天国と地獄

てんごくとじごく|High and Low|High and Low

天国と地獄

amazon
レビューの数

91

平均評点

86.0(580人)

観たひと

966

観たいひと

136

基本情報▼ もっと見る▲ 閉じる

ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 日本
製作年 1963
公開年月日 1963/3/1
上映時間 143分
製作会社 東宝=黒澤プロダクション
配給 東宝
レイティング 一般映画
カラー モノクロ/シネスコ
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
上映フォーマット 35mm
メディアタイプ フィルム
音声 4chステレオ

スタッフ ▼ もっと見る▲ 閉じる

監督黒澤明 
脚色小国英雄 
菊島隆三 
久板栄二郎 
黒澤明 
原作エド・マクベイン 
製作田中友幸 
菊島隆三 
撮影中井朝一 
斎藤孝雄 
美術村木与四郎 
小道具野島秋雄 
音楽佐藤勝 
録音矢野口文雄 
整音下永尚 
音響効果三縄一郎 
照明森弘充 
衣裳鈴木身幸 
製作担当者根津博 
チーフ助監督森谷司郎 
記録野上照代 
スチル副田正男 
特殊機械大隅銀造 
撮影助手原一民 
編集助手兼子玲子 

キャスト ▼ もっと見る▲ 閉じる

出演三船敏郎 権藤金吾
香川京子 権藤伶子
江木俊夫 権藤純
佐田豊 青木
島津雅彦 青木進一
仲代達矢 戸倉警部
石山健二郎 田口部長刑事
木村功 荒井刑事
加藤武 中尾刑事
三橋達也 河西
伊藤雄之助 馬場専務
中村伸郎 石丸重役
田崎潤 神谷重役
志村喬 捜査本部長
藤田進 捜査一課長
土屋嘉男 村田刑事
三井弘次 新聞記者A
千秋実 新聞記者B
北村和夫 新聞記者C
東野英治郎 年配の工員
藤原釜足 病院の火夫
沢村いき雄 横浜駅の乗務員
山崎努 竹内銀次郎
山茶花究 債権者A
西村晃 債権者B
清水将夫 刑務所長
清水耕次 魚市場の事務員
熊倉一雄 魚市場の事務員(声)
清水元 内科医長
名古屋章 山本刑事
浜村純 債権者
織田政雄 税務署執行吏
西村晃 債権者
田島義文 看守長
宇南山宏 島田刑事
牧野義介 高橋刑事
近藤準 刑事
鈴木智 小池刑事
大村千吉 病院の外来患者
加藤和夫 鑑識課員
菅井きん 麻薬患者
富田恵子 麻薬患者・殺される女
小野田功 麻薬患者
田口精一 中村刑事
松下猛夫 税務署執行吏
山本清 上野刑事
伊藤実 刑事
鈴木治夫 刑事
大滝秀治 新聞記者

解説 ▼ もっと見る▲ 閉じる

エド・マクベイン原作“キングの身代金”を「椿三十郎」の小国英雄、菊島隆三、久板栄二郎、黒澤明が共同で脚色、黒澤明が監督した刑事もの。撮影は「娘と私」の中井朝一と「ニッポン無責任時代」の斎藤孝雄。

