男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

私をスキーに連れてって

  • わたしをすきーにつれてって
  • Take Me out to the Snowland
  • Take Me out to the Snowland

amazon


  • 平均評点

    71.6点(246人)

  • 観たひと

    414

  • 観たいひと

    12

  • レビューの数

    32

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 1987
公開年月日 1987/11/21
上映時間 98分
製作会社 フジテレビ=小学館(製作協力 メリエス)
配給 東宝
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督馬場康夫 
脚本一色伸幸 
原作ホイチョイ・プロダクション 
企画宮内正喜 
製作三ツ井康 
プロデューサー宮島秀司 
河井真也 
撮影長谷川元吉 
美術和田洋 
音楽杉山卓夫 
挿入歌松任谷由実:(「恋人がサンタクロース」ほか)
録音佐藤泰博 
照明中村一郎 
編集冨田功 
助監督佐藤敏宏 
スチール藤沢俊夫 
製作協力メリエス 
宣伝プロデューサー大野浩 

キャスト

出演原田知世 池上優
三上博史 矢野文男
原田貴和子 佐藤真理子
沖田浩之 小杉正明
高橋ひとみ 羽田ヒロコ
布施博 泉和彦
鳥越マリ 恭世
飛田ゆき乃 ゆり江
竹中直人 所崎
田中邦衛 田山雄一郎

解説

スキーはプロ級だが都会では冴えないサラリーマンの青年が恋に仕事に目覚め、自立していく姿を描く。ホイチョイ・プロダクションの原作をもとに「恐怖のヤッチャン」の一色伸幸が脚本執筆。馬場和夫の第一回監督作品で、撮影は「おニャン子・ザ・ムービー 危機イッパツ!」の長谷川元吉が担当。

あらすじ

矢野文男はある商社に勤める26歳のサラリーマン。仕事ぶりも恋もいまひとつパッとしない都会人だが、大学時代からスキー選手として鳴らしてそちらのほうはプロ級の腕前、ゲレンデではいつもスターなのだ。会社ではスキーの名門ブランド“サロット”の販売を、元ワールドカッブ選手・田山のプロジェクトで行なっていたが、矢野も部外者ながら手伝っていた。クリスマス、奥志賀のスキーツアーで矢野はOLの池上優と知り合い、一目ぼれ。矢野の高校時代からのスキー仲間、正明、真理子、和彦、ヒロコの四人もなんとか二人をくっつけようとするが、オクテな矢野はなかなかアプローチすることができない。ようやく電話番号を教えてもらったが、それはデタラメの番号だった。東京へ戻ったが優と連絡が取れずに落ち込んでいた。ある日、彼は仕事のミスで常務に呼び出され、なんと社内で優とバッタリ。彼女は同じ会社の常務秘書だったのだ。田山が企画したサロットの新しいウエアの発表会が、バレンタインデーに万座のスキー場で行われることになった。矢野もその準備に忙しく、せっかくの優とのデートにも遅れたり、行けなかったり。矢野は優のためにバレンタインの日は、スキーツアーに参加することにした。当日、矢野は優や仲間たちと志賀でスキーを楽しむ。ところが、万座では田山に反発する所崎らの陰謀により発表用のウエアが一着も届いていなかった。頼みは矢野たちの身に着けている6着のみ。矢野がつかまらないので、真理子とヒロコが車で万座へ向かった。しかし、それでは間に合わないと思い、優はウエアを着込みスキーで万座を目指したが、志賀・万座間は難所が多くスキー歴の浅い彼女には自殺行為だった。トラブルに気づき、矢野は優の後を追った。一方、真理子らの車は途中で横転。夜になり矢野と優もスキーでは走れなくなったが、運よく正明と和彦がライトを背負い応援に来た。4人は万座へ急ぐが、発表会場はすでにガランとしていた。間に合わなかったかに見えたが先に着いた真理子とヒロコがモデルとなり野外では撮影会が始まっていた。サロットのペアルックの文男と優も舞台に上がり写真撮影に応じる。その場で優は文男にバレンタインのチョコレートを渡した。

関連するキネマ旬報の記事

1988年1月上旬号

日本映画紹介:私をスキーに連れてって

1987年12月下旬号

日本映画批評:私をスキーに連れてって

1987年12月上旬号

グラビア:私をスキーに連れてって