男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

わたしのお母さん

  • わたしのおかあさん
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    67.3点(36人)

  • 観たひと

    44

  • 観たいひと

    8

  • レビューの数

    11

基本情報

ジャンル ヒューマン / ドラマ
製作国 日本
製作年 2022
公開年月日 2022/11/11
上映時間 106分
製作会社 刈谷日劇=アン・ヌフ=TCエンタテインメント=東京テアトル=U-NEXT=リトルモア(製作プロダクション:プラザ知立=ベストブレーン)
配給 東京テアトル
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 5.1ch
上映フォーマット デジタル

スタッフ

監督杉田真一 
脚本杉田真一 
松井香奈 
企画堀部昭広 
三好保洋 
プロデューサー兼田仁 
撮影鈴木周一郎 
美術宇山隆之 
装飾塩川節子 
音楽稲岡真吾 
メインテーマmayo (岡本真夜):(「memories」(ドリーミュージック))
録音山本タカアキ 
高田林 
整音長島慎介 
照明志村昭裕 
編集早野亮 
スタイリスト白石妙子 
ヘアメイク豊川京子 
サウンドエディター伊東晃 
製作担当牧信介 
伊達真人 
助監督窪田祐介 

キャスト

出演井上真央 吉村夕子
石田えり 松田寛子
阿部純子 松田晶子
笠松将 松田勝
ぎぃ子 松田美奈
橋本一郎 吉村信次
宇野祥平 スーパーの店長

(c)2022「わたしのお母さん」製作委員会

場面

予告編


     

解説

「八日目の蝉」の井上真央と「遠雷」の石田えりがわだかまりを抱えた親子を演じるドラマ。三人姉弟の長女で今は夫と暮らす夕子は、急な事情で母の寛子と一時的に同居することに。明るくて社交的な寛子が長年苦手だった夕子は、不安を抱えたまま同居を始める。監督は、「人の望みの喜びよ」の杉田真一。出演は、「2つ目の窓」の阿部純子、「リング・ワンダリング」の笠松将。

あらすじ

夕子(井上真央)は三人姉弟の長女で、今は夫と暮らしている。急な事情で母の寛子(石田えり)と一時的に同居することになる。寛子は明るくて社交的だったが、夕子がそんな母のことがずっと苦手だった。不安を抱えたまま同居生活が始まるが、昔と変わらない母の言動に、夕子はもやもやとした気持ちを抑えきれない。そんなある日、ふたりの関係を揺るがす出来事が起こる……。

関連するキネマ旬報の記事

2022年12月上旬特別号

REVIEW 日本映画&外国映画:「わたしのお母さん」

2022年11月下旬号

グラビアインタビュー 井上真央 「わたしのお母さん」:

UPCOMING 新作紹介:「わたしのお母さん」