あらすじ ▼ もっと見る▲ 閉じる

ナショナル・シューズの権藤専務は、大変な事件に巻込まれてしまった。明日まで五千万円を大阪に送らないと、次期総会で立場が危くなるというのに、息子の純と間違えて運転手の息子進一を連れていってしまった誘拐犯人から、三千万円をよこさないと進一を殺すという電話があったからだ。苦境に立った権藤は結局金を出すことになった。権藤邸に張りこんだ戸倉警部達は権藤の立場を知って犯人に憎しみを持った。金を渡す場所。それは、明日の第二こだまに乗れということだった。犯人は戸倉警部達を嘲笑するかのごとく、巧みに金を奪って逃げた。進一は無事にもどった。権藤は会社を追われ、債権者が殺到した。青木は進一の書いた絵から、監禁された場所を江の島附近と知って、進一を車に乗せて江の島へ毎日でかけていった。田口部長と荒井刑事は、犯人が乗り捨てた盗難車から、やはり江の島の魚市場附近という鑑識の報告から江の島にとんだ。そこで青木と合流した二人は、進一の言葉から、ついにその場所を探り出した。その家には男と女が死んでいた。麻薬によるショック死だ。一方、戸倉警部は、ある病院の焼却煙突から牡丹色の煙があがるのをみて現場に急行した。金を入れた鞄には、水に沈めた場合と、燃やした場合の特殊装置がなされていたのだ。燃やすと牡丹色の煙が出る。その鞄を燃やした男はインターンの竹内銀次郎とわかった。また共犯者男女ともかつてこの病院で診察をうけており、そのカルテは竹内が書いていた。今竹内をあげても、共犯者殺人の証拠はむずかしい。戸倉警部は、二人の男女が持っていた二百五十万の札が、藤沢方面に現われたと新聞に発表する一方、竹内には、二人が死んでいた部屋の便箋の一番上の一枚に、ボールペンで書きなぐった後を復元した、「ヤクをくれヤクをくれなければ……」という手紙を巧妙に渡して、腰越の家に罠を張って待った。そして、竹内には十人からの刑事が尾行についた。竹内は横浜で麻薬を買った。肺水腫に犯された二人が麻薬純度九〇%のヘロインをうって死なないはずがない。竹内はそのヘロインを今度は、伊勢崎町の麻薬中毒者にあたえてためそうというのである。果して一グラム包〇・三%を常用している中毒者は忽ちにしてショック死した。彼は薬の効果を確かめてから、二人の男女中毒者をおいておいた腰越の別荘に走った。そこには、すでに戸倉警部の一行が、ずっとアミを張って待っているのだ。

キネマ旬報の記事 ▼ もっと見る▲ 閉じる

2017年11月上旬特別号

野上照代に訊く黒澤映画 「天国と地獄」後篇:インタビュー 野上照代

2007年11月上旬特別号

見逃してはいけない@スカパー!:『露木茂の「ニュース映画で見る昭和」』「天国と地獄」「縛り首の木」

1983年11月上旬号

特別企画 [黒澤明の全貌]によせて 第1回 私の黒澤映画:「天国と地獄」

1963年4月上旬春の特別号

日本映画批評:天国と地獄

日本映画紹介:天国と地獄

1963年3月下旬号

「天国と地獄」・黒沢明の世界:

1963年3月上旬増大号

2大シナリオ特集:天国と地獄 黒沢明監督(東宝映画)

