男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

どですかでん

  • どですかでん
  • Dodes'ka-Den
  • Dodes'ka-Den

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    68.8点(192人)

  • 観たひと

    405

  • 観たいひと

    45

  • レビューの数

    30

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 1970
公開年月日 1970/10/31
上映時間 139分
製作会社 四騎の会
配給 東宝
レイティング 一般映画
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード
メディアタイプ フィルム
音声 モノラル
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督黒澤明 
脚本黒澤明 
小国英雄 
橋本忍 
原作山本周五郎 
企画黒澤明 
木下恵介 
市川崑 
小林正樹 
製作黒澤明 
松江陽一 
撮影斎藤孝雄 
福沢康道 
美術村木与四郎 
村木忍 
小道具野島秋雄 
音楽武満徹 
録音矢野口文雄 
音響効果三縄一郎 
照明森弘充 
編集兼子玲子 
衣裳鈴木身幸 
製作担当者古賀祥一 
助監督大森健次郎 
記録野上照代 
スチル橋山直己 
撮影助手木村大作 

キャスト

出演頭師佳孝 六ちゃん
菅井きん おくにさん
加藤和夫 絵描き
伴淳三郎 島悠吉
丹下キヨ子 ワイフ
日野道夫 井河
下川辰平 野本
古山桂治 松井
井川比佐志 増田益夫
沖山秀子 増田たつ
田中邦衛 河口初太郎
吉村実子 河口良江
三井弘次 屋台のおやじ
三波伸介 沢上良太郎
楠侑子 沢上みさお
殿村敏之 沢上太郎
長谷川諭 沢上次郎
小野久美子 沢上花子
柳下達彦 沢上四郎
押田みか 沢上梅子
松村達雄 綿中京太
辻伊万里 綿中おたね
山崎知子 綿中かつ子
亀谷雅彦 岡部少年
高島稔 警官
三谷昇 父親
川瀬裕之 子供
寄山弘 寿司屋のおやじ
荒木道子 おかみ
桑山正一 レストランの主人
塩沢とき ウエイトレス
芥川比呂志 平さん
奈良岡朋子 お蝶
渡辺篤 たんばさん
藤原釜足 老人
谷村昌彦 惣さん
ジェリー藤尾 くまん蜂の吉
園佳也子 女房
石井聖孝 小供
貝塚みほこ 小供
小島三児 泥棒
根岸明美 渋皮のむけた女
新村礼子 内儀さん
牧よし子 内儀さん
桜井とし子 内儀さん
小野松枝 内儀さん
出演(声)人見明 声をかける男
江波多寛治 声をかける男
市村昌治 声をかける男
二瓶正也 声をかける男
伊吹新 声をかける男

解説

黒澤明五年ぶりの作品そして初めてのカラー映画とさまざまな話題を集めた、四騎の会製作の第一回作品である。脚本は「影の車」の橋本忍、「待ち伏せ」の小国英雄が共同執筆。監督は脚本にも参加している「赤ひげ」の黒澤明。撮影は「弾痕」の斎藤孝雄と「二人の恋人」の福沢康道が担当。1971年1月21日全国公開。

あらすじ

電車馬鹿と呼ばれている六ちゃんは、てんぷら屋をやっている母のおくにさんと二人暮しである。六ちゃんの部屋には、自分で書いた電車の絵がいたるところに貼りつけてあった。彼は毎日「どですかでん、どですかでん」と架空の電車を運転して街を一周する。それが彼の仕事なのである。六ちゃんを始めとする、この街の住人たちは一風変った人たちばかりだった。日雇作業員の増田夫婦と河口夫婦がいる。二人の夫はいつも連れ立って仕事に出、酔っぱらっては帰ってくる。二人の妻も仲がよかった。ある日酔って帰ってきた二人はそれぞれの家を取り違えて住みつき、やがてそれが飽きると、もとの家に帰っていった。島悠吉はユニークな人物だ。彼の片足はもう一方の足より短かく、その上猛烈な顔面神経痙攣症の持病があった。彼のワイフはドラムカンのような図太い神経と身体の持ち主で、島さんのところにお客が来ても、接待はおろか、逆に皮肉をいうような女だった。かつ子という不幸な娘がいて、彼女は昼ひなかから酒をくらっている伯父の京太のために一日中つらい内職をしなければならなかった。伯母の入院中、彼女は伯父の欲望の対象となり、妊娠してしまう。そして彼女は突然何の関係もなく自分に好意をよせている酒屋の小僧、岡部少年を出刃包丁で刺してしまう。その他にも、この街には廃車になったシトロエンのボディに住みつく乞食の親子や、平さんという哀しい過去を背負った、中年の男、異常に浮気な女を女房に持つヘアー・ブラシ職人の沢上良太郎親子らが住んでいた。これらの貧しい人たちの生活や感情を交錯させながら今日も一日が暮れていこうとしていた。

関連するキネマ旬報の記事

1971年2月上旬決算特別号

特別グラビア 日本映画ベスト・テン:家族/戦争と人間/どですかでん/エロス+(プラス)虐殺/地の群れ/無常/影の車/男はつらいよ・望郷篇/橋のない川・第2部/裸の一九才

1970年12月上旬号

今号の問題作 1:どですかでん

1970年11月下旬号

日本映画紹介:どですかでん

1970年9月下旬号

特別グラビア:映像構成でみる「どですかでん」

特別ディスカッション 「どですかでん」黒沢明の新しい映像世界の秘密:黒沢明×熊井啓×佐藤忠男×松江陽一×山田宏一×白井佳夫

1970年6月上旬号

特別グラビア:東宝の話題作! 「どですかでん」