まむしの罐詰のおかげでホールインワンに成功した本田と契約を結ぶことに成功する。敬子にむくれられてくさった桑原は、三沢の道中記を夫人に告げると彼をおどし、敬子との仲人を約束させたのだった。

関連するキネマ旬報の記事

1961年5月下旬号

日本映画紹介:社長道中記