1962年12月上旬号

新作グラビア:天国と地獄

1962年11月上旬号

秋の日本映画の大作探訪:「天国と地獄」と黒沢明

1962年9月上旬号

旬報万年筆:黒沢映画「天国と地獄」スタート

2017/10/24

2017/12/30

80点

映画館/神奈川県/TOHOシネマズららぽーと横浜 


シャッター

ネタバレ

会社重役の子供と間違えて運転手の子供を誘拐した犯人が、重役に身代金を要求する。
誘拐されたのは大手靴メーカーの重役付き運転手の子供、犯人は重役の子供と間違えた。しかし、犯人は重役に身代金を要求する。誘拐したのが誰であろうと身代金の要求が成り立つという論理だ。
前半の緊張感がグイグイと観客を引き込む。間違えた子供を犯人がどうするかという緊張感。会社の株を掌中に収めるために重役が家を抵当に入れてまで集めた大金を身代金に使うか否かという緊張感。重役と犯人のやり取りの緊張感。画面はほとんどが重役の家の広いリビングルームだが、緊張感、圧迫感に包まれる。まるで舞台劇のように話が進み、やっとカメラが外へ出たとき、緊張感はピークを、今や、あまりにも有名な特急列車を使った身代金渡しの場面を迎える。その緊張感は、今見ても全く色褪(あ)せていない。
初めて見たのは高校生か浪人生のときでテレビの放送だった。民放(確かフジテレビ)でCMは入るし、当時のテレビの画面は小さかった(今みたい大きな画面のテレビなかったし、アナログ放送のテレビ画面はさほど横に長くなかったので上下の黒みが入るとだいぶ小さい画面になった)が、テレビに釘付けになったのを覚えている。以来、何度か、確か劇場でも1回(大学生の頃、今はもうなくなった浅草東宝の黒澤特集オールナイト上映だった)見ている。それでも、色褪せては見えない。
タイトルの「天国と地獄」は、犯人が自分の家から見える高台の裕福な重役の家を天国、貧しい自分の居所を地獄に例えたことに由来するというのが、犯人が捕まった後に分かる。犯人が重役との対面を要求し、その話の中から見えてくる。この場面は最後に犯人が叫び声を上げ、刑務官が面会室から犯人を引っ張り出し、重役の前にシャッターが勢いよく降りて終わる。これがそのまま、この作品のラストシーンになるのだが、この場面を僕は今まで勘違いしていたかもしれない。
激しい音を立てて降りる真っ黒なシャッターは、そのまま、犯人と重役が全く違う世界にいることを示している。ということは、天国の人間と地獄の人間の間には断絶があるだけで、相手への理解とか共感とかがない。これは、あまり黒澤らしくないと思っていた。
しかし、今回見ていて気付いたのは、この場面の前の場面で、重役自身、腹黒いほかの役員を嫌って会社を辞め、抵当に入れた家も家財も差し押さえられて、無一文に等しくなってしまったということだ。重役も地獄に住むほうになっている。その後の重役は、対面の場面で分かるのだが、拾ってくれる人がいて小さな工場を任されて生計を立てているらしい。しかし、世界一の靴メーカーになろうという情熱を捨てていない。
つまり、地獄で犯人のように世をすね、刑(死刑)の確定後も悪びれない人間と、地獄にいても脱出をしようとする人間との間には隔たりがある。むしろあって当然だ。そういうことを象徴するのがあのシャッターではないか。そしてそれなら、まことに黒澤らしい。そう思いながら、映画館を出てきた。

2017/12/09

2017/12/10

-点

テレビ/無料放送/NHK BSプレミアム 


☆☆

2017/12/06

2017/12/06

90点

レンタル/神奈川県/TSUTAYA/TSUTAYA 日吉中央通り店/DVD 


無駄な場面のない完璧な映画

キネ旬の10月下旬号と11月上旬号の特集記事「野上照代に訊く黒澤映画」を読み、忘れている場面を確認するため再度視聴する。
特に確認したかった箇所
・犯人の居住する近辺のドブ川の汚れ具合を作るための監督のダメ出しと実現。これはどこかの運河での撮影であったとあるが、実際にはこの設定場所には、帷子川か新田間川が存在し当時は実際淀んでいたものでした。
・犯人がカバンを焼却した時のピンクの煙を出すパートカラーの製作。CGのない時代のフィルムでの苦労を知る。
・最後の犯人との面会シーンでのパネルに映る顔での会話。先般見た「三度目の殺人」でも確かに同様な手法をとられていたが、確かに参考にしたのでしょう。
横浜に住む私にとり、権藤邸のある浅間台、犯人の車が発見された綱島近辺の中原海道、最後の麻薬の巣窟の黄金町(名画座ジャック&ベティの存在する)など身近な場所が舞台だったことも改めてしった。とにかく刑事の捜査会議や尾行などワンカットも無駄のない完璧な映画です。

