男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

日本の黒幕

  • にほんのふぃくさー
  • ----
  • ----

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    59.0点(38人)

  • 観たひと

    69

  • 観たいひと

    2

  • レビューの数

    11

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 1979
公開年月日 1979/10/27
上映時間 131分
製作会社 東映京都
配給 東映
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督降旗康男 
脚本高田宏治 
企画日下部五朗 
本田達男 
撮影中島徹 
美術井川徳道 
音楽鏑木創 
録音溝口正義 
照明金子凱美 
編集市田勇 
助監督土橋亨 
スチール中山健司 

キャスト

出演佐分利信 山岡邦盟
田村正和 今泉岳男
狩場勉 一光
松尾嘉代 山岡雅子
江波杏子 山岡登志子
梅宮辰夫 小栗隆義
中尾彬 団耕太郎
田中邦衛 竜崎達男
高橋悦史 加賀正樹
尾藤イサオ 沢井明
中谷一郎 吉野壮吉
林彰太郎 依田新吉
遠藤征慈 竹邑良昭
岩尾正隆 前嶋雄二
笹木俊志 宮口茂男
勝野賢三 木下
本間優二 吉村英吉
山田昌人 植草登
青木卓 出辺松男
北村明男 剣持豊
羽根田真之助 須賀政男
徳井利次 千葉豪
西田治子 泰子
浜口孝代 京子
タンクロー 三浦
五十嵐義弘 青山クラブ・事務員
高並功 一刀社隊員
曽我廼家明蝶 小河内辰男
成田三樹夫 森島泰造
曽根晴美 池内豊
小林稔侍 水巻俊介
平沢彰 神出順平
白川浩二郎 友金厚志
福本清三 中橋亘
木下通博 重宗行雄
佐々木孝丸 伊藤良策
金田龍之介 平山栄吉
織本順吉 津沼
疋田泰盛 小磯
志摩靖彦 国枝良雄
鈴木康弘 西本武彦
村居京之輔 徳光
藤川弘 安田
船戸順 岡本
内藤武敏 朝倉
加藤和夫 村本
中村錦司 
有島淳平 佐竹則夫
有島一郎 渋谷平吉
島田正吾 三田村海風
仲谷昇 鈴村
橘麻紀 沢井加代子
北林早苗 杉山より子
永井秀明 本山
水原麻紀 東山の料亭の女将
川浪公次郎 安井
藤沢徹夫 記者A
波多野博 記者B
加賀美博美 ある料亭女中
蓑和田良太 警官
有川正治 刑事
富永佳代子 赤坂の料亭の女中
小峰竜司 平山の後援会々員A
宮城幸生 平山の後援会々員B
司裕介 平山の後援会々員C

解説

一国の総理を決めることも抹殺することも可能な男、フィクサーと、彼を暗殺しようとした少年の姿を描く。脚本は「赤穂城断絶」の高田宏治、監督は「本日ただいま誕生」の降旗康男、撮影は「その後の仁義なき戦い」の中島徹がそれぞれ担当。

あらすじ

平山総裁は航空機売り込みに絡み、外為法違反などで東京地検と国税局の合同家宅捜査を受けていた。また日本の黒幕とも影の総理とも言われている山岡邦盟も同じ容疑で捜査を受け、山岡邸の周囲は様々な人々でごったがえしていた。その騒ぎに紛れ、一人の少年が邸内に忍び込み、山岡めがけて短刀を突きつけた。だが、少年の不自由な足がもつれ、書生の今泉らに取り押さえられてしまう。山岡はこの少年を、一光と名付け、手元に置いた。数日後、大和物産常務取締役の佐竹が本社屋上から飛び降り自殺をした。佐竹は、航空機売り込みのため、裏金を山岡を通じて平山に渡したとの疑惑を持たれており、その責任を取ったかのように思われた。その頃、大和物産副社長の朝倉は関西協進連合と組んで、山岡、平山の追い落としを謀議していた。書生の今泉と山岡の娘、雅子の二人は夫婦同様の関係だった。山岡は二人が異母姉弟であることを隠し、自らの血を継承することを望んでいた。関西協進会連合の小河内、伊藤前首相、朝倉が密談を交した夜、朝倉のボディ・ガードが山岡の影の軍団、青山クラブの者に狙撃され、そして、翌朝、朝倉も殺された。それは、影のフィクサー同士の決戦開始を告げることとなった。地検の捜査は進み、平山総裁辞職が決まった。そして、平山は伊藤、小河内と手を組み、後任の総裁を決めていた。山岡は自分が作った総理大臣、平山に裏切られた。平山を葬り去ることは手易い。だが山岡は何も語らず、ある決意を持って、国会証人尋問に出席を表明する。翌朝、一光の部屋で、今泉と姉弟であることを知った雅子が死んでいた。今泉は雅子を抱きしめ、何事か決意したように窓の外を見つめていた。証人尋問に出発する山岡めがけて、小河内の手下が拳銃を向けた。今泉が体で受け止め、山岡を守る。今泉の死体を残して、山岡の車はスタートした。一方、一光は短刀を抱え、街をさまよっていた。平山が遂に、収賄罪で逮捕された。平山が家を出ると、待ちかまえていた一光は、白刃を平山の腹に突き刺した……。

関連するキネマ旬報の記事

1979年12月下旬号

日本映画批評:日本の黒幕

1979年11月下旬号 創刊60周年記念特別号

日本映画紹介:日本の黒幕「フィクサー」

1979年11月上旬号

グラビア:日本の黒幕