男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

おしょりん

  • おしょりん
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    72.6点(25人)

  • 観たひと

    34

  • 観たいひと

    4

  • レビューの数

    8

基本情報

ジャンル 伝記 / ヒューマン / ドラマ
製作国 日本
製作年 2023
公開年月日 2023/11/3
上映時間 120分
製作会社 「おしょりん」制作委員会(制作プロダクション:広栄=トロッコフィルム)
配給 KADOKAWA
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ ビデオ 他
音声
上映フォーマット デジタル

スタッフ

監督児玉宜久 
脚本児玉宜久 
関えり香 
原作藤岡陽子:(「おしょりん」(ポプラ社))
製作総指揮新道忠志 
プロデューサー河合広栄 
撮影岸本正人 
美術黒瀧きみえ 
装飾鈴村高正 
エンディング曲MORISAKI WIN:(「Dear」(日本コロムビア))
録音林昭一 
整音瀬川徹夫 
照明桑原伸也 
編集村上雅樹 
衣装田中洋子 
ヘアメイク西村佳苗子 
ラインプロデューサー川口浩史 
制作担当相良晶 
助監督宮崎剛 
記録目黒亜希子 

キャスト

出演北乃きい 増永むめ
森崎ウィン 増永幸八
駿河太郎 増永末吉
高橋愛 増永小春
秋田汐梨 橋本千代
磯野貴理子 米田ミツノ
津田寛治 豊島松太郎
榎木孝明 久々津五郎右衛門
東てる美 久々津きり
佐野史郎 橋本清三郎
かたせ梨乃 増永せの
小泉孝太郎 増永五左衛門

(C)「おしょりん」制作委員会

場面

予告編


     

解説

同名小説を原作に、明治時代の福井県でメガネ作りに挑んだ人々の物語を映画化。庄屋の長男・増永五左衛門とその弟・幸八は、村をあげてメガネ作りに挑む。二人は幾度となく挫折するが、五左衛門の妻・むめは兄弟を支え続ける。やがて彼らは最後の賭けに出る。出演は、「TAP THE LAST SHOW」の北乃きい、「HiGH&LOW THE WORST X」の森崎ウィン。監督は、「えちてつ物語 わたし、故郷に帰ってきました。」の児玉宜久。

あらすじ

明治37年、福井県足羽郡麻生津村の庄屋の長男・増永五左衛門(小泉孝太郎)と結婚したむめ(北乃きい)は、育児と家事に日々明け暮れていた。ある日、五左衛門の弟・幸八(森崎ウィン)が勤め先の大阪から帰ってくる。幸八は、村をあげてメガネ作りに取り組むことを提案する。メガネはまだほとんど知られてないが、活字文化の普及で必ず必需品になり、収入のない冬の農家の人々の暮らしの助けになるというのだ。初めは反対していた五左衛門だったが、視力の弱い子どもがメガネをかけて大喜びするのを見て、挑戦を決意する。村の人々を集めて工場を開き、苦労の末にメガネを仕上げるが、「売り物にならない」と卸問屋に突き返され、資金難から受けた銀行の融資の返済を厳しく迫られる。兄弟は幾度となく挫折するが、決して夢を諦めない強い心を持つむめは、そんな二人を信じ、支え続ける。兄弟と職人たちはむめに励まされ、最後の賭けに打って出る……。

関連するキネマ旬報の記事

2023年11月号

REVIEW 日本映画&外国映画:「おしょりん」

UPCOMING新作紹介:「おしょりん」