男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

皮ジャン反抗族

  • かわじゃんはんこうぞく
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    61.6点(19人)

  • 観たひと

    24

  • 観たいひと

    1

  • レビューの数

    4

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 1978
公開年月日 1978/12/2
上映時間 82分
製作会社 東映セントラルフィルム
配給 東映
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督長谷部安春 
脚本白坂依志夫 
企画黒澤満 
伊藤亮爾 
撮影山崎敏郎 
美術佐谷晃能 
音楽長戸大幸 
録音林鉱一 
照明渡辺三雄 
編集田中修 
進行主任青木勝彦 
助監督崔洋一 
スチル荒井一弥 

キャスト

出演舘ひろし 新治
夏樹陽子 メグ
森下愛子 マヨ
山科ゆり ペギイ
恵千比絽 ソバカス
あきじゅん スケバン
広京子 葉っぱ
林ゆたか 青山一郎
片桐竜次 内田
秋山敏和 
古川哲唱 神崎
加藤大樹 正一
八城夏子 キーコ
白川和子 文代

解説

黒い皮ジヶンの若者が、士曜の夜に出会うさまざまなヤングたちと巻き起こすめまぐるしい暴力、セックス、スピードなど危険でエキサイティングなエピソードを強烈なディスコ・サウンズに包んで描く。脚本は「白い肌の狩人 蝶の骨」の白坂依志夫、監督は「エロチックな関係」の長谷部安春、撮影は「団地妻 二人だけの夜」の山崎敏郎がそれぞれ担当。

あらすじ

ディスコ“アポロン”の常連、新治はウィクデイは自動車修理工場で真面目に働いている。ある土曜の夜、新治は“アポロン”でメグとその親衛隊であるジャッカル、峰夫、トムの一派と、ペギイ、ソバカス、葉っぱ、キーコらスケバン・グループとの喧嘩を仲裁した。ペギイたちの応援に駈けつけたヤクザの内田、外山、中山らも新治に一蹴されてしまい、メグは腕っぷしも利く新治に熱い視線を送るのだった。面白くないメグの情夫、正一はオートバイのテープ・ゲームでケリをつけようと新治に挑むが、敗れてしまい、メグは新治に夢中になり、若い二人の肉体は激しく絡み合った。新治は勤め先の修理工場の経営者・文代の息子で、淋しい影を漂わせた十五歳の少年、修と仲が良いが、修は、若づくりで浮気な母が嫌いでならず、新治のリードでオートバイに熱中している。そんな新治に好きな女の子が見つかった。街のスーパーマーケットに勤めるマヨである。彼女はヤクザの内田にいつも金をせびられている。ある日、道にうずくまっているマヨを助けた新治は、彼女が男に捨てられ妊娠しているのを知り、産婦人科医に連れて行く。やがて元気を取り戻したマヨが可愛いくてならない新治は、メグに対する気持が急速に冷えていくのが判った。だがメグは新治を放そうとしない。ある午後、新治が修の母、文代にシャツのほころびを直して貰っている時、裸の新治と母を見て、新治に裏切られたと誤解した修はオートバイをすっ飛ばして死んでしまう。数日後、新治はメグのグループにマヨのことで復讐を受けた。そして、痛む身体を引きずってマヨに会いにスーパーに向かった。マヨが美しい笑顔で働いているのが見える。その時、鋭い刃の光が閃いた。横恋慕している内田が、新治の腹にナイフをつき立てたのだ。新治は道に倒れ、道路に血が流れた。ペギイの手下のキーコが内田に、マヨに子供をハラませ堕ろさせたのは新治だと嘘をついたのだ。マヨは何も知らず、美しい微笑をたたえながら働いている……。

関連するキネマ旬報の記事

1979年1月下旬正月特別号

日本映画批評:皮ジャン反抗族

1978年12月下旬号

日本映画紹介:皮ジャン反抗族

1978年12月上旬号

グラビア:皮ジャン反抗族