男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

岸辺露伴 ルーヴルへ行く

  • きしべろはんるーぶるへいく
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    70.6点(373人)

  • 観たひと

    552

  • 観たいひと

    21

  • レビューの数

    66

基本情報

ジャンル ファンタジー / スリラー / アート / ドラマ
製作国 日本
製作年 2023
公開年月日 2023/5/26
上映時間 118分
製作会社 『岸辺露伴 ルーヴルへ行く』 製作委員会(制作プロダクション:アスミック・エース=NHKエンタープライズ=P.I.C.S.)
配給 アスミック・エース
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 5.1ch
上映フォーマット デジタル

スタッフ

監督渡辺一貴 
脚本小林靖子 
原作荒木飛呂彦:(「岸辺露伴 ルーヴルへ行く」(集英社 ウルトラジャンプ愛蔵版コミックス 刊))
エグゼクティブプロデューサー豊島雅郎 
製作牟田口新一郎 
尾崎充信 
和田佳恵 
平賀大介 
瓶子吉久 
プロデューサー土橋圭介 
井手陽子 
ハンサングン 
撮影山本周平 
田島茂 
美術磯貝さやか 
装飾折戸美由紀 
音楽菊地成孔 
新音楽制作工房 
録音高木創 
藤林繁 
照明鳥内宏二 
編集鈴木翔 
人物デザイン監修・衣裳デザイン柘植伊佐夫 
キャスティング原田浩行 
制作担当由利芳伸 
助監督田中峰弥 
記録上田悠莉 

キャスト

出演高橋一生 岸辺露伴
飯豊まりえ 泉京香
長尾謙杜 岸辺露伴(青年期)
安藤政信 辰巳隆之介
美波 エマ・野口
池田良 
前原滉 
中村まこと 
増田朋弥 
白石加代子 
木村文乃 奈々瀬

(C)2023「岸辺露伴 ルーヴルへ行く」製作委員会 (C) LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社

場面

予告編


     

解説

荒木飛呂彦の人気コミックを原作とする実写ドラマの劇場版。特殊能力を持つ漫画家・岸辺露伴は、青年時代に淡い思いを抱いた女性から、この世で最も黒い絵の噂を聞く。その後、その絵がルーヴル美術館に所蔵されていることを知った露伴は、フランスを訪れる。出演は、「スパイの妻 劇場版」の高橋一生、「シライサン」の飯豊まりえ、「LOVE LIFE」の木村文乃、Amazon Original映画『HOMESTAY(ホームステイ)』の長尾謙杜。

あらすじ

漫画家・岸辺露伴(高橋一生)は、人の心や記憶を本にして読み、指示を書き込むこともできる特殊能力を持っている。露伴は青年時代に淡い思いを抱いた女性から、この世で「最も黒い絵」の噂を聞く。それは最も黒く、この世で最も邪悪な絵だという。時は流れ、新作を執筆していた露伴は、その絵がルーヴル美術館に所蔵されていると知る。取材とかつての微かな慕情のためにフランスを訪れるが、不思議なことに美術館職員ですら黒い絵の存在を知らなかった。データベースでヒットした保管場所は、今はもう使われていないはずの地下倉庫「Z-13倉庫」だった。そこで、黒い絵が引き起こす恐ろしい出来事が露伴を待ち受けていた……。

関連するキネマ旬報の記事

2023年6月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「岸辺露伴 ルーヴルへ行く」

2023年6月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「岸辺露伴 ルーヴルへ行く」

キネマ旬報増刊 キネマ旬報NEXT Vol.48 総力特集 横浜流星

SPECIAL ISSUE② Entertainment reflects society. エンタメは社会を映し出す。:クセのあるものでも王道でもなく。役者として、長尾謙杜が今目指すもの 「岸辺露伴 ルーヴルへ行く」