2017/10/29

2017/11/30

85点

映画館/東京都/楽天地シネマズ錦糸町 


叫び

 どう見てもただの頑固オヤジにしか見えないが(芝刈ってるシーンなんか休日のお父さんそのものですね)、大手シューズメーカーの重役の三船敏郎と、インテリではあるが貧しい暮らしをしている山崎努の対比でしょうか。近現代の日本も、確実に階級社会の中にあることを感じさせられます。
 黒澤明の兄の一人、黒澤丙午は、兄弟の中でも特に秀でた才能を持っていながら、不運により労働運動に参加し、最終的に愛人と心中しています。これを考えると本作は、その兄に対する鎮魂歌のようにも思えます。
 人は運が悪かった出来事は記憶に残りやすく、運が良かった出来事は忘れがちですね。権藤は運よく金持ちの令嬢と結婚し、専務まで上り詰めることができたことをもはや忘れていたかもしれません。地獄から天国へ這い上がろうとしたら、努力だけでは賄えない、ただならぬ豪運が必要になると思います。それを人の力で強引に捻じ曲げようとしたら、大きな犠牲が払われます。ラストは、社会の中で日の目を見ない場所にいて、うっすらとそのことに気づいている者たちの叫びなのでしょう。

2017/11/02

2017/11/23

70点

映画館/京都府/TOHOシネマズ二条 


この作品の見どころが登場してくるキャラクター全ての心象が見える前半部。犯人の動機というのが、イマイチ自己都合的に映るんだよな。。

ナショナル・シューズの権堂は競合が多くなり、利益重視のコスト削減に舵を切る会社に疑問を感じ、シューズ業界で革命を起こすべく、自宅まで抵当に入れ、経営陣の主導権を奪うために自社株買いに奔走していた。その中、突然息子を誘拐したという脅迫電話がかかってくる。しかし、しばらくすると彼の息子は何事もなかったように帰ってくる。いたずら電話だと一蹴しようとしたが、実は息子と一緒に遊んでいたお抱え運転手の息子が間違えて誘拐されたのだった。犯人にそのことを感づかれた権堂は、運転手のために株買いのために調達した5000万を使い、運転手の息子を救うことを決意する。誘拐犯は特急第二こだまに乗り、身代金を受け渡すことを要求するのだが。。エド・マクベイン原作“キングの身代金”を「椿三十郎」の小国英雄、菊島隆三、久板栄二郎、黒澤明が共同で脚色、黒澤明が1963年に製作・監督した刑事もの。

スクリーンで黒澤映画を楽しむという取り組み、今シーズンの第二弾。今回の鑑賞作はあまりに有名な「天国と地獄」。実はこの作品、僕が高専生だったときに、なぜか英語の時間に映画好きな英語の先生による鑑賞会で観た覚えがあります。同じ黒澤映画の「七人の侍」も同じ英語の時間に観たのですが、こちらのほうは実は前半部だけ観て、後半は僕が授業を休んだか、もしくは授業の都合だったのかで、観た記憶がないのです(笑)。なので、今まで僕の中での「天国と地獄」は、第二こだまでの身代金受け渡しシーン前後で止まっているのです。あの有名な白黒映画で一部カラーになる身代金が入った鞄を燃やすシーン(「踊る大捜査線 THE MOVIE」などの作品にも引用されている)や、結局犯人は誰だったのかという、映画の肝になる部分が、今回の鑑賞で知ることができ、ようやく僕のこの作品のもやもやした印象が拭い去った鑑賞となりました。

この作品は権堂がナショナル・シューズの自社株買いで勝負の1手を画策するところから、運転手の息子の誘拐が判明し、悩むところまでが第一部。身代金を出すことを決意し、第二こだまでの受け渡しから誘拐されていた運転手の息子が帰ってくるまでが第二部。そして戸倉刑事らの捜査から犯人逮捕まで至る第三部と大きく三分構成の作品かなと思います。僕が見どころだと感じるのは第一部の部分。今後事業を左右する男たちの駆け引きや、降ったように湧いた誘拐事件で権堂という人物の内面が問われるまで、主に権堂邸内で進む密室劇ですが、人物の心理描写がとてもダイナミックで、とても狭い空間だけで行われているのが信じられないほど。これは作品は違いますが、昨年見た「生きる」のちょうどお葬式の後半シーンと同じような熱気を感じるのですよね。動きはないが、登場人物たちの台詞1つ1つにカメラがダイナミックに動いていくところなどは、それぞれの登場人物たちの心象を表しているようでさすがということを感じます。

