男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

桜色の風が咲く

  • さくらいろのかぜがさく
  • ----
  • A MOTHER'S TOUCH
  • 平均評点

    72.8点(38人)

  • 観たひと

    48

  • 観たいひと

    4

  • レビューの数

    17

基本情報

ジャンル ヒューマン / ドラマ
製作国 日本
製作年 2022
公開年月日 2022/11/4
上映時間 113分
製作会社 スローネ=キャラバンピクチャーズ(制作:THRONE=KARAVAN PICTURES)
配給 ギャガ
レイティング PG-12
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 5.1ch
上映フォーマット デジタル

スタッフ

監督松本准平 
脚本横幕智裕 
製作総指揮結城崇史 
プロデューサー結城崇史 
DIスーパーバイザーシン・ソンヒ 
アドミニストレーションスーパーバイザー長田健吾 
撮影長野泰隆 
美術加藤ちか 
装飾柴田明良 
小道具佐藤千晃 
音楽小瀬村晶 
エンディング曲辻井伸行:(「ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第8番 ハ短調 作品13 《悲愴》 II. ADAGIO CANTABILE」)
録音沼田和夫 
整音越智美香 
音響効果安藤友章 
照明児玉淳 
編集出野圭太 
衣装加藤友美 
衣装(小雪担当)カドワキジュン子 
ヘアメイク前田亜耶 
キャスティング石野美佳 
ラインプロデューサーロクサナ・リー 
アシスタントプロデューサーヘリー・アン 
プロダクションマネージャー鷲頭政充 
助監督黒田健介 
北野隆 
VFXディレクター美佐田幸治 
協力福島令子 
福島智 

キャスト

出演小雪 福島令子
田中偉登 福島智/青年期
吉沢悠 福島正美
吉田美佳子 
山崎竜太郎 
札内幸太 
井上肇 
朝倉あき 
リリー・フランキー 

(C)THRONE / KARAVAN Pictures

場面

予告編


     

解説

9歳で失明、18歳で聴力を失いながらも、世界で初めて盲ろう者の大学教授となった福島智の半生を映画化。全盲ろう者となり、暗闇と無音の宇宙に放り出された智。そんな彼に立ち上がるきっかけを与えたのは、母・令子が智との日常生活から見出した“指点字”であった。出演は「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズの小雪、「朝が来る」の田中偉登、「エキストランド」の吉沢悠。監督は「パーフェクト・レボリューション」の松本准平。

あらすじ

教師の夫(吉沢悠)、3人の息子たちとともに関西の町で暮らす令子(小雪)。末っ子の智(田中偉登)は、9歳のときに失明しながらも、家族の愛に包まれて天真爛漫に育ってきた。令子の心配をよそに、東京の盲学校で高校生活を謳歌する智であったが、18歳で聴力も失ってしまう……。暗闇と無音の宇宙空間に放り出されたような孤独にある智に立ち上がるきっかけを与えたのは、令子が彼との日常から見出した“指点字”という新たなコミュニケーション手段であった。勇気を持ちながら困難を乗り越えていく母子の行く手には、希望に満ちた未来が広がっていく……。

関連するキネマ旬報の記事

2022年11月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「桜色の風が咲く」

2022年11月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「桜色の風が咲く」