男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

午前4時にパリの夜は明ける

  • ごぜんよじにぱりのよはあける
  • LES PASSAGERS DE LA NUIT
  • THE PASSENGERS OF THE NIGHT
  • 平均評点

    71.0点(79人)

  • 観たひと

    126

  • 観たいひと

    23

  • レビューの数

    20

基本情報

ジャンル ヒューマン / ドラマ
製作国 フランス
製作年 2022
公開年月日 2023/4/21
上映時間 111分
製作会社 Nord-Ouest Films=Arte France Cinema
配給 ビターズ・エンド
レイティング R-15
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ ビデオ 他
音声
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

(C) 2021 NORD-OUEST FILMS – ARTE FRANCE CINÉMA

場面

予告編


     

解説

「母との約束、250通の手紙」のシャルロット・ゲンズブールが1980年代のパリを舞台に、孤独な少女と交流するシングルマザーを演じたドラマ。深夜のラジオ番組で働くエリザベートは、家出をした少女タルラと出会い、10代の息子と暮らす自宅に連れて帰る。出演は、「8人の女たち」のエマニュエル・ベアール。監督は、「アマンダと僕」のミカエル・アース。第72回ベルリン国際映画祭コンペティション部門正式出品作品。

あらすじ

1981年、パリ。離婚が決まったエリザベート(シャルロット・ゲンズブール)はひとりで子どもたちを養うことになり、ヴァンダ(エマニュエル・ベアール)がパーソナリティーを務める深夜ラジオ番組『夜の乗客』で、リスナーからかかってきた電話を引き継ぐ、電話受付の仕事に就く。そこで、家出をして外で寝泊まりしているという少女、タルラ(ノエ・アビタ)と出会う。エリザベートはタルラを自宅に招き、ともに暮らし始める。エリザベートは、自身の境遇を悲観していたこれまでを見つめ直す。同時に、ティーンエイジャーの息子マチアス(キト・レイヨン=リシュテル)も、タルラの登場に心が揺らいでいく……。

関連するキネマ旬報の記事

2023年5月上・下旬合併号

REVIEW 日本映画&外国映画:「午前4時にパリの夜は明ける」

UPCOMING 新作紹介:「午前4時にパリの夜は明ける」

キネマ旬報増刊 キネマ旬報NEXT Vol.48 総力特集 横浜流星

IN THE MOOD FOR CINEMA:別れた「そのあと」の物語 「午前4時にパリの夜は明ける」

INTERVIEW:シャルロット・ゲンズブール 「午前4時にパリの夜は明ける」