それに対し、いささか??なのが捕まる犯人の動機の部分なんですよね。題名の「天国と地獄」と同じように、丘の上に立つハイソな権藤一家を見上げる、地獄のような底辺に暮らす人々の恨みのようなものを代弁しているのでしょうが、やはり後半の独白シーンも犯人側の一方的な思い込みに過ぎないなと感じたりします。昨今の凶悪犯罪もそうですが、自分の勝手な都合だけで人の命を殺めてしまうということは、やはり悲しさという言葉の他にないなということを常に感じてしまいます。

#プレミアスクリーン

2017/10/23

2017/11/05

85点

映画館/北海道/札幌シネマフロンティア 


前半は犯人との行きつまる心理戦、後半は精鋭部隊の誘拐専門刑事たち決死の捜査網が描かれ、息もつかせぬ展開が続く。

「身代金を支払うことで、権藤が会社にいられなくなることはわかってるけど、でも自分のたった一人の息子は助けてほしい」
という青木さんの気持ちを考えると、わー、なんかもうなんとも言えないよ…。゚(゚´ω`゚)゚。
元から申し訳なさそうな顔をしているのに、さらに申し訳なささ三割増しくらいで権藤に懇願する青木さんに
「青木さんがんばれーー!\\\٩(๑`^´๑)۶////オオオオオオオオ!!!!!」
と、泣きながら応援してました。


人間描写も細かく描かれていたが、推理描写も秀逸。
「ここは日差しが眩しくてうだるような暑さで…」
という犯人の一言から、
「この電話の時間帯に陽光が入って且つ権藤邸が見上げられる公衆電話は…ここだ!m9`д´)」
と、電話の発信元を特定したり
車体に付いた痕跡から車の入手先を特定したりと、現場に残されたちょっとした証拠や何気ない一言で犯人の居場所を突き止めたりと、刑事たちの観察眼にひたすら脱帽。

キャラクターの個性がそれぞれ際立っていたのも、観ていて飽きさせなかった。
誘拐特別対策課の長、仲代達矢さん演じる戸倉警部が、ステキ…・:*+.\(( °ω° ))/.:+
冷静沈着、どんな時も落ち着いて部下たちに指示を出し、課を取りまとめる役どころ。
普段はクールなんだけど、犯人の卑劣な犯行に語気を強めて怒りを露わにするところもまた、ギャップがあっていいわぁ…(*´Д`*)ハァ--ン!

この映画にも出てました、木村了さん。
課の中でも一番の若手で少し頼りなさげだけど、子供には懐かれているところがなんとも可愛らしい(*´Д`*)ハキュン
身代金の受け渡しで新幹線に乗った際、うっかり居眠りしてしまって、先輩刑事から
「慰安旅行じゃねーんだぞ゚A`)≡〇)`Д゚).」
と、どつかれて起こされるところも可愛らしい(*´Д`*)ハキュン

犯人の動機が
「自分が住むこの部屋は、夏は暑く冬は寒くて寝られもしない。そんな毎日の中、ふと高台にある権藤さんの家を見ていたら、なんとも腹立たしくなったんですよ…」
って、なんだそりゃ( ゚д゚)ペッ


でも、疲労困憊な日々が続く中、自分よりも幸福な暮らしをしている人たちを見せつけられていたら、竹内のように考えてしまうのも仕方ないのかな…なんて思ったり。
人が犯罪を起こす動機なんて、案外そんなものなのかもしれませんな…(`Д´;)ヌゥ