男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

怪物の木こり

  • かいぶつのきこり
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    67.8点(121人)

  • 観たひと

    168

  • 観たいひと

    20

  • レビューの数

    24

基本情報

ジャンル バイオレンス / サスペンス・ミステリー / スリラー
製作国 日本
製作年 2023
公開年月日 2023/12/1
上映時間 118分
製作会社 「怪物の木こり」製作委員会(製作幹事:ワーナー・ブラザース映画/制作プロダクション:OLM/制作協力:楽映舎)
配給 ワーナー・ブラザース映画
レイティング PG-12
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ ビデオ 他
音声
上映フォーマット デジタル

スタッフ

監督三池崇史 
脚本小岩井宏悦 
原作倉井眉介:(「怪物の木こり」(宝島社文庫))
エグゼクティブプロデューサー小岩井宏悦 
製作高橋雅美 
勝股英夫 
中村浩子 
竹澤浩 
滝沢昌志 
陳金歓 
藤倉尚 
奥野敏聡 
芦田拓真 
牧田英之 
渡辺章仁 
五十嵐淳之 
梅景匡之 
プロデューサー坂美佐子 
前田茂司 
キャラクタースーパーバイザー前田勇弥 
画コンテ相馬宏充 
撮影北信康 
美術坂本朗 
装飾谷田サチヲ 
伊藤実穂 
小道具谷田サチヲ 
伊藤実穂 
音楽遠藤浩二 
音楽スーパーバイザー杉田寿宏 
主題歌SEKAI NO OWARI:(「深海魚」(ユニバーサル ミュージック))
照明柴田雄大 
録音中村淳 
編集相良直一郎 
ヘアメイクディレクター酒井啓介 
スーパーヴァイジングサウンドエディター勝俣まさとし 
キャスティングプロデューサー杉野剛 
ラインプロデューサー今井朝幸 
善田真也 
助監督谷口正行 
VFXスーパーバイザー太田垣香織 
特殊メイク百武朋 
特殊造形百武朋 
スタントコーディネーター辻井啓伺 
劇中絵本・絵松本弘 
サイコパス監修中野信子 

キャスト

出演亀梨和也 二宮彰
菜々緒 戸城嵐子
吉岡里帆 荷見映美
柚希礼音 東間翠
みのすけ 
堀部圭亮 
渋川清彦 乾登人
染谷将太 杉谷九朗
中村獅童 剣持武士

(C)2023「怪物の木こり」製作委員会

場面

予告編


     

解説

第17回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞した倉井眉介による同名小説を原作に、三池崇史監督が映画化。斧で頭を割って脳を奪い去る連続猟奇殺人事件が発生。次の標的として弁護士・二宮彰が狙われるが、彼は殺人鬼を上回るほどの冷血非情なサイコパスだった。出演は「事故物件 恐い間取り」の亀梨和也、「地獄の花園」の菜々緒、「ハケンアニメ!」の吉岡里帆。

あらすじ

絵本『怪物の木こり』の怪物の仮面を被った何者かが、斧で頭を割って人の脳を奪い去る連続猟奇殺人事件が発生。その捜査線上に犯人が唯一殺し損ねた男、弁護士・二宮彰(亀梨和也)の名が浮上する。だが二宮は目的のためには殺人すらいとわない冷血非情なサイコパスだった。警察が総力を挙げて捜査を進めるなか、二宮は犯人への逆襲を狙う。そんななか、捜査本部で孤立しながらも連続殺人事件を追う警視庁のプロファイラー戸城嵐子(菜々緒)、二宮の婚約者・荷見映美(吉岡里帆)、二宮の協力者であるサイコパス脳外科医・杉谷九朗(染谷将太)、過去の殺人事件の容疑者・剣持武士(中村獅童)など、様々な人物の思惑が複雑に絡み合いながら、捜査は混迷を極めてゆく……。

関連するキネマ旬報の記事

2023年12月号

北野武、塚本晋也、三池崇 -それぞれの個性がいま、立っている場所:「怪物の木こり」 インタビュー 三池崇史[監督]

北野武、塚本晋也、三池崇 -それぞれの個性がいま、立っている場所:「怪物の木こり」 レビュー

REVIEW 日本映画&外国映画:「怪物の木こり」

UPCOMING新作紹介:「怪物の木こり」

キネマ旬報増刊 キネマ旬報NEXT Vol.53 京本大我 ミュージカル『シェルブールの雨傘』

SPECIAL ISSUE 音楽で紡ぐエンタメ Entertainment woven by music:「大きな覚悟を持って時間を過ごし始めている」 亀梨和也が見据える、これからの自分 「怪物の木こり」