男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

ワイルドバンチ

  • わいるどばんち
  • The Wild Bunch
  • The Wild Bunch

amazon


  • 平均評点

    78.4点(323人)

  • 観たひと

    486

  • 観たいひと

    39

  • レビューの数

    62

基本情報

ジャンル 西部劇 / アクション / バイオレンス
製作国 アメリカ
製作年 1969
公開年月日 1969/8/9
上映時間 134分
製作会社 ワーナー
配給 ワーナー
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

ストーリーはロイ・N・シックナーとワロン・グリーン、脚色はサム・ペキンパーとワロン・グリーン、監督は「ダンディー少佐」のサム・ペキンパーで、悪党たちを主役にした西部劇。撮影は「墓石と決闘」のルシエン・バラード、音楽は「野望の系列」のジェリー・フィールディング、美術はエドワード・キャレアの担当。出演はウィリアム・ホールデン、アーネスト・ボーグナイン、ロバート・ライアン、エドモンド・オブライエンほか。製作は新鋭フィル・フェルドマン。

あらすじ

1913年、テキサスとメキシコの国境の町。パイク(ウィリアム・ホールデン)をリーダーに、ダッチ(アーネスト・ボーグナイン)ら武装強盗団の一味は、鉄道会社の金庫を襲う。しかし、これは鉄道会社の経営者がパイクたちをおびき寄せるための罠で、待ち伏せていた賞金稼ぎたちと壮絶な撃ち合いになる。賞金稼ぎのリーダーは、パイクの昔の仲間で、仮釈放中のソーントン(ロバート・ライアン)だった。仲間を失いながらも、パイク一味は、老ガンマンのサイクス(エドモンド・オブライエン)の待つ農場にたどり着く。ニセの銀貨を掴まされ、仕事に失敗したパイク一味は、国境を越えてメキシコに逃れる。その後をソーントンとバウンティハンターたちが追っていた。1ヵ月以内にパイク一味を捕まえればソーントンの罪は帳消しになるのだ。やがてパイク一味はメキシコの小さな村にたどり着く。そこは一味の1人、エンジェルの故郷だった。そこで、エンジェルの恋人テレサが、マパッチ将軍の政府軍部隊に連れ去られたことを知る。パイクたちは追っ手を逃れ、マパッチの部隊の駐屯地アグア・ベルデにたどり着く。そこで、マパッチの膝の上に乗っているテレサを見たエンジェルは、彼女を射殺してしまう。エンジェルは捕らえられるが、マパッチを狙ったのではないと分かり釈放された。パイクは、マパッチから1万ドルの報酬でアメリカの軍用列車から武器を奪うよう依頼され、引き受ける。列車強盗は成功するが、マパッチの裏切りを予測し、武器と報酬を小分けに交換する。しかし、エンジェルが武器の一部を反政府ゲリラに渡した事がばれ、エンジェルは捕まってしまう。パイクたちは、仲間のエンジェルを助けるために、4人でマパッチの軍団に戦いを挑む……。

関連するキネマ旬報の記事

2010年7月上旬号

午前十時の映画祭:「戦場にかける橋」「ゴッドファーザー」「ワイルドバンチ」