男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

歌麿 夢と知りせば

  • うたまろゆめとしりせば
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    66.9点(17人)

  • 観たひと

    36

  • 観たいひと

    7

  • レビューの数

    3

基本情報

ジャンル 時代劇 / エロス
製作国 日本
製作年 1977
公開年月日 1977/9/17
上映時間 140分
製作会社 太陽社
配給 日本ヘラルド映画
レイティング R指定
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 モノラル
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督実相寺昭雄 
脚本実相寺昭雄 
武末勝 
製作葛井欣士郎 
撮影中堀正夫 
美術西岡善信 
池谷仙克 
音楽広瀬量平 
録音二見貞行 
広瀬浩一 
照明佐野武治 
編集浦岡敬一 
製作主任鈴木道朗 
助監督下村膳二 
都築一興 
スチル玉川清 

キャスト

出演岸田森 歌暦
山城新伍 嶺山月
成田三樹夫 蔦屋重三郎
岡田英次 田沼意次
内田良平 風来山人
尾藤イサオ 源太
東野英心 赤石丹後守
田村亮 佐野善左衛門
寺田農 影師申吉
仲谷昇 松平定信
樋浦勉 摺師万平
菅貫太郎 北斎
富川徹夫 郡主膳
村松克巳 乞食
小林昭二 橘左近
玉川伊佐男 桧前屋宗兵衛
中丸忠雄 志水燕十
岸田今日子 お千佳
瑳峨三智子 大奥老女
長嶺ヤス子 巫女
渡辺とく子 沢乃井
八並映子 夜鷹
桜井浩子 お志麻
永野裕紀子 おふみ
鹿沼えり お美代
太田美緒 おその
中川梨絵 朱雀
三田和代 お奈津
緑魔子 お涼
平幹二朗 市川団鶴・夢の浮橋

解説

世界に宣伝された浮世絵師、喜多川歌磨を主人公に、その浮世絵のように爛熟し花開いた江戸文化のなかに、実在・虚構の人物を、さながら群舞の如く配して、彼らの愛と夢の交錯するさまをエロティックに描く。脚本は実相寺昭雄と「新・団地妻 夫婦交換」の武末勝の共同、監督は「あさき夢みし」の実相寺昭雄、撮影は中堀正夫のそれぞれが担当。125分に再編集したR-18版も有。

あらすじ

寝静まる江戸の夜。飛騨屋の蔵から、逸品の茶碗が盗まれた。壁にはただ一字“夢”と書き示されていた。江戸っ子の喝采を浴びている“夢の浮橋”の犯行であった。狂歌仲間の蔦屋重三郎、燕十、風来山人、田沼意次、そして歌磨は、料理茶屋に踏みこんできた役人から“浮橋”をかくまってやった。礼を云い去っていく“浮橋”に歌磨は鮮やかな印象をもつ。ある日、浅草奥山の人混みのなかで歌磨は騒ぎに巻きこまれ、役人に囲まれたところを立役者市川団鶴に救われる。歌磨は市川団鶴が“浮橋”に似てると思った。女が描けず考えこむ歌磨に、燕十と風来山人は交合図を覗かせようと吉原に連れこむ。そんな時、同じ吉原で、丹後守と宗兵衛によって“田沼失脚”の陰謀が画策されていた。ある日、歌磨は高貴で美しい女性に出会う。あの美しさを描きたいと念ずる心とは裏腹に、筆はいっこうに進まない。思い余った歌磨は町から乞食を連れ帰えり、彼に女房のお奈津を襲わせた。歌磨は蒼ざめた表情で筆を手にしたが、やるせない思いで、外に飛び出した。夜道をふらつく歌磨に、いつか、浅草で出会ったお涼が声をかけた。歌磨は誘われるまま、その夜お涼を抱いた。翌朝、家に戻ると、お奈津の姿は消えていた。季節はいつしか夏へ変わる。ある日、浮橋を手引きしたおそのが掴まる。役人のむごたらしい責めを受けながら、男への愛を語るその姿は、歌磨に衝撃を与えずにはおかなかった。天明六年、田沼意次失脚。世の中はあわただしく変っていく中で歌磨の絵は世間に認められ、人気を高めていく。そんな時、歌磨は写楽の絵に出会い、深い衝撃をうける。歌磨は、何かを探すように旅に出た。お奈津との再会、北斎と名のる絵師との出会い、旅は歌麿に人生を悟らせた。そして江戸に帰った歌磨を待ちかまえていたのは、風俗・文化を厳しく統制する寛政の改革であった。浮世絵は焼きすてられ、歌磨は処罰を受けた。そんな時、江戸に大火災がおこる。買占めた材木で一儲けを企む桧前屋と丹後守が付火をさせたのだ。酒を酌み交す二人の前に、憎悪に燃える“浮橋”が現われ、二人を斬りすてる。“浮橋”それはまさしく、団鶴であった。牢から放り出された歌磨が変りはてた江戸の町を行く。だが、町行く人々の喧騒はきょうも変らない。夢を捨てきれぬ歌磨は噛みしめるように歩く。そして、歌磨は、しだいに人混みの中にかき消されていった。それは、歌磨が描く自分自身の浮世絵に似て、どこか、夢への旅立とも思える姿であった。

関連するキネマ旬報の記事

1977年9月下旬号

グラビア:「歌麿-夢と知りせば」

日本映画紹介:歌麿-夢と知りせば

1977年7月下旬号

キネ旬試写室:歌麿-夢と知りせば

1976年12月上旬号

グラビア:「歌麿-夢と知りせば」スタート