男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

日本の首領 完結篇

  • にほんのどんかんけつへん
  • ----
  • ----

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    64.3点(55人)

  • 観たひと

    91

  • 観たいひと

    3

  • レビューの数

    7

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 1978
公開年月日 1978/9/9
上映時間 131分
製作会社 東映京都
配給 東映
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督中島貞夫 
脚本高田宏治 
原作飯干晃一 
企画俊藤浩滋 
松平乗道 
日下部五朗 
田岡満 
撮影増田敏雄 
美術井川徳道 
音楽黛敏郎 
録音荒川輝彦 
照明増田悦章 
製作進行野口忠志 
助監督清水彰 
スチール中山健司 

キャスト

出演三船敏郎 大石剛介
桜町弘子 大石きく江
山本由香利 大石郁子
渡辺文雄 中神敬志
佐藤慶 関野礼行
岩尾正隆 荒浜義一
疋田泰盛 岩野惣吉
待田京介 新藤徳太郎
桐島好郎 村田保男
高田宏治 山根惣吉
大木晤郎 森田
細川ひろし 戸杉
森山秀幸 末永
高並功 三木
津野途夫 重松
遠藤太津朗 吉野隆吉
野口貴史 宮之浦一夫
志賀勝 白川義雄
笹木俊志 遠藤守和
白川浩二郎 桑野貴臣
川浪公次郎 舟瀬一郎
市川好朗 東条進吉
平河正雄 石川進一
幸英二 辻保明
有川正治 坂口富蔵
池田謙治 松下勇次
寺田農 宮原宏
司裕介 森山建司
勝野健三 門田肇
片桐竜次 ブラウン
奈辺悟 村上勝
下茂山高也 前田豊
金子信雄 平山英格
西村晃 刈田重徳
中村錦司 三島武明
河合絃司 島田隆男
仲谷昇 伊庭
稲葉義男 里見
トニー・ダイヤ ジェラード
安部徹 横川英樹
相馬剛三 松原太一郎
永井秀明 石渡
田島義文 松井
小林稔侍 志賀竹之幼
神田隆 岩本
近藤洋介 江本
大月正太郎 川添
稲垣陽子 吉見
小池朝雄 藤井
宮城幸生 杉町
鈴木瑞穂 鬼島
森源太郎 
芦田鉄雄 リカルト・アベイラ
片岡五郎 マイク清島
田中浩 花山七郎
北村英三 木村宇市
南道郎 真田
穂高稔 近松
秋山勝俊 正木
蓑和田良太 青野
唐沢民賢 小山
榊淳 美枝
山科みゆき 邦子
成瀬正 司会者
星野美恵子 看護婦
島田秀雄 医師
大江光 老婆
友金敏雄 アナウンサー
堀越欣彦 川西の少年時代
壬生新太郎 新聞記者
下之坊正道 安藤
田口久美 ジゼル
三浦徳子 松下しのぶ
大谷直子 木村由紀子
織田あきら 庄内春夫
高橋悦史 一宮恭介
二宮さよ子 登志子
戸田ユカ 誠子
東恵美子 佐倉雪江
菅原文太 川西明
片岡千恵蔵 大山喜久夫
佐分利信 佐倉一誠
森山周一郎 ナレーター

解説

日本最大の暗黒ファミリーとそれを率いる首領(ドン)の存在を通して、壮大な人間ドラマを描く「日本の首領」三部作の完結篇。脚本は「多羅尾伴内」の高田宏治、監督は「日本の首領 野望篇」の中島貞夫、撮影も「日本の首領 野望篇」の増田敏雄がそれぞれ担当している。

あらすじ

関東同盟理事長、大石剛介と、関西中島組組長、佐倉一誠の間には表向きには平穏無事な日々が続いていたが、日本政財界最大の黒幕、大山喜久夫が癌で倒れたことにより、両者の間に再び不穏な空気が漂いはじめた。大山は佐倉の娘婿の医師、一宮恭介の執刀で九死に一生を得た。大山は任侠団体の統一合体を提唱するが、全国制覇の野望に燃える佐倉、大石は共に同意せず、虚々実々の駆け引きが始まった。サイパン島開発という国家的な大事業に着眼した大石は大山を後盾に保守党中久保派の伊庭官房長官に接近する。平山幹事長から大石の野心を聞いた佐倉は大いに動揺した。大石、佐倉の当面の問題は資金調達にあった。佐倉の胸中を読んだ川西は、膨大な土地、不動産を持つ松原産業の子会社、木村建設を倒産に追い込んだ。そして自殺した木村社長の娘、由紀子を保守党の実力者、刈田に与えた。一方、大石は、娘の郁子と刈田の息子春男の縁組により、刈田を味方に引き込み、アメリカ側への賄賂の特使として、刈田と春男をサイパンに派遣する。大山は自分の回復祝の席で、佐倉に打倒大石を示唆した。刈田はサイパンでジェラード議員と取引中に中島組の組員らしき強盗団に襲われ、大金を奪われる。被害にあったのが日米の両議員のうえ巨額の金銭とあって、鬼島検事正は大規模な捜査活動を開始する。身の危険を悟った大石は帰国した春男と愛人をガス自殺にみせかけ口を封じ、重病を装って入院した刈田も毒殺して、サイパン事件の賄賂の領収書を取り戻そうとする。だが領収書は由紀子の手にあり、それを大山から外科部長の椅子を約束された一宮が買い取った。さらに大山はサイパン事件の仕掛人、川西も抱き込み、佐倉の背信行為を示唆するのであった。一方、佐倉も大石に勝った大山を消すことをファミリーの一宮に託す。医者としての地位をとるか、佐倉に従うか一宮は苦脳する。時同じくしてアメリカでのジェラードの証言が報じられ、大山とジェラード、大石と故刈田の黒い関係が報道されて、大山は病気再発を理由に入院した。又、川西は関東同盟の報復で悲惨な最後を遂げた。佐倉はついに関東の壁を破ったかに見えたが……。

関連するキネマ旬報の記事