男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

法廷遊戯

  • ほうていゆうぎ
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    75.7点(142人)

  • 観たひと

    177

  • 観たいひと

    25

  • レビューの数

    31

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー / ドラマ
製作国 日本
製作年 2023
公開年月日 2023/11/10
上映時間 97分
製作会社 「法廷遊戯」製作委員会(製作幹事:東映/制作:MMJ)
配給 東映
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ ビデオ 他
音声
上映フォーマット デジタル

スタッフ

監督深川栄洋 
脚本松田沙也 
原作五十嵐律人:(『法廷遊戯』(講談社文庫))
製作吉村文雄 
小林敏之 
藤島ジュリーK. 
松本智 
東城祐司 
プロデューサー橋本恵一 
本郷達也 
スーパーバイザー土屋勝 
撮影石井浩一 
美術黒瀧きみえ 
装飾鈴村高正 
音楽安川午朗 
音楽プロデューサー津島玄一 
録音矢野正人 
サウンドデザイン石坂紘行 
照明椎原教貴 
編集坂東直哉 
スタイリスト浜井貴子 
スタイリスト(杉咲花)渡辺彩乃 
ヘアメイク竹下フミ 
アソシエイトプロデューサー山本喜彦 
ラインプロデューサー渡辺修 
制作担当安波公平 
助監督菅原丈雄 
記録西川三枝子 
VFX堀尾知徳 
宣伝プロデューサー泉正人 

キャスト

出演永瀬廉 久我清義/セイギ
杉咲花 織本美鈴
北村匠海 結城馨
戸塚純貴 藤方賢二
黒沢あすか 
倉野章子 
やべけんじ 
タモト清嵐 
柄本明 奈倉哲
生瀬勝久 釘宮昌治
筒井道隆 佐久間悟
大森南朋 沼田大悟

(C)五十嵐律人/講談社 (C)2023「法廷遊戯」製作委員会

場面

予告編


     

解説

五十嵐律人が司法修習生時代に刊行した第62回メフィスト賞作を「ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-」の深川栄洋監督が映画化したミステリー。裁判ゲームで実際に起きた殺人事件をきっかけに、同じロースクールに通った3人に隠された真実が暴かれていく。主人公のセイギこと久我清義をアイドルグループKing & Princeのメンバーで「真夜中乙女戦争」などに出演する永瀬廉が、同じく法律を学ぶ幼馴染の織本美鈴を「青くて痛くて脆い」の杉咲花が、在学中に司法試験に合格し『無辜(むこ)ゲーム』と呼ばれる模擬裁判を司る結城馨を「東京リベンジャーズ」シリーズの北村匠海画が演じる。

あらすじ

名門・法都大学ロースクールに通い法曹の道を目指すセイギ(永瀬廉)たちのクラスでは、『無辜(むこ)ゲーム』と呼ばれる模擬裁判を日々行っていた。クラスで起きた事件の罪を申し立てたい生徒が原告に、在学中に司法試験に合格した秀才の馨が主宰者になり、他のクラスメイトたちも参加者となって放課後の校舎裏の敷地に集合し、このゲームを催している。ある日セイギが16歳の時に殺人未遂の疑いで逮捕されていたという衝撃的な過去を暴くビラが撒かれ、セイギは告発者へ異議を申し立てるため、幼馴染であり現場近くに座っていた美鈴を弁護人に指名し『無辜ゲーム』を開く……。ロースクール卒業後、セイギは弁護士に、馨は大学に残り法学の研究者となり、それぞれの道を歩んでいたが、ある時、久しぶりに『無辜ゲーム』を開くと馨に呼び出される。学校の裏へ向かったところ、そこには馨の死体と、ナイフを手に放心する美鈴の姿があり、美鈴はセイギに弁護を頼んでからは口を閉ざしてしまう。この状況に翻弄されるセイギ。やがて封印されていた3人の秘密が暴かれていき……。

関連するキネマ旬報の記事

2023年12月号

REVIEW 日本映画&外国映画:「法廷遊戯」

2023年11月号

UPCOMING新作紹介:「法廷遊戯」

キネマ旬報増刊 キネマ旬報NEXT Vol.52 二宮和也 「アナログ」

SPECIAL ISSUE 究極の愛の物語 The Ultimate Story of Love:永瀬廉と北村匠海の間で築かれた信頼関係。共鳴し合う2人が考える、正義のかたちとは? 「法廷遊戯」