男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

ほかげ

  • ほかげ
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    77.1点(156人)

  • 観たひと

    211

  • 観たいひと

    35

  • レビューの数

    43

基本情報

ジャンル 戦争 / ヒューマン / ドラマ
製作国 日本
製作年 2023
公開年月日 2023/11/25
上映時間 95分
製作会社 海獣シアター
配給 新日本映画社
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 5.1ch
上映フォーマット デジタル

スタッフ

監督塚本晋也 
脚本塚本晋也 
製作塚本晋也 
撮影塚本晋也 
美術デザインMASAKO 
美術中嶋義明 
音楽石川忠 
音響演出北田雅也 
照明中西克之 
編集塚本晋也 
衣装佐々木翔 
ヘアメイク大橋菜冬 
助監督林啓史 
ロケーションコーディネート強瀬誠 

キャスト

(C)2023 SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER

場面

予告編


     

解説

「野火」の塚本晋也が、終戦後の闇市を舞台に、絶望と闇を抱えたまま混沌の中で生きる民衆の姿を通して、戦争を見つめる。戦争で家族を亡くし、半焼けになった小さな居酒屋で、体を売りながら孤独に暮らす女の前に、食べ物を盗んで暮らす戦災孤児が現れる。出演はNHKの連続テレビ小説『ブギウギ』の趣里、「シン・仮面ライダー」の森山未來。

あらすじ

戦争で家族を亡くし、半焼けになった小さな居酒屋で1人、孤独に暮らす女(趣里)は、体を売ることを斡旋され、絶望に抗うこともできず、その日その日を過ごしていた。一方、空襲で家族を失った子ども(塚尾桜雅)は、闇市で食べ物を盗んで暮らしていた。だが、ある日盗みに入った居酒屋で女の姿を目にして、そこに入り浸るようになり……。

関連するキネマ旬報の記事

2024年2月号増刊

日本映画ベスト・テン:

2023年12月号

北野武、塚本晋也、三池崇 -それぞれの個性がいま、立っている場所:「ほかげ」 インタビュー 塚本晋也[監督・脚本・撮影・編集]

北野武、塚本晋也、三池崇 -それぞれの個性がいま、立っている場所:「ほかげ」 レビュー

REVIEW 日本映画&外国映画:「ほかげ」

UPCOMING新作紹介:「ほかげ」