男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

星くず兄弟の伝説

  • ほしくずきょうだいのでんせつ
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    68.1点(32人)

  • 観たひと

    57

  • 観たいひと

    7

  • レビューの数

    10

基本情報

ジャンル ミュージカル / コメディ / ファンタジー
製作国 日本
製作年 1985
公開年月日 1985/6/15
上映時間 98分
製作会社 「星くず兄弟の伝説」プロジェクト
配給 シネセゾン
レイティング 一般映画
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード
メディアタイプ フィルム
音声
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督手塚眞 
脚本手塚眞 
原案近田春夫 
製作総指揮近田春夫 
プロデューサー春田克典 
高木英一 
一瀬隆重 
鈴木光一 
撮影大澤栄一 
美術藤田泰男 
音楽監督近田春夫 
録音矢込弘明 
音響鷹取敬 
照明吉山清二 
編集手塚眞 
岸眞理 
助監督平川弘喜 
スチール矢島康充 

キャスト

出演久保田しんご シンゴ
高木完 カン
戸川京子 マリモ
ISSAY 虹カヲル
尾崎紀世彦 アトミック南
渡辺和博 清瀬
大村千吉 中角
三谷昇 曽根
横山あきお 三福
サンプラザ中野 ガードマンA
タコ ガードマンB
山岸亜由子 アケビ
今井萠 キナコ
金津宏 キンちゃん
エブリン シンゴの愛人
石上三登志 サロン魚の目のホスト
景山民夫 アトミック・ギャング
高田文夫 アトミック・ギャング
中島らも アトミック・ギャング
清水寛 アトミック・ギャング
長谷川徹 美青年
高野寛 シークレットサービス
江蔵浩一 ロンドンブーツ
白岩秀敏 ロンドンブーツ
加藤正樹 ロンドンブーツ
大木雄司 スーパーカーズ
宮田繁雄 スーパーカーズ
伊藤絵理子 スーパーカーズ
戸川純 スターダストカーの美女
川崎徹 CFディレクター
加藤文近 CFクライアント
森本レオ 買物袋の兄さん
永島慎二 ゲイバーの客
モンキー・パンチ ゲイバーの客
高橋葉介 ゲイバーの客
イコシン サロン魚の目の客
太田螢一 サロン魚の目の客
海琳正道 サロン魚の目の客
泉水敏郎 サロン魚の目の客
黒沢清 サロン魚の目の客
楠田恵子 サロン魚の目の客
池田新一 アトミックダンサー
北尾昌久 アトミックダンサー
高橋一雄 アトミックダンサー
中川浩 アトミックダンサー
本間仁 アトミックダンサー
出演(声)伊武雅刀 謎の男(声)

解説

駆け出しのミュージシャンがコンビを組み、スターへの道を駆け上がっていった“スターダスト・ブラザーズ”の物語。その栄光と挫折をコミカルに描いたロック・ミュージカル・コメディ。ミュージシャンの近田春夫が原案・製作総指揮・音楽を、監督・脚本は数多くの自主映画作品を手掛けて注目を浴び、これが第一回劇場用監督作品となる手塚眞、撮影は大澤栄一。DJの草分け的存在の高木完、インディーズロッカーの久保田慎吾らのアーティストが出演。尾崎紀世彦が圧巻の歌唱力を披露、戸川京子がキュートなアイドルを演じ、タモリや高田文夫、サンプラザ中野、黒沢清ら当時から人気の文化人、ミュージシャン、タレント、俳優、漫画家、小説家、映画監督など多くの文化人、クリエイターがカメオ出演。画面のあちこちに顔を出している。

あらすじ

20世紀末期あたりのナイトクラブ“魚の目”に出演中の“スターダスト・ブラザーズ”は回想を始める。ドジで短気だがお人好しのシンゴと、キザだが優しい二枚目半のカンは、もともとライバル同士だった。ライブハウスに出演中の二人に目をつけスカウトしたのが、音楽界の大プロデューサー、アトミック南である。アトミック・プロを訪ねた二人は、玄関ホールで歌手志望の少女マリモと出会う。南はシンゴとカンを、二人組のミュージンャン“スターダスト・ブラザーズ”としてデビューさせた。マリモは彼らのファンクラブの会長となった。南の戦略でマスコミは“スターダスト・ブラザーズ”を、あっという間に当世の人気スターに仕立てあげた。人気スターになった二人は、いい気になり実力も気にせずやりたい放題、遊んでばかりで人気は下がり始める。ひょんなことからマリモが、人気スターの仲間入りをし、立場が逆転した。南はその手腕を政治家に買われ、ある政治家の子息・虹カヲルをデビューさせた。カオルは人気スターの座につくが、ハンサムなその容貌とは裏腹に陰湿で屈折した性格だった。マリモに惚れたカヲルは、マネージャーを使って彼女をホテルに呼び出す。マリモを救出したシンゴとカンを、カヲルが私設ギャング団を率いて追う。カヲルの放った弾丸が、シンゴに命中しようとした瞬間、南が飛び出して撃たれてしまう……。

関連するキネマ旬報の記事

1985年8月上旬号

日本映画批評:星くず兄弟の伝説

1985年7月上旬号

日本映画紹介:星くず兄弟の伝説

1985年6月下旬号

グラビア:星くず兄弟の伝説

〈特別対談〉:2 「星くず兄弟の伝説」を語ろう 手塚真×大林宣彦

1985年3月上旬号

試写室:星くず兄弟の伝説

1985年1月下旬号

〈特別グラビア〉:撮影現場訪問「星くず兄弟の伝説」