男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

キンキンのルンペン大将

  • きんきんのるんぺんたいしょう
  • ----
  • ----


  • 平均評点

    51.6点(16人)

  • 観たひと

    24

  • 観たいひと

    1

  • レビューの数

    3

基本情報

ジャンル コメディ
製作国 日本
製作年 1976
公開年月日 1976/4/24
上映時間 86分
製作会社 東映東京映画
配給 東映
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督石井輝男 
脚本山崎巌 
石井輝男 
企画天尾完次 
高村賢治 
撮影花沢鎮男 
美術藤田博 
音楽鏑木創 
録音内田陽造 
照明山口利雄 
編集祖田富美夫 
助監督馬場昭格 
スチール藤井善男 

キャスト

出演愛川欽也 二宮清十郎
坂口良子 白川秋子
星正人 山田信介
伴淳三郎 遠藤大五郎
田中邦衛 駒井鉄五郎
相馬剛三 権造
砂塚秀夫 オカマのユキ子
団巌 ヒゲ面のオカマ
小林亜星 保線区主任
三島ゆり子 二宮君子
松井康子 有閑マダム
春川ますみ 有閑マダム
岡久子 君子の助手
星野みどり 道子
章文栄 食堂のレジの女
南利明 食堂のレジの親父
久地明 食堂のレジの店員
横山繁 食堂のレジの店員
湯原昌幸 交通警官
武智豊子 ジュース屋
殿山泰司 靴問屋の親父
伊達弘 パトロール
今野雄二 パトロール
鰐淵晴子 東陽軒の女店員
和田アキ子 職安の係員
せんだみつお 職さがしの青年
毒蝮三太夫 運転手
城春樹 助手
美原亮 八百長主人長七
小島三児 遊園地警備主任
加藤治子 同人形館の客
幸英三 同係長
林光一 ルンペン
青木卓 おかま
沢田浩二 不審な男

解説

働き者で真面目だが失敗ばかりするため社会から落伍した中年男の悲哀を描く喜劇。脚本は「高校生無頼控 感じるゥ~ムラマサ」の山崎巌、監督は脚本も執筆している「爆発!暴走遊戯」の石井輝男、撮影は「東京ディープスロート夫人」の花沢鎮男がそれぞれ担当。

あらすじ

これまでに失敗を繰り返して何度となく職を首となった二宮清十郎は、女房の君子に毎日のように罵しられるために、わずかな手荷物を持って故郷の山形を後にした。胸を弾ませての上京だったが、第一日目にして金を失くしてしまった。仕方なく上野の山をぶらついていると、数人のルンペンが接近して来て、地見屋の駒井鉄五郎、仲間から会長と慕われている遠藤大五郎らにルンペン社会に入ることを奬められた。清十郎は会長の人間味ある優しさに甘え、抵抗なく従った。そんなある日、清十郎は集団就職で上京したものの会社が倒産して途方に暮れている、同じ山形出身の白川秋子と知り合った。彼女に同情した清十郎は、咄嗟に靴問屋の住み込み倉庫番の職を探し、秋子と生活するようになった。しかし夢のような生活も束の間、ボヤを出して仕事は首になり、さらに会長の死が知らされた。もう、これ以上、世話にはなれないと、秋子が姿を消した。以来、清十郎は仕事を見付けては失敗し首になり、ヤケ酒を呑む毎日が続いた。一方、秋子は以前知り合った青年山田信介の紹介で仕事につき、二人は愛し合うようになっていた。その頃、清十郎もロウ人形館の仕事にありついた。そんなある日、秋子が清十郎に会いに来て、結婚したいと言った。自分への求婚と錯覚し、嬉しさのあまり踊り狂った清十郎だったが、やがて相手が自分でないと知った。清十郎は去って行く秋子を見送りながら、一人でステップを踏み続けるのだった。

関連するキネマ旬報の記事

1976年6月上旬号

日本映画批評:キンキンのルンペン大将

1976年5月下旬号

日本映画紹介:キンキンのルンペン大将

1976年5月上旬号

グラビア:「キンキンのルンペン大将」